無料ブログはココログ

ISS

2019年4月14日 (日)

ISS   METEOR-M N2     DELPHINI-1 

DELPHINI-1        437.500 . 1k2/4k8/9k6 GMSK 
Delphini1
Denmark
Launch date: November 20, 1998 NORAD ID: 44030

09:49J  heard? but not decoded
1904140049u_delphini1
結構強い信号だったが、9k6,4k8共にデコードしませんでした。19k2はやっていませんが。
ISS  145.800 FM SSTV  PD120
10:04J  received    FT-847
1904140104u_iss_sstv
 
1904140104u_iss_sstv_2
今回の受信はまったくだめでした。
2枚目は、1回転するのを忘れていました(自動N設定)
METEOR-M N2  137.900MHz FUncubeDonglePro + SDR#1V1331
                         + QPSKv1.4 + MeteorGIS
09:24J
Utm201941474653431_rgbクリックで拡大
 

2019年2月17日 (日)

ISS(SSTV)  Nexus(FO-99、SSTV)

ISS  145.800 FM SSTV  PD120
2/16    TH-D74 → ROBOT36
09:35J,16:05J
190216_isssstv2
 
190216_isssstv3
 
190216_isssstv4
 
190216_isssstv5
 
190216_iss_sstv_mmsstv1 録音をMMSSTVで処理した画像
 
190216_isssstv6
 
190216_isssstv7
自動車内で受信してみました。アンテナの性能のためだと思いますが、よい画像は得られませんでした。アンドロイドソフトの限界もあるかもしれません。
同時録音したもの(3gPPフォーマット)をmp3に変換するなど面倒なこともありましたが、いくらかMMSSTVの方がよいように思います。
2/17
1513J   FT-847 + MMSSTV
1902170413u_iss_sstv1
 
1902170413u_iss_sstv2
こちらは自宅局ですので、問題はありませんでした。
 

Nexus(FO-99)   437.075   CW  9k6 GMSK SSTV(Scottie1) 38.4kπ/4QPSK

20:51J   SSTV received
1902171152u_nexussstv
今までに比べよく受信できた方でしょうか。連続送信なので、受信状況によっては、次の画像と一緒になる可能性があります。これはその一つでしょうか、わかりません。

2019年2月10日 (日)

UO-11   CSIM-FD  ISS(SSTV)  Nexus(SSTV)

Nexus   437.075   CW  9k6 GMSK SSTV(Scottie1) 38.4kπ/4QPSK

20:11J   SSTV received 
1902101111u_nexussstv
前回よりも再現性はよくないです。
 
ISS  145.800 FM SSTV  PD120
18:00J  received  2photo
1902100900u_iss_sstv1 自動傾き調整 off でした。
 
1902100900u_iss_sstv2
 
UO-11  145.826  1k2 AFSK
Uo11
Launch Date: March 1, 1984   Catalog number: 14781  UOSAT 2 (UO-11) OSCAR-11
 
07:11J    RTTY heard   QSB
 
1902092211u_uo11  
 
1902092211u_uo11_2
 
JE9PELさんのUO-11の解説記録を読み、上記までやってみました。生ではなく、録音したファイルを使いました。MixW2で、RTTYモードにするとリアルタイムでデコードできるそうですが。
引き続き、DK3WNさんのデコードソフト(Uosat-2TelemtryDecoder)を使ってみましたが、log files(raw)を求められ、これ以上はデコードできませんでした。rawファイルとは何を指すかが分かりません。
JA0CAWさんもデコードをし、完全に化け字のない結果が出ていました。モード設定で、送信受信周波数の設定が若干違っていました。
1984年に打ち上げられた衛星ですが、2014年に奇跡的に復活したそうで、今もこのように送信し続けています。_
 
CSIM-FD  43793  437.250MHz   9600/19200bps GMSK
09:30J   received 28frames decoded  9600bps  
               High-Speed-SoundModem UZ7HO Ver0.21b
1902100030u_csimfd
日本語モードのためか、デコードができませんでした。

2019年1月30日 (水)

ISS(SSTV)

今日は早朝から外出、帰宅は午後6時でした。

夜10時半、ISSからSSTVの送信がありました。
ロシア国内だけだろうとあまり期待はしていませんでしたが、送信してくれました。
ただ、受信・録音に失敗して、下のような惨めな画像だけが成果です。
1901302229u_iss_sstv

2018年10月29日 (月)

ISS(SSTV) NOAA-15   STARS-AO Ten-Koh Autcube

HIIAのロケットが打ち上げられました。成功率が非常に高いので安心してみていました。
メイン衛星いぶき2号)とともにアマチュア無線の電波を使った衛星も行われたようです。自局も準備します。
437.385MHz付近を聞いたが、SATARS-AOが公開しているCWフォーマットの送信はありませんでした。
以下は、録音したmp3のうち、最初のもの。信号はCW、弱い。多分違う信号でしょうか。
 
79d04167c66fnj
 
その後Ja0cawのTen-kohのデコードソフトのデータ入力欄を見ると、一部が自分の受信した結果と一致していましたので、これだと思いました。でも前後のCWデータは聞こえなかったので、相当弱い信号かなと思います。次回は、無線機で聞く予定です(自局はSDR受信はプリアンプがない)。
 
STARS-AO  Ten-Koh  Autcube  と思われるCWを受信しましたが、自分には速いCWなので、明日テキスト化します。
 
ISS  145.800 FM SSTV  PD120
03:44J  heard
やっと受信の機会が得られたという印象です。アンテナのコントロールがまだ完全ではないので、ノイズがどうしても発生します。
画面のずれですが、録音したものをデコードしすると再現性がよい結果が出ました。以下はすべて受信時のものです。
 
1810281845u_iss_sstv 03:45J
 
1810281849u_iss_sstv 03:49J
 
1810282021u_iss_sstv 05:21J
 
1810282025u_iss_sstv 05:25J 1枚目と同じですね。
 
1810282200u_iss_sstv 07:00J  RXSSTVによるデコード
 
1810282200u_iss_sstv_rxsstv
 
1810282338u_iss_sstv 08:38J
 
1810290250u_iss_sstv 11:51J
1810290253u_iss_sstv 11:54J
 
1810290253u_iss_sstv_02 11:54J Decoded  mp3 (RX-SSTV)
 
1810290256u_iss_sstv 11:56J
 
1810290256u_iss_sstv_02 11:56J Decoded  mp3 (MMSSTV)
 
10時台は眠ってしまいました。
 
1810290429u_iss_sstv13:29J 受信時の画像
 
今日はこれでおしまいです。
 
NOAA-15     137.62MHz    FCDPro+  +  SDR#v1.0.0.1672)
06:25J
Noaa1510282127mcir

2018年10月28日 (日)

ISS  NOAA-15

1810iss_sstv  
 
ISS  145.800 FM SSTV  PD120
04:36J not heard
ちょっと早起きして聞いてみましたが、それらしき信号は聞こえなかったです。関係のサイトでは、1枚報告がありますので、送信されているようですが、ヨーロッパのようです。
Twitterでは、JAの方が、「ISS綺麗に見えたけどSSTVは入感せず」と報告されていました。
 
06:13J not heard
 
その後、Twiterでは、145.480Mzのようだとの情報があります?
他方、Packetは流れているようです。
 
07:52J not heard 
Amsat の Satellite Status Page でも  Not Heradばかりです。
 
0930J not heard
ヨーロッパでは受信できているようですね。  
 
11:06J  12:43J  not heard
結局今日のパスは流れなかったことになります。明日以降は?
 
NOAA-15     137.62MHz    FCDPro+  +  SDR#v1.0.0.1672)
06:50J
Noaa1510272151mcir

2018年9月12日 (水)

久々の衛星受信 ISSのPacket

5月末以来、久々の衛星受信をしました

今まで、アンテナケーブルがローターに巻き付き、芯線が一部切れていました。そのために仰角の情報がコントローラーに届かず、安全にアンテナを使うことができませんでしたが、本日ローカル局の力で直すことができました。
まだ、ソフトの用意は十分にできていませんが、試しに、ISSのパケットを受信してみました。うまく受信できました。Calsat32によるアンテナの追尾もできました。
 
明日以降、少しずついろいろな衛星にチャレンジしていこうと思います。
ローカル局のKさん、ありがとうございました。
 
ISS  145.800  SSTV  MMSSTV    145.825  APRS
21:54J 145.825 packet
1:Fm JA1AZR To CQ Via RS0ISS* <UI R Pid=F0 Len=10> [21:58:21R]
GE VIA ISS
1:Fm JA1AZR To CQ Via RS0ISS* <UI R Pid=F0 Len=10> [21:58:35R]
GE VIA ISS
1:Fm JA1AZR To CQ Via RS0ISS* <UI R Pid=F0 Len=67> [21:58:46R]
=3637.61N/14040.43E-=3637.59N/14040.44E-Hitachi City Japan {UISS54}
1:Fm JA1AZR To CQ Via RS0ISS* <UI R Pid=F0 Len=10> [21:58:57R]
GE VIA ISS
1:Fm RS0ISS To CQ <UI C Pid=F0 Len=36> [21:58:58R]
>ARISS - International Space Station
1:Fm JA1AZR To CQ Via RS0ISS* <UI R Pid=F0 Len=10> [21:59:00R]
GE VIA ISS
1:Fm JA1AZR To CQ Via RS0ISS* <UI R Pid=F0 Len=10> [21:59:03R]
GE VIA ISS
1:Fm JA1AZR To CQ Via RS0ISS* <UI R Pid=F0 Len=67> [21:59:07R]
=3637.61N/14040.43E-=3637.59N/14040.44E-Hitachi City Japan {UISS54}
1:Fm JA1AZR To CQ Via RS0ISS* <UI R Pid=F0 Len=10> [21:59:16R]
GE VIA ISS
1:Fm JA1AZR To CQ Via RS0ISS* <UI R Pid=F0 Len=67> [21:59:20R] [MEM]
=3637.61N/14040.43E-=3637.59N/14040.44E-Hitachi City Japan {UISS54}
1:Fm JA1AZR To CQ Via RS0ISS* <UI R Pid=F0 Len=10> [21:59:40R]
GE VIA ISS
1:Fm JA1AZR To CQ Via RS0ISS* <UI R Pid=F0 Len=67> [21:59:46R]
=3637.61N/14040.43E-=3637.59N/14040.44E-Hitachi City Japan {UISS54}
1:Fm JA1AZR To CQ Via RS0ISS* <UI R Pid=F0 Len=25> [22:00:15R]
:SAT      :Tnx &73 CU Agn
1:Fm JA1AZR To CQ Via RS0ISS* <UI R Pid=F0 Len=25> [22:00:22R]
:SAT      :Tnx &73 CU Agn
1:Fm RS0ISS To CQ <UI C Pid=F0 Len=36> [22:00:57R]
>ARISS - International Space Station
1:Fm RS0ISS To CQ <UI R Pid=F0 Len=36> [22:02:58R]
>ARISS - International Space Station
 
Antennacontr_2 上のタッパーは新PICNIC基板

2018年4月14日 (土)

ISS SSTV受信

 
 
ISS  145.800  SSTV  MMSSTV   
09:45J  SSTV  FuncubuDonglePro+  RX-SSTV
1804140045u_iss
RX-SSTVに変えてみた。軌道の条件がよかったのか、ノイズのない(多分)きれいな画像だが、すっきりしない。
11:20J 
180414020u_iss1
180414020u_issmmsstv
 
17:50J    RX-SSTV
1804140850u_issrxsstv
 
1804140853u_issrxsstv Z

2018年4月12日 (木)

ICC SSTV受信

ブログの発信をしばらくやっていません。
たまに受信するとやはり予期しないトラブルが起きます。
ISS  145.800  SSTV  MMSSTV    145.825  APRS
16:24J  SSTV  FuncubuDonglePro+
1804120724u_iss
低仰角のためかうまく受信できなかった。
その後もうまくいかず。
 
19:35J SSTV
1804121035u_iss
接触が悪いような感じの受信。突然強くなったり弱くなったり。

2017年12月11日 (月)

ISS

このところ所属団体2つの作業を行っていて、余裕がまったくない。
ただ、今日は夕方頃、所属クラブの方から、ISSのARISSスクールコンタクトがあります、という案内を会員の皆さんにお知らせしていた。
他の方が、私に受信の方法についてアドバイスをメーリングリストでお知らせしてほしい、とのこと。
簡単な受信方法を案内した。
自局は初めから終わりまで強力な信号を受信できた。
メーリングリストにその後書かれた方では、ハンディではだめだったようである。
ある程度アンテナがしっかりしていないとだめなようだ。
しかし、Twitterを読むと結構室内のハンディでも受信できたという人もいる。どっちがほんとうなのか。

その他のカテゴリー

BeEagleSat_ Nayif-1 1KUNS-PF 3CAT-2 Aalto 1 AAUSAT 4 AAUSAT-5 AAUSAT2 AENEAS AGGIESAT-4 Al-Farabi-2 ALSAT-1N ANTELSAT AO-92 AO-92(Fox-1D) AOBA-VELOX 3 Astrocast-0.1 ATHENOXAT-1 BEESAT-3 BEESAT-4_ Bhutan 1 Bird B BIRD-N BIRDS BISONSAT BUGSAT-1 BY70-! BY70-1 CAS-3E CAS-4 CHALLENGER CHOMPTT CHUBESAT-2 CHUBUSAT-2 CHUBUSAT-3 Columbia(US04)_ CP-7 CSIM-FD CSUNSAT CubeBel-1 CUBEBUG-1 CUBEBUG-2 CUTE-1 Cute-1.7+APDⅡ D-STAR DELPHINI-1 DEORBITSAIL DO-64 DTUSAT-2 DUCHIFAT DX-1 E-ST@R-II ECAMSat ELFIN-A ELFIN-B ESEO ESTCUBE-1 ExAlta-1 ExoCube FACSAT-1 FALCONSAT 3 FCD-PRO FIREBIRD-II FU3 FIREBIRD-II FU4 FIRSTMOVE1 FO-29 FOX-1A FOX-1C(Cliff) Funcube-1(AO-73) FUNCUBE-2 GO-32 GOMX-1 GOMX-3 GOX-3 Grifex HA-1 HAVELSAT HO-68 HOOPOE Horyu-2 Horyuー4 IO-26 IRAZU ISS ITASAT-1 ITF-2 ITUPSAT-1 JUGNU JY1SAT KAZSCISAT-1 KKS-1 LightSail_ LILACSAT 2 Linux,Software LITUANICASAT-2 LUME-1 LUSAT(LO-19) Max Valier Sat Mcubed-2 METEO-M N2 MINXSS MODIS MYSAT-1_ NANOSATC-BR1 NEXUS NJUST-1 NOAA15 NOAA18 NOAA19 NODES-1 NODES-2 NSIGHT-1 NUDATSAT NUDT-PHONESAT NUSATー1(LO-87)_ O/OREOS ORBITRON OrigamiSat-1 PakinsonSat PCSAT(NO-44) PERSEUS M1 PERSEUS M2 PHOENIX(TW01) PHONESAT2.4 PICSAT POLYITAN PRISM PSAT PW-SAT2 PWSAT-2 QB50P1 QB50P2 Qbee RadFxSat RADIO Reaktor ROBUSTA-1B RS-30 RTL-USB SATHYABAMASAT SEEDSII Shaonian-Xing__ SiriusSAt-1 skCUBE SO-50 SOMP SPACECUBE SPROUT SRMSAT STARS-AO STARS-C STARS-KUKAI STARS-Me STRAND-1 SUCHAI SUOMI100   SWAYAM SWISSCUBE Tanusha-3 Tanusya TENKO TGRISAT TianYi 2_ TRITON-1 UBAKUSAT UCLSAT_ UKUBE-1 UNISAT-6 UNSW-EC0 UO-11 URSA-MAIOR UWE-3 UWE-4 VELOX-I VZLUSAT 1 VZLUSAT 1_ wisp WSJT X-CubeSat(FR01)_ XI-IV XI-V XW-2 ZACUBE-! その他 アマチュア無線・BCL カメラ シンポジウム・講演会 パソコン・インターネット 受信ソフト 無線クラブ 無線局申請 無線機・ラジオ 衛星受信システム AOBA-VeloxIII

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー