RTL-USB

2016年8月 2日 (火)

Gqrx-sdr(FCDPro+ RTL-USB)  XW-2F  QB50P1  AAUSAT4

今回16.04をインストールしてみて、使いやすくなった感じ。覚えることの多い複雑なコマンド操作や特殊なソフトの使い方などを別にすれば、Windowsの定番ソフトがあれば(Libkeofficeのような)、Linuxの方が軽くてやすくて使いやすいのではないだろうか。
 
以下は、デコーダーソフトの設定がまだできない初心者の受信記録。

1日

Gqrx3 クリックすると拡大します。
昨夜、インストールをやり直した。
受信はとりあえずOKになったが、以前あった、「Receiver Options」のタブがないことに気づく。この段階で、一昨日のアドバイスをよく読んだら、XSYさんが
Ubuntuではメニューが gqrxウィンドのタイトルバーではなく,画面上部に 表示されるので注意!して下さい。
と書かれていたので、上の方を探るとメニューが浮かんできた。
その中の「View」のReceiver options」をチェックすると、出てきた。
また、「TOOLS」の「AFSK 1200 Decoder」をクリックするとデコードした。ということで、やっとここまできた。
 
2日
 
XW-2F      145.975   CW    145.955   GMSK
06:40J      CW   by  Gqrx-sdr
Gqrx4 クリックで拡大
自動で周波数制御ができないので、数値を変えながら受信。録音を聞くと、何度も調整しているのが分かる。
 
QB50P1  145.815  1k2 bpsk 
Linux     Gqrx-sdr    FCDPro+
10:21J     BPSK  heard
1608020121u_qbp1_bpsk_gqrx
SDR#ではあまりBPSKの波形を見ることがないが(デコーダーに集中するためか)、改めてみると、NOAAなどとよく似ている。音は間違いなくBPSK音である。
145MHzでは周波数の変動は少ないが、437MHzは大変だ。

POLYTIAN   437.675  CW 9k6 GMSK
10:53J       not heard   Gqrx-SDR
まったく聞こえなかった。DK3WNさんのブログでは、7月24日の受信報告があるので、送信していると思うのだが。IC-9100でも聞こえなかったが1波受信はあてにならない。ということはSDR#でのRTL-SDRを復活させないといけないか。

AAUSAT4    437.425   CW 1k2/2k4/19k2 GFSK
17:04J  CW  heard         by RTL-SDR    Gqrx-SDR
Gqrx6_rtl RTL-SDR
 
Gqrx4_rtl GFSK?
 
Gqrx5_rtl  CW
1608020804_aausat4_cw  クリックで拡大
当方のFCDPro+は、145MHzでは実用レベルだが、436MHz前後では、受信感度が低いように思われる。FCD v1も同じようだ。調節できるところもない。
そこで、RTL-USBに差し替えて(差し替えると自動的に認識した)聞いてみると、FCDよりもよかった。
 

2015年12月22日 (火)

RTL-SDR(USB)、及びFCDPro+での受信 PERSEUS M-1 の受信

1512211307u_sprout_sdr

久々にSPROUTの運用ブログを覗いたら、文字メッセージボックスというのをやっているらしい。昨夜の10:06Jパスで受信してみたら、CWの後、1K2のAFSKが流れていた。今後、2月上旬から本格的なアマチュア公開運用(SSTV,文字メッセージボックス、デジトーカー、音声メッセージボックス)を行うとのこと。楽しみである。

Strand-1   437.568    9k6  GMSK   
06:27J      mel  53  heard    RTL-SDR

FOX-1A(AO-85)  Beacon 145.980CW(FM)  up 435.180 down 145.980
 Orbitron(MyDDE)  SDR#(DDE Tracking)
  RTL-SDR(USB) → [MME]CABLE Input(VB-Au(48000Hz、レベル 1) 
  → SDR#(r1430)  →  Foxtelem(V1.02b)

07:38J      mel  26    12 frames decoded(Total 2131)
いい結果が出なかったが、各局のアドバイスで、操作のSDR#の方法を知ることができた。皆さんが普通に知ってて、私が知らないことが多いようである。
09:19J      mel  36     frames decoded(Total 2143)
151221220019_rtlsdr_fox1a_dcd
JA 8局 送信が少なかった。周波数の合わせ方は、「IF Spectrum」を見て、Orbitronの周波数をその都度合わせることにした。
Frequency correction を合わせることはできるが、ここはあまり修正しない方がいいと判断した。
21:50J      mel  16   3  frames decoded(Total 2146)
今回は手持ちのFCDPro+ + デコーダーソフトのFoxtelemで受信してみた。最初、Find Signalにチェックを入れなかったためもあって やっと3つとれただけである。JH1OKLさんの使い方を参考にして行うが(ありがとうございます)、要領がよくつかめないこともあってさっぱりであった。現状は、RTLドングルの方がまだいい。
23:29J      mel  57   36 frames decoded(Total 2182) 
1512221429u_fox1a_fcd
Foxtelemの使い方で、Find Signalは必要なく、最初信号を見つけさせれば、後は自動的に追尾していくことがわかった。データはいくらか伸びた。
 
PERSEUS-M2 400.221  9k6 GMSK
09:41J   mel 35  heard?
1512220041u_perseusm2
JE9PELさんがたびたび報告しているものだと思う。デコードするには弱かった。
23:02J   mel 79  heard & decoded  RTL-SDR(USB)
1512221403u_perseusm1_sdr
(デコードソフトに間違いがあったようなので削除します)
上記のSDR#の信号はあまり強く見えないが、赤くなり非常に強いときがあった。

2015年12月21日 (月)

RTL-SDR(USB)による受信 Fox-1a デコード数を増やすために 2

デコード数を上げるために、周波数ができるだけ受信波の中心にくるようにする必要があると思われる。Bandwidth内にあればよいかもしれないが、追い込むことも大事に思える。
そこで、昨夜の受信時にSDR#の「ZOOM」機能でどれだけずれがあるかを調べた。(下の写真)
Fox1atuning_2
プリントアウトして、計算すると770Hzくらい現在の周波数は高いことがわかった。そこで、当初の145.980MHzを修正して次回に備えることにした。
SDR#の周波数は、Orbitronの「notes」フォルダーにある個々の周波数に従って刻々と動いている。これを一時的に直しても、すぐに戻ってしまう。戻らない方法があればと思うが。
やはり、受け手のSDR#でなくOrbitronにその機能があればいいな。
 
FOX-1A(AO-85)  Beacon 145.980CW(FM)  up 435.180 down 145.980
 Orbitron(MyDDE)  SDR#(DDE Tracking)
  RTL-SDR(USB) → [MME]CABLE Input(VB-Au(48000Hz、レベル 1) 
  → SDR#(r1430)  →  Foxtelem(V1.02b)
00:17J(21日)      mel  41   80 frames decoded(Total 1955)
周波数を、145.979230にしたが、これでもずれがあるので次回はさらに下げて受信する。
07:12J      mel  13   31 frames decoded(Total 1986)
JA 5局
今回の周波数は145.979。下げすぎたか。
08:52J      mel  85   19 frames decoded(Total ????)
非常に高い仰角ではあったが、送信の回数そのものが少なかった。後半に現れる連続送信はなかった。
10:34J      mel   19frames decoded(Total 2025)
周波数 145.979  中心に近づきつつある。次回は、21:27J。
コピーばかりしてブログを書いているので、以前のデータを書きかえないでいたため、前回のTotalが分からない。CVLさんに聞いた方が正確だ。
23:03J      mel 59   69  frames decoded(Total 2094)
周波数 145.97925  これで、ほぼ中心周波数に近い(もうほんのちょっと低いかな)。

2015年12月20日 (日)

RTL-SDR(USB)による受信 Fox-1a

FOX-1A(AO-85)  Beacon 145.980CW(FM)  up 435.180 down 145.980
 Orbitron(MyDDE)  SDR#(DDE Tracking)
  RTL-SDR(USB) → [MME]CABLE Input(VB-Au(48000Hz、レベル 1) 
  → SDR#(r1430)  →  Foxtelem(V1.02b)
08:26J      mel  36   63 frames decoded(Total 1775)
JA  7局
10:07J      mel  25    38frames decoded(Total 1813)
151220_rtlsdr_fox1a_dcd
Foxから送信されるタイミングがこのヒゲで分かるのがおもしろい。
JA 8局
さらにデコード数を上げるには、どこをどう調整すればいいのか。
22:38J      mel  24   62 frames decoded(Total 1875)
JA 4局

AO-85(Fox 1A) のRTL-SDR(USB)による受信が成功

今日は、主にRTL-SDRで受信を行った。
 
FOX-1A(AO-85)  Beacon 145.980CW(FM)  up 435.180 down 145.980
 Orbitron(MyDDE)  SDR#(DDE Tracking)
  RTL-SDR(USB) → [MME]CABLE Input(VB-Au(48000Hz、レベル 1) 
  → SDR#(r1430)  →  Foxtelem(V1.02b)
08:00J      mel  17     37frames decoded(Total 1611)
09:40J      mel  65     38frames decoded(Total 1649)
11:23J   mel 4  0 frames
151219_rtlsdr_fox1a_dcd 画像がちょっと大きいですが。
11:23Jでは、PELさんのブログに刺激を受けて、RTL-SDR(USB)による受信を再び試した。
以前は、Foxtelemに信号を送る[MME]CABLE Input(VB-Au..のプロパティを2チャンネルだったが、今回1チャンネルにしたら、受け付けた。すると、Eye Diagramが開いた。低仰角でデコードまでには至らなかったが、うまくいく可能性が高いと感じた。今夜、夜のパスで試してみたい。
22:14J      mel   8     2 frames decoded(Total 1651) 
23:51J   mel 84  61 frames decoded(Total 1712)
22:14Jにおいて、RTL-SDR(USB)による受信で初めてデコードに成功した。たった2であるが、正直うれしい。
ただ、途中から、SDR#のウォータフォールがだんだん黄色くなり、異常な状態を呈し始めた。理由は不明である。次回も起きないかと心配である。
23:51Jでは、予想以上のデコード数で今までで最高ではないだろうか。高仰角ということもあるが、WFで信号がしっかり見えるので、安心して受信できるがよい。
 
QB50p1  145.815(145.8135) BPSK 1200bps   
                 RTL-SDR(USB) → SDR#(r1430) 
22:51J   mel  65 heard   decodeed    non AX25 frame
1512191451u_qb50p1_bpsk_decode_sdr
QB50p2(23:23J)も聴いたが、かすかな変調音が聞こえるのみだった。

2015年12月16日 (水)

RTL-SDR(USB)の設定 5 XW-2Fなどの受信

昨夜の作業
Rtlsdr1
机上右にあるデスクトップPCにつながったUSBハブにさしているDongle
144MHzと430MHzは、手元で差し替える。
プリアンプを付けたいが。
 
1 信号の入出力設定
SDR#  Output [MME]スピーカー(Realtek High Definition Audio)
Foxmodem   「Source」
soundmodem  「Input Device」 
 
 スピーカー(Realtel High Definition Audio)
これで、音声も聞こえ、信号も伝わっているようである。
 
2 RTL-SDR(SDR# v1.0.01430)とIC-9100で信号を聞き比べる
昨夜、SPROUT(22:09Jのパスを聞いた。最初は、CW、そのうちに1.2K AFSKが流れた。
周波数の変動に応じて、SDR#は確実に追従していた。AFSKでは0.5KHz低いようなので、次回に備えて書き直しをする予定だが、それにしても両方ともそれほど強い信号ではない。
IC-9100と聞き比べをしようと、セレクターで切り替えると、結構強い信号である。CW、AFSKとも無線機の方が聞きやすい。今後、RTL-SDRの設定の工夫の余地はあるのか、どうか。
 
XW-2E      145.910   CW    145.890   GMSK
06:02J      mel  83    not heard(RTL-SDR)
信号は出ていないようだ。
XW-2F      145.975   CW    145.955   GMSK
06:40J      mel  30    CW  heard(RTL-SDRnにて)
1512160640jxw2f
クリックで大きくなります。
強力な信号。
 
FOX1A(AO-85)  Beacon 145.980CW(FM)  up 435.180 down 145.980
                          IC-9100   +   Foxtelem(V1.02b) , RTL-SDR(USB,SDR#r1430) 
10:02J      mel 71    0 frames decoded(Total 1366)
RTL-SDRで受信したが残念、だめだった。入出力の問題か、レベルの問題か。再挑戦へ。
11:44J      mel 11    44 frames decoded(Total 1410)
IC-9100で受信。

2015年12月15日 (火)

RTL-SDR(USB)の設定 4

RTL-SDR(USB)の設定、その後

昨日、今日の作業
1 OrbitronのNotesフォルダー内の主な衛星のファイル作り
 Fox-1A  Norad Number -> 40967 ファイル名 40967.txt
NAME: AO-85
LAUNCHED: 2015/
BEACON: 145.980  NFM
DNLINK: 145.980  NFN
UPLINK* 435.187  NFM
CALLSIGN:   Fox-1A (?)
NOTES: 
 
2 SDR#の周波数補正
(1)既知の周波数を受信(144.660MHzなど)
(2RTL-SDR Controller を開き、一番下のFrequency correction(ppm)を調整
この信号かなと思う周波数が左にある場合、上向きの矢印を押す。右ならば下向きを押す。
補正値は、+86  こんなにあるのかな?
その後、Fox-1A の受信を行い、信号を確認したが?
現状の設定で音が聞こえず、デコードもできないではまだ信頼できないが。
151215sdr2
 
FOX1A(AO-85)  Beacon 145.980CW(FM)  up 435.180 down 145.980
                          IC-9100   +   Foxtelem(V1.02b) 
09:36J      mel 30   0  frames decoded(Total 1256)
RTL-SDRの受信を行うが、信号は確認できたが、Foxtemでのデコードができない。
しばらく、Fox-1Aは無線機にして、他の衛星での実験後試すことにする。
11:17J      mel 31   ? frames decoded(Total 1344)
会話調のボイスが聞こえる.、不法無線
23:48J      mel 19  22 frames decoded(Total 1366)
最初、RTL-SDRで受信し、入出力のつながりの実験をし、途中でSDR#が真っ白になりフリーズしてしまう。
パスの半分以上を過ぎて、USBをあきらめIC-9100に切り替えて受信。
これから、Fox-1Aは夜聞くことができるようになる。

2015年12月14日 (月)

RTL-SDR(USB)の設定 3

RTL-SDR(USB)の受信設定

昨日の設定は、起動の仕方が悪いと正常に動作しない。
 
 
FOX1A(AO-85)  Beacon 145.980CW(FM)  up 435.180 down 145.980
                          IC-9100   +   Foxtelem(V1.02b) 
09:10J      mel 15   35  frames decoded(Total 1256)
10:50J      mel 78   48  frames decoded(Total 1256)
12:33J   mel 7  0 frame
RTL-SDRのシステムで受信したが、信号を確認できず。

2015年12月13日 (日)

RTL-SDR(USB)の設定 2

今日は夕方忘年会で外出予定。
 
RTL-SDR(USB)の受信設定
すでに、JE9PELさんが昨夜行ったようであり、自局は先輩のブログを参考に設定した。
今回は最新バージョンの1430で行った。
だいたいうまくいったように思われるが、各ソフトの起ち上げ順が結構煩雑である。
Orbitron_sdr1430
これは、AO-85の受信画面。
まだこれから、Foxtelemにデータを渡す作業など他のソフトとの連携作業が残っている。
 
FOX1A(AO-85)  Beacon 145.980CW(FM)  up 435.180 down 145.980
                          IC-9100   +   Foxtelem(V1.02b) 
08:45J      mel 7    14  frames decoded(Total 1117)
JA 2局
10:24J      mel 41    69 frames decoded(Total 1186)
JA 8局
12:05J      mel 21    35 frames decoded(Total 1221)
JA 7局
後半、なかなかデコードできず。

2015年12月12日 (土)

AO-85(Fox 1A) の受信

SDR#とRTL-SDR(USB)に関して、JH1OKLさんから大変有用な情報をいただいた。
これで、SDR#の最新版も古い版も入手したRTL-USBが使えることになった。前者は「感度がアップ」しているが、使えるプラグインが少ない、後者は「多くのプラグインが使える」とのことである。これから、実用的に使えるように設定する予定である。それにしてもどのようにして実用的な情報を得るのか、知りたいところである。
FOX1A(AO-85)  Beacon 145.980CW(FM)  up 435.180 down 145.980
                          IC-9100   +   Foxtelem(V1.02b) 
09:58J      mel 19    45  frames decoded(Total 1053)
15120058u_fox1a_foxtel_dec
JA 5局
1139J      mel 55    50  frames decoded(Total 1103)
JA  7局
いつもどのコースを通るのか確認してから、追尾のセットを行うが、間違えて、方向角0度にしてしまった。ずいぶんあがってから気がつき、最初の数分はロスしたように思う。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30