NOAA15

2017年9月20日 (水)

NOAA15

軌道情報の更新を行う。24個はどうしてもいちいち読み取っての書き込みになる。
 
NOAA15     137.62MHz    FCDPro+  +  SDR#v1.0.0.1583)
06:42J    mel  54
17092142u_noaa15_desktop
 
17092142u_noaa15_mcir
準備しての受信だったが、なぜかNO-15の周波数が違っていた。そのために北の方が切れている。

2016年4月 2日 (土)

NOAA-15 Horyu-4の受信 METEO-M N2の受信準備

23時前後、SPROUTを聞くが予告のSSTVは最後になって送信されたが、画像にできなかった。CWとDigitalkerであり、タイミングがよくない。
NOAA15     137.62MHz    FCDPro+  +  SDR#v1.0.0.1443)
06:21J    mel  45
1604012121u_noaa15_fcdp_sdr1443_2_2
04012124_2
METEOR-M N2   137.100 137.900  72kbps QPSK
再びMETEO-M N2の受信を試みているが、信号そのものが確認されない日が続いている。
137.1MHzの強力な信号である。周波数の近いNOAAは確認されるのだが。
上記のIMAGEは、なぜか変な信号が入った。周波数もなぜかずれている。
09:11J    mel 81 heard
どうしても見つからなかったので、周波数を確認したら137.900があることがわかり、それを聞いたらそれらしきものがあった。
SPROUT 437.525   437.600  CW  ディジトーカー SSTV
12:02J  mel 82  ディジトーカーのみ確認
いつも土曜日にSSTVの予告があると思っているが、なかなか聞けない。今日聞いてみたが、上記のみだった。夜のパスもある。
 
HORYU-4  437.375   CW  1200 AFSK 9600bps GMSK  Digimusic

17:26J    CW  Digisinger?  AFSK

1604021007u_horyu4_afsk_sm
「1604020826U_HORYU-4_DigiSinger.mp3」をダウンロード

SDRの調子が悪く、IC-9100で受信。受信状態はおおむねよかった。

CWに続き、Digisingerというらしいが、デジタル的な合成音とその後、曲が流れた。なんと君が代である。AFSKは、Dの繰り返し。以前、CAWさんの記述では、Sband送信の予告だったように思うが、確信はない。Sbandはつなげていないので、受信はできなかった。

2016年3月24日 (木)

NOAA-15 他

数ヶ月前に購入したHackRFを使ってみた。また、ヴァージョンがあがっていたSDR#を組み合わせてみた。HackRFの方は使い切れていない。あるべき信号が見つからないという感じ。
NOAA15     137.62MHz    HackRF  + SDR#v1.0.0.1443)
16:31J    mel  45
1603240723u_noaa15_hackrf_sdr1443
1603240723u_noaa15_mcir_hackrf
今日はこのほか、XW-2AのCWを聞いた。

2015年3月25日 (水)

衛星受信 NOAA15 METEOR-M N2

 
STRaND-1   437.568   FM  gmsk 9600bps
   FCDProplus(IF Gain 26 ) Orbitron(DDE)  SDR#v1.0.0.1000)
 hs_SounndModemV0.02 + AGW Onlinekissv244  
  STRaND-1 Telemtry Decoder(DK3WN)
05:31J      mel  53  heard   not decoded
15032242031u_strand1_decodr_2
 
NOAA15     137.62MHz    FCDPro+(Gain 0)  + (Oritron+SDR#v1.0.0.1161)
06:17J   mel 26
Noaa1503242119mcir
あまりきれいでない画像になったが。
 
XI-IV(CO-57)  436.8475 CW  DK3WN CW Telemetry Decoder
           IC-9100にて受信
06:31J   mel 51   CW  heard
 
1503242131u_xiiv_cwdecode_2
 
 
 
METEOR-M N2   137.100  QPSK
   FCDProplus(IF Gain 26) Orbitron(DDE)  SDR#v1.0.0.1000)
09:22j      mel  68
Re1800_150325

