NANOSATC-BR1

2017年4月18日 (火)

NODES-2 NODES-1 NANOSATC-BR1

17日
 
夜、昔の仲間の会の懇親会 20数名参加。
NODES-2    437.100  1k2   AFSK   
09:01J  heard    
デコードができなかった。
 
NODES-1    437.100   AFSK
09:38J  not heard
ひどい不法無線があったが、信号は聞こえなかったように思う。
 
NANOSATC-BR1      145.865   1k2  BPSK   CW
11:11         BPSK  heard 1 frames   not decoded

18日
今日から<FUNCUBE Dongle Pro+を使う。壊れていたようだったが、改めて使ってみると復活していた。
 
BUGSAT-1      437.445    9600bps GMSK
 FCDPro+ SDR#v1490
23:50J    heard  but not decoeded
1704181450u_bugsat1

2016年6月29日 (水)

PHONESAT2.4   NANOSATC-BR1

昔は、430MHz帯より144MHz帯の方が賑やかだったが、今は逆になっているようだ。
下の写真は、 PHONOSATを聞いている時のSDR#の画面。

435mhz
10時頃、435.000~435.500をSDR#の画面で音声を聞きながら調べると、地上音声FM波を10局(ほとんどモービルでがなったりおしゃべりしている)を数えた。
数日前、関東総合通信局から、なんだかよくわからないけど、電波利用料を払っていますよ(後、1年で切れますよ)という通知書が届いた。この通知の趣旨もよくわからないが、電波利用料は有効に使われていないようである。
電波使用区分は守らなくてもよい、野放し状態に何もしていないように思える。たまに取り締まりをしているようだが、効果はほとんどないようだ。

PHONESAT2.4  437.425   1200bps AFSK
10:38J   not heard
SDR#の画面を見ると、20KHz上でAFSKの信号を見えるので、それに合わせようとしたが、その他のトラブルで聞けなかった。それがPHONOSATかどうかもわからないが。今まで聞けていないので今回手がかりができた。

NANOSATC-BR1      145.865   1k2  BPSK   CW
11:18J         BPSK  heard 1 frames   by   IC-9100
1回だけ、突然聞こえてきた。以前は難しくない衛星と思っていたが。


2016年5月25日 (水)

QB50P1  NANOSATC-BR1 ZAcube-1

このところ、もろもろで多忙である。また、読書に時間を使っている。
7000歩程度であるが、ほぼ毎日歩いている。
24日
QB50P1  145.815  1k2 bpsk 
IC-9100    SoundModem v0.03b  + Online Telemetry Forwarder
10:19J
1605240119u_qb50p1_bpsk_otf_2
 

NANOSATC-BR1      145.865   1k2  BPSK   CW

10:40J         BPSK heard  5frames decoded

1605240140u_nanosatcbr1_bpsk

25日

ZAcube-1  437.356  9600bps GMSK
   FCDPro+
21:04J   received  not decoded
1605251204u_zacube1_gmsk_sdr

2015年8月27日 (木)

DX-1  久々の受信

昨日、今日、珍しく小説を読む。
NHK-BSでも放送されている「一路」というもの。読むと放送されているのと筋書きがちょっとだけ違う。時代小説風で読みやすく、とてもおもしろい。明日は下巻。

NANOSATC-BR1      145.865   1k2  BPSK   CW

22:08J      mel  23    not   heard

DX-1    438.225    9k6 gmsk

22:41J    mel  19    heard

1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [22:45:56R]
f@ユ栫 チ   チ W?
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [22:48:26R]
dEユ栫ウWニ
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [22:48:56R]
fFユ栫ム チ   チ W・1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [22:49:26R]
iGユ栫・ククW6
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [22:49:56R]
kHユ桙
W
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [22:50:26R]
rIユ桙+W2
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [22:50:56R]
sJユ桙IWR
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [22:51:26R]
dKユ桙gノW5

デコード率は低い。

2015年8月25日 (火)

QB50P1 BPSK 元気がよい

気温が下がり、しのぎやすくなった。部屋にいても、足下はちょっと冷える感じである。

DeorbitSail   145.975  1200bps  BPSK

05:44J   mel 31     BPSK  heard   2frames decoded

1508242344u_deorbitsail_bpsk_dcr

NANOSATC-BR1      145.865   1k2  BPSK   CW

09:56J      mel  58    CW  heard

1508250058u_nanosatcbr1_cw_decoder

以前よりよく聞こえるようになった。

QB50P1  145.815  1k2 bpsk     Soumdmodem80 +
       agw onlinekissv1.3 +  QB50px Telemetry Decoder  英語モード

10:06J      mel  80      BPSK    heard

1508250106u_qb50p1_bpsk_decodr

受信周波数の補正を行う(-1.5KHz)。

2015年8月24日 (月)

NANOSATC-BR1  DeorbitSail

昨日までやっと、山川出版社の詳説世界史(2013)を読む。教科書であるから文章は難しくはないのだが、なかなか前に進まなかった。

現代を理解するのは、世界の歴史を知ることが必要だと思ったし、読んでみて実際そうだった。

NANOSATC-BR1      145.865   1k2  BPSK   CW

10:29J      mel  52    CW  heard

1508240043u_nanosatcbr1_cw_decoder

2フレーム分CWを確認した。

DeorbitSail   145.975  1200bps  BPSK

09:55J   mel 37  BPSK  heard

1508240055u_deorbitsail_bpsk_dcr

30フレーム近くデコードしたが、中身がないのが大半で、やっと1フレームフルにデコード。この信号強度では限界。

POLYTIAN   437.675  CW 9k6 GMSK

10:50J   mel 28   GMSK heard

EM0UKP>QST>UI,C,F0:
.CQ de EM0UKPI QSL via UT4UZB k
EM0UKP>QST>UI,C,F0:
....yレUW.・.
エ..

EM0UKP>QST>UI,C,F0:
...DyレUc.・.
オ..

EM0UKP>QST>UI,C,F0:
.CQ de EM0UKPI QSL via UT4UZB k
EM0UKP>QST>UI,C,F0:
...DyレUc.・.
オ..

EM0UKP>QST>UI,C,F0:
.CQ de EM0UKPI QSL via UT4UZB k
EM0UKP>QST>UI,C,F0:
...DyレUc.・.
オ..

EM0UKP>QST>UI,C,F0:
.CQ de EM0UKPI QSL via UT4UZB k
EM0UKP>QST>UI,C,F0:
.CQ de EM0UKPI QSL via UT4UZB k
EM0UKP>QST>UI,C,F0:
.CQ de EM0UKPI QSL via UT4UZB k
EM0UKP>QST>UI,C,F0:
...ペレUd.・.
カ..

EM0UKP>QST>UI,C,F0:
.CQ de EM0UKPI QSL via UT4UZB k
EM0UKP>QST>UI,C,F0:
.CQ de EM0UKPI QSL via UT4UZB k

地上音声FM波(モービル)で当初受信できず。その後も他のグループが受信障害となっていた。1分に1回の送信だから、なんとか受信できたが。止めてくださいと言いたいところだが、、、。

デコーダーの使い方がよくわからない。これからいろいろと試してみる予定。

XI-V(CO-58)   437.465  CW  437.345 AFSK 1200bps

17:14J      mel  35    AFSK  7229 bytes    C2画像  取得率 7%

過去6回分 70%の画像  撮影年月日 2015 / 8 / 9  03:39:59

Xiv_150824_1732_rom2_c_p

70%は今までの中でも高い方だろう。下のものは、PELさんによれば太陽に照らされた地球だというのだが、私にはまったくわからない。

2015年8月20日 (木)

衛星受信  XI-IV 画像取得 C2画像 NANOSATC-BR1 CW

早朝、立川では強い雨が降っていた。

XI-V(CO-58)   437.465  CW  437.345 AFSK 1200bps

04:24J      mel  30    AFSK  13742bytes    C2画像  取得率  22%
06:02J      mel  21    AFSK   7821bytes    C2画像  取得率  10%

過去4回分 53%の画像  撮影年月日 2015 / 8 / 9  03:39:59

Xiv_150820_0621_rom2_c_p

よくわからないが、太陽と月?

DeorbitSail   145.975  1200bps  BPSK

09:50J   mel 42  BPSK  heard

1508200050u_deorbitsail_bpsk_dcr

NANOSATC-BR1      145.865   1k2  BPSK   CW

10:29J      mel  52    CW  heard

地上音声FM波(145.880)があり、信号があるかどうかも確認できず。その後、受信開始後2分55秒を過ぎて、突然入ってくる。各フレームは30秒おき送信。断続的に聞こえてくる。

1508200129u_nanosatcbr1_cw_decoder

録音(フレーム間はカット、後半も削除) 

  「1508200129U_NANOSATC-BR1_CW3.mp3」をダウンロード

2015年8月18日 (火)

FUNCUBE-2 BPSK 久しぶりの受信

昨夜、風呂で頭を洗っていたら、変な音が聞こえ、温水が出なくなった。ついに給湯器の交換になったのかと思った。その後、今朝も台所でお湯を出そうとしてもストップして、LEDの点滅となる。
ちょうど15年前の8月に設置したもので、まあもった方だろう。暑いのにしばらくお風呂に入れない。午後、業者に見てもらうことになった.

DeorbitSail   145.975  1200bps  BPSK

10:17J   mel 13  BPSK  heard

1508180137u_deorbitsail_bpsk_dcr_3


FUNCUBE-2  145.815  BPSK    Dash board

11:06J   mel 37   105frames decoded

1508180206u_funcube2_dashb

久しぶりの受信。信号は強い。レポートをしたが、反応なし。JA他局は報告していた。

NANOSATC-BR1      145.865   1k2  BPSK   CW

11:42J    mel  6    CW heard

何回か断片的に聞こえたが、低仰角ということもあり、デコードまでは至らず。

2015年8月17日 (月)

DeorbitSail BPSK初 デコード

一日、強い、弱い雨が降っている、憂鬱な日。気温は低いのでエアコンは我慢しているが、湿度が非常に高いのでやっぱり必要かな。、

XI-V(CO-58)   437.465  CW  437.345 AFSK 1200bps

05:11J      mel  81    CW heard

04:11Jのパスがあったが、起きられず。データ送信のパターンは、だいたいにおいて、ファーストパスでAFSK送信、セカンドパスでCW送信が多い。残念! 次回は夕方。

17:47J      mel  79   AFSK 10489bytes   C2画像  取得率  18%

Xiv_150817_1805_rom2_c_p

C2データは、今回初めてだったようだ。おもしろい画像になりそうだ。

DeorbitSail   145.975  1200bps  BPSK

08:35J   mel 25  6frame heard

1508162335u_deorbitsail_bpsk_dcr

DO-64 (Delfi-C3)      145.870   1k2 bpsk    Delfi DuDE

09:36J    mel  73    heard

NANOSATC-BR1      145.865   1k2  BPSK   CW

09:51J    mel  51    not heard
23:14J     52  not heard

NO-84(PSAT)    145.825    PSK31    AFSK

10:02J    mel  21  heard  decoded

PSAT-1/ARISS>APOFF>UI,?,F0:
!46  .  S\014  .  ES060/999/W3ADO  s#006281,0z290

PSAT-1/ARISS>APOFF>UI,?,F0:
T#386,894,075,612,896,878,00011100

DK3WN のPSATのデコーダーにかけてみたが、反応なし。CAWさんのものと比べて、データに問題があるようだ。

15080102u_psat_afsk

その後、JE9PELさんよりアドバイスをいただいて、デコーダーにかけたら、デコードできた。あいているところもあるので、まだデータ不足ということか。
PELさん、ありがとうございます。

UKUBE-1      145.840   CW  1k2 BPSK

10:48J    mel  61    CW  heard

UKUBE1020A000000000F0

実際の周波数は3.3KHzほど高いようだ。結構強力な信号。

2015年8月16日 (日)

衛星受信  XI-IV ステイタス情報 PSAT AFSK

昨日は所属のクラブのニューカマーの講習会だった。自分も交信などはニューカマーのようなものだが、あまりやる気もないので世話役に徹した。

自分のハンディトランシーバーを使えるようになった小6生はとてもうれしそうだった。

XI-V(CO-58)   437.465  CW  437.345 AFSK 1200bps

05:11J      mel  81    AFSK 4584bytes   ステイタス情報

JQ1YGW>JQ1YCX:xic073b2xxxxxx2b874101

JQ1YGW>JQ1YCX:xic073b3xxxxxx3b874101

JQ1YGW>JQ1YCX:xic073b3xxxxxx3b874201

JQ1YGW>JQ1YCX:xic073b4xxxxxx4b874201

JQ1YGW>JQ1YCX:xic073b5xxxxxx5b874201

JQ1YGW>JQ1YCX:xic073b6xxxxxx6b874201

JQ1YGW>JQ1YCX:xic073b7xxxxxx7b874201

JQ1YGW>JQ1YCX:xic0731188870111888701

JQ1YGW>JQ1YCX:xic0138742a9Vf94fI0604S011901010101T8fae938ea0899599 018ea8090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic0138742edVf242I0405S120101010108T88a9948d94939598 018fa8490

JQ1YGW>JQ1YCX:xic013874305Ve23bI5a07S2d010101012cT8ba5938c8f9a9598 019028490

JQ1YGW>JQ1YCX:xic013874315Ve03aI3306S380101010108T90a2938c8b9e9598 019128090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic013874323Vdf39I2706S3c0101010101T95a1938c89a09598 019228090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic013874333Ve03bI5108S3701010a1a01T9a9f938c87a09598 019328090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic013874348Ve23cI8f08S230101204401T9f9c938c859f9598 019428090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic01387435dVf74eI0604S010101012701Ta19a938d889d9598 0195a8090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic013874373Ve23cI7506S010201017001T9f98938e8d9a9599 019628090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic013874382Ve33cI8407S011301016a01T9d99938e92979599 019728090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic013874391Ve33cI8606S012401015a01T9a9b938f98959599 019828090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic0138743a0Ve23cI8006S013205014001T979e938f9d929599 019928090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic0138743b1Ve13bI5609S013c0b011a01T94a3938fa1909599 019a28090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic0138743c0Vdf38I0b18S014014010201T92a7938fa28d9599 019b28090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic0138743deVe33cI8e06S012c0f01013bT8eae938fa08a9599 019c28090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic0138743eeVf747I0504S011901010101T8cb0938f9d899599 019da8090

JQ1YGW>JQ1YCX:xic0138743fdVe33cI9706S01030901016aT8ab1938e9a8b9599 019e28090

12分間のデータのうち、時刻とダブりを削除(同じデータが3回流れる)。
長短2種のデータが流れている。長い方はステータス情報だが、短い方は不明。

データの冒頭が「xic01」であればステイタス情報と思っているが、「xic07」であり解析ソフトにかけても無効になる。

17:10J    mel  30    AFSK  bytes    ステイタス情報のみ

NO-84(PSAT)     145.825    1k2 AFSK

8:29J      mel  36

1:Fm PSAT-1 To APOFF Via ARISS <UI R Pid=F0 Len=34> [08:41:13R]
T#880,850,072,901,591,857,00011100
1:Fm PSAT-1 To APOFF Via ARISS <UI R Pid=F0 Len=34> [08:47:18R]
T#886,863,072,842,586,856,00011100

NANOSATC-BR1      145.865   1k2  BPSK   CW

09:39J      mel  38    not  heard

昨日までほぼ確実に受信できたが、今日は全く聞こえなかった。

DeorbitSail   145.975  1200bps  BPSK

09:45J   mel 48  1frame heard

21:39J  mel  48    not heard

CWが2回聞こえたが、よく聞くと、同じ時間に5kHz下のFiastMove1の「MOVE1」だった。

QB50P1  145.815  1k2 bpsk     Soumdmodem80 +
       agw onlinekissv1.3 +  QB50px Telemetry Decoder  英語モード

23:08J    mel  62   bpsk

1508161408u_qb50p1_bpsk_decodr

最後の数分受信。