STARS-C

2017年2月16日 (木)

AOBA-VELOX 3 STARS-C (Mother) Nayif-1

Nayif-1 Dashboard のセッティングを行った。


当方のPCは、全機Window7であり、英語モードで起動できた。
Warehouse の設定方法を忘れていたが、Funcube1の設定と同様に行った。
Auth codeは、Funcube1の時のものを記入したが、これでよいかはやってみて分かる。

Nayif1_dashbrd_2

AOBA-VELOX 3   437.375   CW 1k2 AFSK   IC-9100

10:41J    cw   heard
LOSぎりぎりに次のCWが流れてきた.
_ _ _ C 0 1 5 1 A 8 6 8 C K C _ _ 9 8 0 0
 
断片的なデータであり、AOBAとは断定できないが。
AOBAだとすれば信号が弱くなっている。
 
STARS-C       (Mother)     437.245    CW   JJ2YPL
11:42J   CW heard  very weak
J J _ Y P L
エリアナンバーが読み取れていないが、前後の文字から見て判断。
データらしき信号は数回あったが、完全には聞き取れず。
 
 
Nayif-1    145.940  1k2 BPSK  IC-9100  Soundocard 
19:58J  bpsk heard    2khz down ?
1702161158u_nayif1_2
 
Nayif-1 のレポートサイト
残念ながら、自局のレポートは届いていなかった。原因は不明。
その後、原因が分かった。
Settings -> Warehouse -> Stream data to warehouse  check
 
21:32J    heard and reported     upload 108
1702161232u_nayif1_dashb
 
1702161232u_nayif1_2
仰角は高くはないが、以前のFuncubeに比べて信号強度は低い。

2016年12月25日 (日)

STARS-C Daughter 見つからず TIGRISAT受信

STARS-C       (Mother)     437.245    CW   JJ2YPL
                     (Daughter)  437.255    CW   JJ2PM

08:20J    Max ele  61   CW       IC-9100

Daughter   not found
Mother  最後に切り替えたが、すぐに見つかった。
DK3WNさんのレポートブログではMotherしか報告されていない。
 
ALSAT-1N        9k6  GMSK  437.646MHz
09:39J  not decoded
1612250039ualsat1n_2    
ちょっとゲインを上げ過ぎか。
 
TIGRISAT  435.500  9600bps GMSK  IC-9100 or FCDPro+
    High-Speed SoundModem v0.03b  + Online Telemetry Forwarder
1009J     25frames  received   FCDPro+
1612250109u_tigrisat_otw
6月以来の受信か? 比較的受信しやすい衛星。

2016年12月24日 (土)

STARS-C CW 不完全な読み取り

STARS-C       (Mother)     437.245    CW   JJ2YPL

15:43J    Max ele  81   CW       IC-9100

1612240643starsc2_calsat32
 
1612240643starsc2
?8 00 00 00
高仰角なので、距離が近くなり、昨日よりも強い信号を受信できた。
ただ、部分的に解読不能なものになった。

受信衛星があれば記述の予定。

2016年12月23日 (金)

STARS-CのCW受信成功

STARS-C    (Mother)     437.245    CW   JJ2YPL

STARS-Cのサイト

08:29J     EL 44  CW    IC-9100  
S1 57000000  「1612222329_STARS-C_CW2.mp3」をダウンロード

周波数のずれが不明なので、Calsat32でいったん合わせた後、自動補正を外し、ダイヤルでモールス信号を聞き、ズレを確認した後に(Calsat32を2つ同時起動をするとよい)、自動補正に戻す。
自局アンテナでは、信号強度は低く、解読すれそれ。

JJ2YPLであるので、Daughterのようだ。
 
14:59J  かそかに聞き取れるCW
 
16:35J  Not heard
 
JJ2PLは、Mother であるらしい。衛星局で公表しているPDFを元に判断したが、確かに他の箇所では、そのようになっている。

2016年12月22日 (木)

STARS-C

STARS-C    (Mother)    437.405    437.245   1200bps FM,CW   JJ2YPL

                  (Daughter)  437.425    437.255   1200bps FM,CW   JJ2YPM
9:21J    
受信したが、音声として聞き取れなかった。SDR#でBasebandを録音し、後で音を聞き取ろうとしたが、うまくいかず。周波数が変動するモールス音は見つかっているので、再度再生してCWを復調してみたい。但し、復調して意味が分かったわけではないので、違うかもしれない。
今回は、FCD-Pro+を使ったが、IC-9100の方がいいかもしれない。