QB50p2 145.880  BPSK 1200bps Move Temetry Receiver  
 FCDProplus(IF Gain 27) Orbitron(DDE)  SDR#v1.0.0.1000)
 AX.25 Sound Modem UZ7HO  V0.78b  + AGW ONLINE KISS Decoder 
    QB50px TElemetryDecoder(DK3WN)
10:06J   mel76
1503250106u_qb50p2_bpsk_decoder

2015年3月 8日 (日)

衛星受信 EXOCUBEの、とても弱いCW音

天気が悪いとなんだか気分も暗くなる。

関東地方はお昼くらいまで雨がふるということだったが。
METEOR-M N2の雲を見ると雲の分布は広い。朝はどうだったのだろう。
 
METEOR-M N2   137.100  QPSK
   FCDProplus(IF Gain 26 ) Orbitron(DDE)  SDR#v1.0.0.1000)
09:59J    mel 30
Re2000_hist_150308rectified
 
PERSEUS M1  PERSEUS M2
ときどき聞いているが、とても弱い信号でデコードできない。
 

QB50p1  145.815  PSK 1200bps
日本語モードから英語モードに戻すのが面倒なので、そのまま、AGW Onlinekiss V.2.4.4 を動かしたが、やはり働かなかった。
 
SPROUT   437.525 CW 437.525 437.600  1200bpsAFSK SSTV
         IC-9100
11:39J   mel 51  CW heard
通常の受信機・アンテナでは実用にならないくらい弱いCW信号。SSTVはなかった。
 
NOAA-15      137.62
16:15J      mel  64
1503080715u_noaa15_desktop
途中でアンテナが360度回転せざるをえないコースだったため、受信が中断、そのまま終了。
 
Noaa1503080717msa
MSA画像 NOAAのch2とch4画像から、雲、地表、海の疑似色にするとのことである。
 

EXOCUBE    437.270  CW
17:39J   mel 80     CW heard
X O 3

1503080839u_exocube_cw
JE9PELさんのブログの情報にもとづいて、聞いてみた。
IC-9100で、手動でやっとこれだけ受信。SDR#だとどこに信号があるかわかるが、通常の受信機ではこれがせいいっぱい。我がFCDはプリアンプがつながっていないので、こういう場合は、IC-9100がよい。
Calsat32の周波数コントロールをはずし、手動で追ったが2KHzほど高いように思われた。ダイヤルを動かしながらだったので、スペクトランの波形も動いている(と思うのですが)。

2015年2月 2日 (月)

衛星受信 NOAA-19,15 の受信 GRIFEXの受信失敗

今日もゆっくりした。やらなくてはいけないことがあるのだが。

NOAA-19   137.100  FM 

 アンテナ 144MHz  Cubical Quad 8エレ 10m High non Preamp
 FCDProplus (IF Gain 5)+(Oritron+SDR#1000) + WxtoIMG
13:04J    mel 75
Noaa1902020405msa
今まで何度かNOAAの受信に失敗していたが、ボリューム不足が原因だったようだ。
上の方の不明瞭な部分は、アンテナを360度回転させる必要があったため、受信ができなかったことによる。
NOAA15     137.62MHz    FCDPro+  + (Oritron+SDR#v1.0.0.1161)
16:57J    mel 46
Noaa1502020759mcir
 
GRIFEX      437.485    9600bps GMSK 
                 MixW2 + Onlinekissplus + MXL Ground Station Client
17:59J      mel  14    not decoded
原因不明。シグナルは聞くことができたが。
GRIFEXのGSサイトより(01 February 2015 09:00 EST)
Beacon Details
Frequency: 437.482 MHz
Output Power: <1WModulation and Encoding: GMSK, AX.25 9600 bps,
Beacon: 10 sec period, includes telemetry, format to be released soon
当初の予定より中心周波数は2-3KHz低いとしている。

2015年1月27日 (火)

衛星受信 METEOR-M N2の再生処理続き、まだまだ

 
NOAA15     137.62MHz    FCDPro+  + (Oritron+SDR#v1.0.0.1161)
06:29J      mel  20   
Noaa1501262134mcir
エラーのため途中で止まる。NOAA19の他のjpgが見つからないという。
 
METEOR-M N2   137.100  FCDPro+  + (Oritron+SDR#v1.0.0.1161)
08:11JJ    mel 25  received  not decoded
AUDACITYの波形表示ですでにうまくいっていない。中心周波数に合わせられていないのだろうか。   
METEOR-M N2   137.100  FCDPro+  + (Oritron+SDR#v1.0.0.1000)
   FCDPro+2.0  Configure Frq  correction -26  If Gain  5
19:31J      mel  32   
WFの中心に,SHIFTを0に設定したら、左にずれてしまった。
 
21:11J      mel  27    FCDPro+2.0  Configure  Frq   correction -26      If Gain  15
1401271211u_meteor_lrpt_001_enrico
 
1501271211u_meteor_lrpt_001_enric_2 
1501271211u_meteormn2
最後の画像は、その上の画像を切り出しただけです!補正もしていません。
RGBの生成はできませんでした。でも、夜は赤外線画像なのでこんなものなのですね。
皆さん方のおかげで、途中まで再生することができた。直したことは、FCD2.0のIFGainを上げたこと、中心周波数での受信に努めたことである。ただ、AUDACITYの波形は一部は若干太かったが、まだやせ衰えたものだった。明日以降、完成された受信画像を目指したい。

その他のカテゴリー

BeEagleSat_ | Nayif-1 | 3CAT-2 | Aalto 1 | AAUSAT 4 | AAUSAT-5 | AAUSAT2 | AENEAS | AGGIESAT-4 | ALSAT-1N | ANTELSAT | AOBA-VELOX 3 | ATHENOXAT-1 | BEESAT-4_ | Bird B | BIRDS | BISONSAT | BUGSAT-1 | BY70-! | BY70-1 | CAS-3E | CAS-4 | CHALLENGER | CHUBESAT-2 | CHUBUSAT-2 | CHUBUSAT-3 | Columbia(US04)_ | CSUNSAT | CUBEBUG-1 | CUBEBUG-2 | CUTE-1 | Cute-1.7+APDⅡ | D-STAR | DEORBITSAIL | DO-64 | DTUSAT-2 | DUCHIFAT | DX-1 | E-ST@R-II | ESTCUBE-1 | ExoCube | FALCONSAT 3 | FCD-PRO | FIREBIRD-II FU3 | FIREBIRD-II FU4 | FIRSTMOVE1 | FO-29 | FOX-1A | Funcube-1(AO-73) | FUNCUBE-2 | GOMX-1 | GOMX-3 | GOX-3 | Grifex | HAVELSAT | HO-68 | Horyu-2 | Horyuー4 | IO-26 | ISS | ITF-2 | ITUPSAT-1 | JUGNU | KKS-1 | LightSail_ | LILACSAT 2 | Linux,Software | LITUANICASAT-2 | LUSAT(LO-19) | Max Valier Sat | Mcubed-2 | METEO-M N2 | MINXSS | MODIS | NANOSATC-BR1 | NOAA15 | NOAA18 | NOAA19 | NODES-1 | NODES-2 | NSIGHT-1 | NUDATSAT | NUDT-PHONESAT | O/OREOS | ORBITRON | PakinsonSat | PCSAT(NO-44) | PERSEUS M1 | PERSEUS M2 | PHOENIX(TW01) | PHONESAT2.4 | POLYITAN | PRISM | PSAT | QB50P1 | QB50P2 | RADIO | ROBUSTA-1B | RS-30 | RTL-USB | SATHYABAMASAT | SEEDSII | skCUBE | SO-50 | SOMP | SPACECUBE | SPROUT | SRMSAT | STARS-C | STRAND-1 | SUCHAI | SWAYAM | TGRISAT | TRITON-1 | UCLSAT_ | UKUBE-1 | UNISAT-6 | UNSW-EC0 | UWE-3 | VELOX-I | VZLUSAT 1 | VZLUSAT 1_ | WSJT | X-CubeSat(FR01)_ | XI-IV | XI-V | XW-2 | ZACUBE-! | その他 | アマチュア無線・BCL | カメラ | シンポジウム・講演会 | パソコン・インターネット | 受信ソフト | 無線局申請 | 無線機・ラジオ | 衛星受信システム | AOBA-VeloxIII

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31