SO-50

2019年4月10日 (水)

URSA-MAIOR (not heard)  KAZSCISAT-1(not heard) METEOR-M N2 SO-50 AO-92(Fox-1D)

URSA-MAIOR   435.950    9K6 FSK

Ursamaior

ITALY    University of Rome "LA SAPIENZA"

Launch date: June 23, 2017 NORAD ID: 42776 Call sign: URSAMR

08:52J not heard

聞こえるとは思っていませんでしたが、そのとおりになりました。WFでCWが見えたように思いましたが、きちんと確認できませんでした。

21:25J  heard ?

1904101225u_ursamaior

もう一度聞いてみました。これかなと思う信号のタイミングでした。

 

KAZSCISAT-1       435.500  9K6 GMSK

Kazscisat1_1

Kazakhstan

Launch date: November 30, 2018 NORAD ID: 43787

10:39J  not heard

AOS とともに聞こえ始め、LOSで聞こえなくなった信号を見ましたが、それがこの衛星であるかはわかりませんでした。夜、再度聞いて終わりにします。
 

SO-50   D 436.795  U  145.850   FT-847 
14:45J JA6PL 59  FT-847(Calsat32の制御無し)
このところ、何度か、FO-29やNEXUSでQSOを試みていますが、自分の声が聞こえない状態が続いていたが、SO-50でやっと聞こえました。JA6PL局、ありがとうございました。
 
AO-92(Fox-1D)   DUV 145.880   UP 435.350 DOWN 145.880 FM CTCSS 67.0Hz
Ao92
USA
Launch date: January 12, 2018 NORAD ID: 43137
22:04J  JE1CVL JA3FWT 交信  FT-847にて

JE1CVLさんにはちょっとご近所で、METEOR MN2などいろいろと教えていただいています。
METEOR-M N2  137.900MHz FUncubeDonglePro + SDR#1V1331
                         + QPSKv1.4 + MeteorGIS
09:24J
1904100024u_meteomn2
 
Utm201941092139283_rgb

2017年10月24日 (火)

SO-50  CAS-4A CAS-4B

SO-50   D 436.795  U  145.850   FT-847 
14:22J JA6PL 59  FT-847
 
STRaND-1   437.568   FM  GMSK 9600bps
18:21J    not heard
9月24日は確認できたが?
 
CAS-4A     145.910 CW  145.890  4800bps GMSK Dn 145.870 MHz Up 435.220 MHz
21:09J   CW heard
初めて聞いてみたが、CWばかりで音声は正にお呼びでない感じ。20KHzと狭い幅であるし。
 
CAS-4B     145.910  CW  145.890  4800bps GMSK Dn 145.925 MHz Up 435.280 MHz 
22:59J  CW heard
ハイスピードでコールサインが聞き取れない。

2017年10月12日 (木)

GOMX-1   SO-50  FO-29(JAS-2)

GOMX-1  437.250 1k2/2k4/4k8/9k6  GMSK
15:57J      4k8 gmsk
1710120757u_gomx1
最後になって受信。
 
SO-50   D 436.795  U  145.850   FT-847 
17:43J JA6PL 59  FT-847
 
FO-29(JAS-2)  CW(BEACON) 435.795 up 145.964  dwn 435.831
20:08J     FT-847 SSB JA3FWT 59   ありがとうございました。
21:53J                          JG11LOL ?     すみません、とりきれませんでした。
自局の声が聞こえなければ交信できないが、受信固定で、送信周波数を
-2.31KHzすればよいと、交信後に計算をしたが?
2回目は、ー2.9KHz。時間によってずれがちがうのだろう。
CWの方が多いようであるが、それはまたいつかの楽しみに!?

2017年10月 9日 (月)

SO-50  Nayif-1

Online Telemetry Forwarder v1.0.4、HS soundmodem 0.19b をインストールし、デコードの連携を行った。

SO-50   D 436.795  U  145.850   FT-847 

18:10J JR6DI   よく聞こえていたが、当方のRSを取り切れなかったよう。すみません。

18:12J JM3DUR 59
18:13J JA3BLK 59   
 
Nayif-1  145.940  1k2 BPSK  IC-9100  Soundocard 
20:34J     55
周波数の変動が激しいような。
途中からFCDPro+に切り替えたが、うまく動作せず。

2017年10月 7日 (土)

LITUANICASAT-2  FO-29  SO-50

LITUANICASAT-2  42768  LY0LS    437.265  9600bps FSK
09:53J    decoded   ;2KHz
1710070053u_lituanicasat_2_2
 
1710070053u_lituanicasat_2_2_2
 
FO-29(JAS-2)  CW(BEACON) 435.795
08:18J  CW received
1710062318u_fo29_cw
 
SO-50   D 436.795  U  145.850   FT-847 
18:52
J    JA3FWT   応答 59-59 ありがとうございました。
あまりフォウンではやらないので、他局に迷惑をかけたかもしれない。
取り切れなかった局があり、困りました。どうもすみません。
JA8?TL ?

 

2015年4月26日 (日)

衛星受信 XI-Vの画像取得

昨夜は11時に寝て、今日は予定通り早起き。

XI-V(CO-58) 437.465 CW  437.345 AFSK1200bps  

04:09J      mel  14  AFSK received
1504251909u_xiv_afsk_sttsdecod1 パス最初のステイタス情報


1504251909u_xiv_afsk_sttsdecod_2 パス最後のステイタス情報

1 画像取得では、ステータス情報が最初にある。今回パス最後にもステータス情報があったので、比較してみたら、いくらかの違いがあった。

・太陽電池電圧が異なる。 最初は5.301V 最後は4.736V。赤くなっているのは異常値?
・粗履歴は変化はないが、この情報解析ソフト添付の説明書では、次のようになっている。
・テレメROMモード  テレメトリ保存周期によって,二つのモードがあります.詳細履歴:2秒間隔,粗履歴:256秒間隔でデータを保存しています.
・上書きフラグ(ROM1~7)は「上書き禁止」から「上書き許可」へ。
・アップリンクカウンタ 18 → 16  これは地上局からアップリンクを受けた回数。
・カメラカウンタ    2 → 1

2 画像取得では、ステータス情報の後に、画像情報があり若干長いフレーズのAFSKが流れるが、今回は
JQ1YGW>JQ1YCX:xic073b1xxxxxx1be23e01
と短いのでいつもとちがうようだ。

3 IMAGE Decoderにつなたーむで生成されたascファイルをかけてみたが、エラーを起こし、いつものような画像は再生されなかった。ただ、XI-V地上局の「報告」では、「画像データを取得しました」と報告されているので、(自局が単に知らないだけの形で)取得がされたようだ。

05:45J   mel 50  AFSK heard
1504252045uimagede1

パス最後に結構なデータが連続して流れたが、どうも自局のアンテナの方向の精度がよくないようで、デコードできなかった。
ascウィンドウをみると、P,D,Cデータがあり、画像データであることがわかった。しかし、Cデータは少なく、取得率0%で、画像は真っ黒だった。
次回の画像取得予告を楽しみにしたい。

17:44J  mel 47  AFSK heard
ROM7 取得率 15%
1504260844u_imagede1

1504260844u_imagede2

画像取得の予告はなかったが、聞いてみたら、送信していたので受信する。太陽の形がよくわかる。

19:22J   mel 14  AFSK heard
JQ1YGW>JQ1YCX:H・Z.頽磔淏磆・朗顆磔磆・橳洄

JQ1YGW>JQ1YCX:H・・﨔碵銷櫢・蔔璧顏鬻

JQ1YGW>JQ1YCX:H・メ. ⅸ脉瓊碾ⅸ鏸碾瞶磔瓊・

JQ1YGW>JQ1YCX:H笆.﨔碵銷櫢・﨔淸浯櫢糅・
画像情報でなかったようだ。「太陽電池関連センサ粗履歴」と地上局は報告している。

SO-50   D 436.795  U  145.850   FT-847 Calsat32
10:25J    JA6PL   応答 59-59 ありがとうございました。

METEOR-M N2   137.100  QPSK

   FCDProplus(IF Gain 26)   SDR#v1.0.0.1337)  + QPSK Decoder V5
08:48J   mel 57  動作停止で、途中からSDR#1000に切り替えて受信
2450_150426
南の海。日本列島が映ってないとつまらない。

動作が停止した原因は、モードをNFMにしていたためと思われる。WFMで正常に動作した。
20:08J      mel  72   
     FCDProplus(IF Gain 26)   SDR#v1.0.0.1337)  + QPSK Decoder V5
150426_2
当初、Satellite Trackerで追尾していたが、どうしてもlockしないので、はずして、さらに周波数を5Khzくらい下げたら、やっとでコードできた。FCD2.0の周波数補正していないからかもしれない。でも金・土曜日はできたのに。
LRPT Processorの新しいバージョンが出たとのこと、明日以降試すことにする。

2015年4月24日 (金)

衛星受信 METEO-M N2  qpsk plugin SO-50 初交信

今朝の作業で、SDR#1337のPlugins.xmlに組み込む。

METEOR-M N2   137.100  QPSK
   FCDProplus(IF Gain 26)   SDR#v1.0.0.1337)  + qpsk Decoder V5

07:49J   mel 17

1504232248u_meteormn2_sdr

2015_04_24_lrpt_075612rectified

朝食後、1回目のパスが来たので、受信するとうまく locked してくれた。Recordもこのqpsk Decoder(v5)でできるようだ。この段階では、Satellite Trackerは組み込んでいない。周波数固定だが、問題はなそさうだ。
手順が2つ少なくなったのはよいが、あちこちファイルがとんでいて、次の作業に移るのが大変な状態だ。

09:58J   mel 59 
Re1950_150424_2 横1950ピクセルに縮小

なんとかうまくできた。日本列島がよく見える。

SO-50   D 436.795  U  145.850   FT-847 Calsat32
10:33J    JA3BLK   応答 59-59
初めてのSO-50での交信。ログブックでは、衛星による交信は2009年2月、FO-29以来である。

その他のカテゴリー

BeEagleSat_ Nayif-1 1KUNS-PF 3CAT-2 Aalto 1 AAUSAT 4 AAUSAT-5 AAUSAT2 AENEAS AGGIESAT-4 AISTECHSAT-3 Al-Farabi-2 ALSAT-1N ANTELSAT AO-92 AO-92(Fox-1D) AOBA-VELOX 3 Astrocast-0.1 Astrocast-0.2 ATHENOXAT-1 BEESAT-2    BEESAT-3 BEESAT-4_ Bhutan 1 Bird B BIRD-N BIRDS BISONSAT BUGSAT-1 BY70-! BY70-1 CAS-3E CAS-3G CAS-4 CHALLENGER CHOMPTT CHUBESAT-2 CHUBUSAT-2 CHUBUSAT-3 Columbia(US04)_ CP-7 CSIM-FD CSUNSAT CubeBel-1 CUBEBUG-1 CUBEBUG-2 CUTE-1 Cute-1.7+APDⅡ D-STAR D-STAR ONE DELPHINI-1 DEORBITSAIL Diwata-2 DO-64 DTUSAT-2 DUCHIFAT DX-1 E-ST@R-II ECAMSat ELFIN-A ELFIN-B ESEO ESTCUBE-1 ExAlta-1 ExoCube FACSAT-1 FALCONSAT 3 FCD-PRO FIREBIRD-II FU3 FIREBIRD-II FU4 FIRSTMOVE1 FMN-1 FO-29 FOX-1A FOX-1C(Cliff) Funcube-1(AO-73) FUNCUBE-2 GO-32 GOMX-1 GOMX-3 GOX-3 Grifex HA-1 HAVELSAT HO-68 HOOPOE Horyu-2 Horyuー4 IO-26 IRAZU IRVINE01  ISS ITASAT-1 ITF-2 ITUPSAT-1 JUGNU JY1SAT Kaidun-1 KAZSCISAT-1 KKS-1 LightSail_ LILACSAT 2 Linux,Software LITUANICASAT-2 LUME-1 LUSAT(LO-19) M6P Max Valier Sat Mcubed-2 METEO-M N2 MicroDragon MINXSS MODIS MYSAT-1_ NANOSATC-BR1 NEXUS NIUSAT NJUST-1 NOAA15 NOAA18 NOAA19 NODES-1 NODES-2 NSIGHT-1 NUDATSAT NUDT-PHONESAT NUSATー1(LO-87)_ O/OREOS ORBITRON OrigamiSat-1 PakinsonSat PCSAT(NO-44) PERSEUS M1 PERSEUS M2 PHOENIX(TW01) PHONESAT2.4 PICSAT POLYITAN PRISM PSAT PW-SAT2 PWSAT-2 QB50P1 QB50P2 Qbee RadFxSat RADIO Reaktor ROBUSTA-1B RS-30 RTL-USB S-Net SATHYABAMASAT SEEDSII Shaonian-Xing__ SiriusSAT-2 SiriusSAt-1 skCUBE SNUGLITE  SNUSAT SO-50 SOMP SPACECUBE SPROUT SRMSAT STARS-AO STARS-C STARS-KUKAI STARS-Me STEP CUBE LAB STRAND-1 SUCHAI SUOMI100   SWAYAM SWISSCUBE Tanusha-3 Tanusya TechnoSat TENKO TGRISAT TianYi 2_ TRITON-1 TW-1A TW-1C UBAKUSAT UCLSAT_ UKUBE-1 UNISAT-6 UNSW-EC0 UO-11 URSA-MAIOR UWE-3 UWE-4 VELOX-2 VELOX-I VZLUSAT 1 VZLUSAT 1_ wisp WSJT X-CubeSat(FR01)_ XI-IV XI-V XW-2 ZACUBE-! その他 アマチュア無線・BCL カメラ シンポジウム・講演会 パソコン・インターネット 受信ソフト 無線クラブ 無線局申請 無線機・ラジオ 衛星受信システム AOBA-VeloxIII

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー