FALCONSAT 3

2019年10月18日 (金)

Nexus(FO-99 19k2GMSK) FALCONSAT 3 NOAA-15   METEOR-M N2 

Nexus(FO-99)   09:01JST    435.900MHz  19k2 GMSK

1910180001u_nexus

FALCONSAT 3    435.103 down 145.840 up  9k6 GMSK

06:23JST   435.103

1910172123u_falconsat3

1910172123u_falconsat3_2

NOAA-15     137.62MHz     SDR#v1.0.0.1715

06:42JST  FunCubeDonglePro+  WXtoIMG Auto Record

Noaa1510172142mcir

METEOR-M N2  137.900MHz 137.100MHz   72Kbps QPSK
      FunCubeDonglePro+ 
 + SDR#1V1331 + QPSKv1.4 + MeteorGISv1.07

07:50-09:44 JST  
This morning I heard the news that Typhoon No. 20 occurred.
Computm2019101875241121_rgb

1910172250u_meteormn2

2019年5月 3日 (金)

METEOR-M N2  GOMX-1  DX-1 FALCONSAT 3   LILACSAT 2 

GOMX-1  437.250 1k2/2k4/4k8/9k6  GMSK
Gomx1
Denmark
NORAD ID: 39430 Launch date: November 21, 2013
14:28J      4k8 gmsk heard  
1905030443u_gomx1
 
1905030443u_gomx1_2
 
DX-1   438.225    9k6 gmsk
Dx1_1
Russia
NORAD ID: 40071 Launch date: July 8, 2014 Call sign: DAURIA
14:43J
1905030543u_dx1_gfsk_1
1:Fm Dauraa To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [14:46:34R] [AA] [+++++++]
k葆・UW・
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [14:47:04R] [AA] [+--++++]
r袰・sWー
1:Fm Dauraa To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [14:49:34R] [AA] [+++++++]
k・・ WE
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [14:50:04R] [AA] [+++++++]
r・・'Wk
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [14:50:34R] [AA] [+--++++]
s・・EW・
FALCONSAT 3    435.103 down 145.840 up  9k6 GMSK
Falconsat3  
United States 
NORAD ID: 30776 Launch date: March 9, 2007 Call sign: PFS3-11 -12
16:03J   heard    downlink 435.103  uplink  145.840  9K6 GMSK
1905030703u_falconsat3
1905030703u_falconsat3_2
 
LILACSAT 2   437.200  437,225   1k2  9k6   AFSK  GMSK
Lilacsat2
CHINA
NORAD ID: 40908 Launch date: September 19, 2015 Call sign: BJ1SI
1905030725u_lilacsat-2
16:25J  heard
この衛星、自局にはデコードできません。いつかできるといいですが。
METEOR-M N2  137.900MHz FUncubeDonglePro + SDR#1V1331
                         + QPSKv1.4 + MeteorGIS
08:26J
上空では最高のコースでしたが、NOAA-18と周波数が近いため、なかなかLockedになりませんでした。
調べてみると、ほとんど同じ時刻と軌道でした。

2018年1月 6日 (土)

FalconSat-3 wispの設定 その3

遅ればせながら、

 明けましておめでとうございます。
年末年始といつもと同じように過ごしましたが、いくつかのおめでたいことがあり、うれしいスタートになりました。
本ブログは不定期の記録になりそうですが、無理をしないでのんびりいきます。よろしくお願いします。
このところ、FalconSat3のBBSアクセスにかかりきりですが、成果はありません。先輩各局に質問をし返信をいただきましたが、それに応えられていないのが残念です。
うまくいけばよいけど、だめでもそれなりに楽しみ知ることもあるので、苦にはなっていません。
現状 本日1pasにて
 
1 IC-9100 satellite mode 送受信ともデータモード(D表示) 
 
2 送信周波数 145.840MHz 
  Calsat32 ドップラー補正>送信固定に設定しても動きますので、手動で直します。
 
3 送信は無線機の許可出力目一杯(50W)
 
4 インターフェースJA0CAWさん、JE0PELさんが紹介されたものを使っています。
 
5 結果
・USB外付けサウンドボックスのスピーカーの出力(バーグラフ)の確認
・PTTによる145MHzの送信確認
・HS-Soundmodem のテキストウインドウでのアクセス確認 赤字で 
1:Fm JO1PTD To PFS3-12 <SABM C P> [10:05:40T]
1:Fm JO1PTD To PFS3-11 <UI C Pid=BB Len=7> [10:05:44T]
これだけで、前に進まず。
 
FALCONSAT 3    436.103 down 145.840 up  9k6 GMSK
11:37J   heard   FT-847
結線は変わらないので無線機をFT-847に変更したが、結果は変わらず。
Calsatが頻繁にフリーズ状態になり(3つのwindowの右上が赤で✖を表示)、しばらくするともどるが使い物にならない状態だった。ただ受信ができているときは、送信をしている。しかし、衛星は受けつけない。おまけに不法無線も出没。
 
Img_20180106_114608 ちょっとホコリがひどい。
 
13:16J  heard
アンテナの制御がうまくいかず、前回と同じ結果。信号が受信できているとき、発信はするが帰りがないです。
 
14:57J heard
アンテナ制御がうまくいかないので、IC-9100に戻しました。Calsatは正常だが、やはり同じ症状。今回は赤いランプがつかず、送信ができていなかった。あちこちスピーカーのボリュームをいじったためか、原因不明。IC-9100は適正な電圧でないと送信がストップするとの説明書にありますが。
なんだが、435.120を固定にして頻繁に不法無線が出ています。FalcobSat3の信号は強いがそれを打ち消す勢いのローカルモービルのようです。
ここで、いったん所属クラブのことをやります。止めたわけではありませんが。

2017年12月30日 (土)

FalconSat-3 wispの設定

FALCONSAT 3    436.103 down 145.840 up  9k6 GMSK
12:55J   heard
FalconSat-3 にアクセスしたが、Satellite mode にせず、送信できなかった。
問題は435Mhzで送信した可能性があるということ。
 
13:58J  heard
今度は送信できない。受信はFCDPRO+であるが、送信はIC-9100
送信動作を、HS-SMでは行っているが、145MHzで送信しない。理由は不明。
送信はIC-9100だが、前回は衛星モードにせず、たぶん145MHz帯で送信したに違いない。次回は、IC-9100のみを使って送信してみよう。
さきほど、部品の代替品を使っていたが、取り替えて再度挑戦する。
1712300456u__wisp
Devicemng
17:15J
アップリンクの周波数は赤いランプが一瞬点くので、送信はしているらしい。以前、わがコールサインが出ないので、問題あり。CQの手続きをしていないことも考えられるので、もう少し調べてみよう。
現在の送受信の手続き
受信  IC-9100 (当初 FCDPro+) 
  HS-Soundmodem   input device  ライン入力 4 USB Multi=Channel Audio Device
送信  IC-9100
  HS-Soundmodem   output device スピーカー Realtek High Definition Audio 
別に、RS232C-USBによるPTT制御。
 
1 HS-Soundmodemの起動
 Device  Settings
  Hssm_deiceset
 Modemsetthings
  Hssm_modemset
2 HW-vsp3の起動
 Hwvsp3_setting_2
 
3 Device manager の確認
 Devicemng_2
 
4 DSC.EXE の起動
 Satellite Setup → FalconSat-3 → Propaty
 Dsc__satel_falc_pro1
 Dsc__satel_falc_pro2
 Dsc__satel_falc_pro3
5 GSC.EXE → Tracking → Run Pass
5分ほど前に準備完了
待つ。
Notification の小Windowsが開く。
MSPE[FalconSat-3]が開く。  
 
6 HS-SMの画面に、テキストが流れ、その中にJO1PTDが「PFS3-11にトライしているのが赤字で表示。IC-9100の145MHz帯の送信が赤ランプで示される。
Calsat32は送信固定だが、周波数は、145.840を中心して+-1KHzで手動で設定。
なお、9k6のGMSKのため、145MHz帯もIC-9100独特のD表示をさせる(FMボタンを長押し)
 
7 MSPEにも表示される。
8 デョレクトリ表示
Viewdir
 
20:35J
1712291255u_falconsat3
送信しないときは再起動してからやるとうまくいく。

2017年12月29日 (金)

ITF-2 FALCONSAT 3

 
ITF-2    437.525     CW(A!A,F2A)  1k2 AFSK
10:55J     CW    FA2 heard
1:Fm JQ1ZTK To JQ1ZTC <UI R Pid=F0 Len=9> [10:57:33R] [+--]
HSUC€
1:Fm JQ1ZTK To JQ1ZTC <UI R Pid=F0 Len=9> [10:57:49R] [+--]
JSUC€
1:Fm JQ1ZTK To JQ1ZTC <UI R Pid=F0 Len=6> [10:58:00R] [+--]
LDDDn
1:Fm JQ1ZTK To JQ1ZTC <UI R Pid=F0 Len=170> [10:58:05R] [+--]
0023340E0D0C10181864192F35090100FFFF00D1E1067F057103050A0B121413150330FF2000004C0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000004C006E4A18340E0D0C
1:Fm JQ1ZTK To JQ1ZTC <UI R Pid=F0 Len=50> [10:58:06R] [+--]
10FF0000168000000000000000000000000000000000000000
 
CWの信号 聞き取れなかった部分がある。
JQ1ZTK  ????    ITF2  ※明確に聞こえなかったが、YUI2であるはず。
COMSYSAAAAA
S1 44 19 F2 0A
 
FALCONSAT 3    436.103   9k6 GMSK
12:55J   heard
1712291255u_falconsat3
英語モードで起動。まだこの段階。IFを製作中(というほどのものではないが).

2017年12月27日 (水)

wispの設定2

午前は歯医者、午後は昼過ぎから懇親会。

FalconSat-3の受信に間に合う。
20:37のパスに受信。HighSpeed Soundmodemでの画面を確認。
ここまではだれでも行きつくのだろう。
171227gsc_2
その後、睡魔が襲ってきて、深夜のブログ更新となった。

wispの設定

いろいろあって、集中して取り組めない。

今日夜、FalconSat-3のBBS送受信のため、HW-VSP3を設定してみた。
最終的に、仮想のポートが設定されたように思う。
Hwvsp3_runpass
明日、時間が合えば、受信くらいはできるかもしれない。
PTTの設定がまだよくわかっていない。

2017年12月19日 (火)

FalconSat-3 wisp

あいかわらず、所属団体のことをちょこちょこやっているが、一昨日あたりから、Falcon-3関連のwispの設定を始めた。まだ動作の様子がよくわからない。

最終的に、BBSを使えるようにするには、相互の交信(送受信)が必要だ。ソフトの設定のむずかしさもあって。うまくいくかわからない。
現状は、以下の流れ。
435MHz 受信 Mixw32 → vspMgr → GSC(mspe)
20171220_falcon3_wisp_r
mapでFalconsat3を表示するが、それ以外何も起きない。
Mixw32はテキストにデコードしている。
PELさんの説明では、HW_VSP3 というのがよいようだが、とりあえずもっているものでやってみたがだめだった。もっとも他の設定が駄目なこともある。
明日以降は、新しい者をdlしてやってみたい。

CVLさんの、FalconSat-3関連のブログは全部読んでみた.大変参考になったが、一気読みで消化不良を起こしている。

2017年9月23日 (土)

NOAA-18   FALCONSAT   IO-26

昨日、一昨日、長野県へ旅行。
 
 
NOAA-18    137.9125  
    FCDProplus(IF Gain 9) Orbitorn(DDE)  SDR#v1.0.0.1583) 
    WXtoIMG
06:64J  received
1709222164u_noaa18_sdr
 
09222155_noaa18
 
 
FALCONSAT 3 436.103   9k6 GMSK
12:33J 14:10J  15:49J
Twitter で話題になっていた、FALCONSAT 3を受信。簡単に受信できたが、アマチュア衛星ではないようだ。2007年の衛星らしいが、強烈な信号を発していた。
1709230510u_falconsat3
 
IO-26
14:32J heard ?
1709230532u_io26
これって、IO-26の信号か。周波数の変わり方や時刻はあっているのですが。
JASモードの信号とのことだが、以前のTNCを使わないといけないか。でも、この不安定さでは無理?
 

その他のカテゴリー

BeEagleSat_ Nayif-1 1KUNS-PF 3CAT-2 Aalto 1 AAUSAT 4 AAUSAT-5 AAUSAT2 AENEAS AGGIESAT-4 AISTECHSAT-2 AISTECHSAT-3 Al-Farabi-2 ALSAT-1N ANTELSAT AO-92 AO-92(Fox-1D) AOBA-VELOX 3 Astrocast-0.1 Astrocast-0.2 ATHENOXAT-1 BEESAT-2    BEESAT-3 BEESAT-4_ Bhutan 1 Bird B BIRD-3 BIRD-N BIRDS BISONSAT BUGSAT-1 BY70-! BY70-1 CAS-3E CAS-3G CAS-4 CHALLENGER CHOMPTT CHUBESAT-2 CHUBUSAT-2 CHUBUSAT-3 Columbia(US04)_ CP-7 CP-9(LEO) CSIM-FD CSUNSAT CubeBel-1 CUBEBUG-1 CUBEBUG-2 CUTE-1 Cute-1.7+APDⅡ D-STAR D-STAR ONE DELPHINI-1 DEORBITSAIL Diwata-2 DO-64 DTUSAT-2 DUCHIFAT DX-1 E-ST@R-II ECAMSat ELFIN-A ELFIN-B EntrySat EQUISat ESEO ESTCUBE-1 ExAlta-1 ExoCube FACSAT-1 FALCONSAT 3 FCD-PRO FIREBIRD-II FU3 FIREBIRD-II FU4 FIRSTMOVE1 FMN-1 FO-29 FOX-1A FOX-1C(Cliff) Funcube-1(AO-73) FUNCUBE-2 GO-32 GOMX-1 GOMX-3 GOX-3 Grifex HA-1 HAVELSAT HOOPOE Horyu-2 Horyuー4 IO-26 IRAZU IRVINE01  ISS ITASAT-1 ITF-2 ITUPSAT-1 JUGNU JY1SAT Kaidun-1 KAZSCISAT-1 KKS-1 KRAKSat  LightSail-2 LightSail_ LILACSAT 2 Linux,Software LITUANICASAT-2 Lucky-7 LUME-1 LUSAT(LO-19) M6P Max Valier Sat Mcubed-2 METEO-M N2 METEOR-M2-2 MicroDragon MINXSS MODIS MYSAT-1_ NANOSATC-BR1 NEXUS NIUSAT NJUST-1 NOAA15 NOAA18 NOAA19 NODES-1 NODES-2 NSIGHT-1 NUDATSAT NUDT-PHONESAT NUSATー1(LO-87)_ O/OREOS ORBITRON OrigamiSat-1 PakinsonSat PCSAT(NO-44) PERSEUS M1 PERSEUS M2 PHOENIX(TW01) PHONESAT2.4 PICSAT POLYITAN PRISM PSAT PSAT-2 PW-SAT2 PWSAT-2 QB50P1 QB50P2 Qbee RadFxSat RADIO Reaktor ROBUSTA-1B RS-30 RTL-USB S-Net SATHYABAMASAT SEEDSII Shaonian-Xing__ SiriusSAT-2 SiriusSAt-1 skCUBE SNUGLITE  SNUSAT SO-50 SOMP SPACECUBE Spooqy-1 SPROUT SRMSAT STARS-AO STARS-C STARS-KUKAI STARS-Me STEP CUBE LAB STRAND-1 SUCHAI SUOMI100   SWAYAM Swiatowid SWISSCUBE Tanusha-3 Tanusya Taurus-1 TechnoSat TENKO TianYi 2_ TIGRISAT TRITON-1 TW-1A TW-1C UBAKUSAT UCLSAT_ UKUBE-1 UNISAT-6 UNSW-EC0 UO-11 URSA-MAIOR UWE-3 UWE-4 VELOX-2 VELOX-I VZLUSAT 1 VZLUSAT 1_ wisp WSJT X-CubeSat(FR01)_ XI-IV XI-V XW-1 XW-2 ZACUBE-! その他 アマチュア無線・BCL カメラ シンポジウム・講演会 パソコン・インターネット 受信ソフト 無線クラブ 無線局申請 無線機・ラジオ 衛星受信システム AOBA-VeloxIII

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー