衛星受信システム

2019年1月19日 (土)

NEXUS モニターを上下2つに

昨日、デスクトップPCにモニターを2つつなぎ、2画面にしました。
狭かった画面が一気に広がりました。

 

Dsc_0250

 

 

トラブル

USBコントローラーのリソースが足りません というメッセージは相変わらず出ていますが、問題なく受信できています。NOAA受信も順調です。昨日のフリーズは別の原因でしょうか。

 

19日
Nexus   437.075   CW  9k6 GMSK

09:27J CW  GMSK heard

JS1YAVNEXUS04000279C64001030101010FB6
1901190027u_nexus

100以上のフレームを受信。確か、かつてのBugsatのような勢いのあるGMSKでした。

 

METEOR-M N2 137.900MHz  FUncubeDonglePro + SDR#1V1331 + QPSKv1.4 + MeteorGIS

 

07:52J    137.900 -> 137.869  decoded Bandwidth 125KHz
Utm201911975153774_rgb

 

190119_meteor_gis_sdr_gis_1

CubeBel-1  436.990 436.200 4k8/9k6GMSK,Digipeater  EU10S 43666

07:41J   heard but not decoded
このところ、どうもうまくデコードできないです。
NOAA-15     137.62MHz   FunCubeDonglePro  +  SDR#v1.0.0.1672

 

07:09J
Noaa1501182210mcir途中までしか受信されていないようです。

 

18日

Nexus   437.075   CW  9k6 GMSK
 21:56J CW  

1901181256u_nexus

 

その後、Origamisatも受信しました。
Aoba-VELOX-IVも聞きましたが、WFでは確認できませんでした。

 

METEOR-M N2 137.900MHz  FUncubeDonglePro + SDR#1V1331 + QPSKv1.4 + MeteorGIS
01/18  21:13J

 

Utm20191182196351_thermal thermal
昨夜の受信です。受信周波数を信号の山にずらして(2回ほど)受信してみましたら、Lockは外れませんでした。JA0CAWさんからBandwidthが狭いのではという指摘をいただきましたので、それもやってみたいと思います。

2018年10月 2日 (火)

アンテナの状態 NOAA-19

アンテナの状態をちょっと見てみました。問題はなさそうです。

横に黒い線が2本ありますが、手前の電線です。
181002antenna_2

 

NOAA-19   137.100  FM
15:15J
1810020615u_noaa19

 

2018年9月30日 (日)

アンテナ NOAA-19 AO-91 FUNCUBE-2 CP-7 FUNCUBE-1(AO-73)

台風が気にかかります。立川市も自主避難場所を設置したとの情報が入りました。やって来ないと現実味を感じないですが、とりあえず雨戸を全部閉めたり、物干し他の飛びやすいものを片付けました。
アンテナは、前回の台風で大丈夫でしたので、やっぱり大丈夫かと思うのですが。
夜10時頃、強風の音を聞き、陸屋根の上のアンテナをはしごから見ましたが、強い風に吹かれて、全体が揺れています。大丈夫だとは思いますが。 

NOAA15     137.62MHz    FCDPro+  +  SDR#v1.0.0.1583)

06:54J
1809292254u_noaa15

NOAA-19   137.100  FM

15:39J
1809300639u_noaa19

AO-91(RadFxSat,Fox-1B)   FM    DUV(200Hz)

uplink  435.250 MHz (67.0 Hz CTCSS)   downlink 145.960MHz FM
交信 JA6PL  JP7BNO

FUNCUBE-2  145.815  BPSK  Dashboard(v1.0.847.1)

11:58J     decoded 10   total  447  position 128
1809300539u_funcube2_dashb

約1年半ぶりの受信でした。午前中のNAYIF-1(EO-8)も動いていましたが、FUNCUBE-2も健在でした。ただ、データがいくつも空のようです。受信者もめっきり少なくなっています。次から次と新しい衛星が打ち上げられ、注目されないというところでしょうか。

CP-7  437.150CW  9k6 FSK 43615
16:25J CW  dave
データ信号は目視できたが、デコードできるほどの強さではありませんでした(自局では)。

FUNcube-1(AO-73) 145.935 BPSK

18:19J 
1809300919u_ao73dashb

こちらの衛星、信号が非常に強い。

2018年8月29日 (水)

衛星送受信の準備 (続き)

アンテナがまだきちんと動かないので、他のことをやっていた。

1 Orbitronの設定 (軌道情報、新衛星)
 
2 Calsat32のアンテナコントロールの設定 
 仰角に異常があるので、コントロールできる範囲で
 
3 受信ソフトの更新
   SDR# v1772  他 

2018年8月28日 (火)

軌道情報の更新

衛星の軌道情報の更新と新衛星の追加を行いました。
Calsat32のソフトの中で行いました。
以前、データ更新の取りこぼしが発生していたが、作者が改善したバージョンを提供いただいたので、手間が大幅に改善しました。ありがたく思います。
それでもいくつかの衛星はNORAD番号を使って新しい軌道要素を得ないと、更新されません。ソフト上で読みこむ時に、その軌道情報サイトに載っていない衛星もあるからです。
もっとうまい手があるのかもしれませんが。
中国のDSLWPは、月の軌道情報を使って受信するそうですが、まだ受信したことはありません。
最後に、7月以降、新衛星があがっているので、JE9PELさんの衛星リストを見て、稼働しているらしいものを追加しました。
EQUISat             米国
BIRD-MY             マレーシア +日本
BIRD-PH (MAYA-1)      フィリッピン +日本
BIRD-BT (BHUTAN-1)    ブータン +日本
SiriusSat-1 (SXC1-181)       ロシア
SiriusSat-2 (SXC1-182)   ロシア
Tanusha-SWSU-3 (RS-8)   ロシア
 
追記
マレーシア、フィリピンブータンと日本の九州工業大学が共同開発した3つの衛星の情報

2018年2月13日 (火)

新PCによる受信体制

久々の記録となる。

 
衛星受信などの趣味をやらなかったわけではないが、記録するほどのことはしていないので、書かなかった。
 
昨日、新しく衛星用として位置付けたデスクトップ(従来の手持ち品)をW10にアップグレードした。
今日は、W7風にするためのユーティリティをインストールしてから、以下の作業を行う。
 
1 Officeソフトのインストール、
2 前のPCのマイドキュメントを新PCにコピー
3 FCBの認識の確認
4 SDR#の動作確認
5 Orbitronの動作とSDR#との連携確認
6 Audacity のインストール
 
ここまでは順調だったが、AGWOnlineKissの動作確認で、OCXファイルの登録を求められ、DK3WNさんがまとめて提供されているOCXファイルを登録した。
 
ところが、MSCOMCTL.OCXが新たに求められる。このファイルのあり場所は分かったが、dos窓(管理者)で登録しても、エラーが出て、これ以上進まない。
明日はそれ以外を 

2018年1月 6日 (土)

FalconSat-3 wispの設定 その3

遅ればせながら、

 明けましておめでとうございます。
年末年始といつもと同じように過ごしましたが、いくつかのおめでたいことがあり、うれしいスタートになりました。
本ブログは不定期の記録になりそうですが、無理をしないでのんびりいきます。よろしくお願いします。
このところ、FalconSat3のBBSアクセスにかかりきりですが、成果はありません。先輩各局に質問をし返信をいただきましたが、それに応えられていないのが残念です。
うまくいけばよいけど、だめでもそれなりに楽しみ知ることもあるので、苦にはなっていません。
現状 本日1pasにて
 
1 IC-9100 satellite mode 送受信ともデータモード(D表示) 
 
2 送信周波数 145.840MHz 
  Calsat32 ドップラー補正>送信固定に設定しても動きますので、手動で直します。
 
3 送信は無線機の許可出力目一杯(50W)
 
4 インターフェースJA0CAWさん、JE0PELさんが紹介されたものを使っています。
 
5 結果
・USB外付けサウンドボックスのスピーカーの出力(バーグラフ)の確認
・PTTによる145MHzの送信確認
・HS-Soundmodem のテキストウインドウでのアクセス確認 赤字で 
1:Fm JO1PTD To PFS3-12 <SABM C P> [10:05:40T]
1:Fm JO1PTD To PFS3-11 <UI C Pid=BB Len=7> [10:05:44T]
これだけで、前に進まず。
 
FALCONSAT 3    436.103 down 145.840 up  9k6 GMSK
11:37J   heard   FT-847
結線は変わらないので無線機をFT-847に変更したが、結果は変わらず。
Calsatが頻繁にフリーズ状態になり(3つのwindowの右上が赤で✖を表示)、しばらくするともどるが使い物にならない状態だった。ただ受信ができているときは、送信をしている。しかし、衛星は受けつけない。おまけに不法無線も出没。
 
Img_20180106_114608 ちょっとホコリがひどい。
 
13:16J  heard
アンテナの制御がうまくいかず、前回と同じ結果。信号が受信できているとき、発信はするが帰りがないです。
 
14:57J heard
アンテナ制御がうまくいかないので、IC-9100に戻しました。Calsatは正常だが、やはり同じ症状。今回は赤いランプがつかず、送信ができていなかった。あちこちスピーカーのボリュームをいじったためか、原因不明。IC-9100は適正な電圧でないと送信がストップするとの説明書にありますが。
なんだが、435.120を固定にして頻繁に不法無線が出ています。FalcobSat3の信号は強いがそれを打ち消す勢いのローカルモービルのようです。
ここで、いったん所属クラブのことをやります。止めたわけではありませんが。

2017年10月 8日 (日)

GOMX-1

方向角のローテーターの調子が悪く、45度、30度までなど北の方角に回らない。また360度以上は+90度までは回るが、45くらいまでしか回らない。

どうするか検討中。
 
GOMX-1  437.250 1k2/2k4/4k8/9k6  GMSK
15:34J      4k8bps heard
1710080634u_gomx1_2
 
全市全郡コンテスト
久々に,1.2GHz、2.4GHzを聞いてみた。
前者はまあまあ聞こえていたが、後者はさっぱり。
夕方になって、クラブ局が2427.02MHzで波を出し始めたので、コールした。
このバンド、ほとんど聞こえないので、無線機かアンテナが壊れているのではないかと不安になる。捕ってくれたので一安心する。
 

2017年9月 1日 (金)

軌道情報の更新

今日は久々に軌道情報の更新を行ったが、どうもCalsat32の「軌道要素ファイルの更新」を行っても、サイトのテキストファイルを全部読み切れないようだ。再インストールしたが、同じ症状が出る。

仕方がないので、N2YOのサイトでナンバーを入力してデータを取得し、コピーした。正に手作業であった。

2016年5月15日 (日)

HORYU-4   TIGRISAT の受信 DRAKE2880の調査

また新しい衛星が放出されたり、打ち上げられるらしい。なかでもSTMSAT-1というのはSSTVを送ってくるようだ。日本上空も大丈夫かな。
The satellite, a 1U CubeSat called STMSat-1, will transmit a SSTV
Robot36 mode signal on 437.800 MHz.
(AMSATのmlより)
HORYU-4  437.375   CW  1200 AFSK 9600bps GMSK  Digimusic
22:05J    CW AFSK
1605151305u_horyu4_afsk
久々に聞いた。
主にCWを受信したが、録音に失敗した。AFSKのデコードは信号が弱くて難しそうだが、CWは結構強い。
TIGRISAT  435.500  9600bps GMSK 
    High-Speed SoundModem v0.03b  + Online Telemetry Forwarder
22:36J     49frames  received
1605151336u_tigrisat_sdr
こちらも結構強い信号だった。専用のデコーダーを使いたいところだが。

その他のカテゴリー

BeEagleSat_ Nayif-1 1KUNS-PF 3CAT-2 Aalto 1 AAUSAT 4 AAUSAT-5 AAUSAT2 AENEAS AGGIESAT-4 AISTECHSAT-2 AISTECHSAT-3 Al-Farabi-2 ALSAT-1N ANTELSAT AO-92 AO-92(Fox-1D) AOBA-VELOX 3 Astrocast-0.1 Astrocast-0.2 ATHENOXAT-1 BEESAT-2    BEESAT-3 BEESAT-4_ Bhutan 1 Bird B BIRD-3 BIRD-N BIRDS BISONSAT BUGSAT-1 BY70-! BY70-1 CAS-3E CAS-3G CAS-4 CHALLENGER CHOMPTT CHUBESAT-2 CHUBUSAT-2 CHUBUSAT-3 Columbia(US04)_ CP-7 CP-9(LEO) CSIM-FD CSUNSAT CubeBel-1 CUBEBUG-1 CUBEBUG-2 CUTE-1 Cute-1.7+APDⅡ D-STAR D-STAR ONE DELPHINI-1 DEORBITSAIL Diwata-2 DO-64 DTUSAT-2 DUCHIFAT DX-1 E-ST@R-II ECAMSat ELFIN-A ELFIN-B EntrySat EQUISat ESEO ESTCUBE-1 ExAlta-1 ExoCube FACSAT-1 FALCONSAT 3 FCD-PRO FIREBIRD-II FU3 FIREBIRD-II FU4 FIRSTMOVE1 FMN-1 FO-29 FOX-1A FOX-1C(Cliff) Funcube-1(AO-73) FUNCUBE-2 GO-32 GOMX-1 GOMX-3 GOX-3 Grifex HA-1 HAVELSAT HOOPOE Horyu-2 Horyuー4 IO-26 IRAZU IRVINE01  ISS ITASAT-1 ITF-2 ITUPSAT-1 JUGNU JY1SAT Kaidun-1 KAZSCISAT-1 KKS-1 KRAKSat  LightSail-2 LightSail_ LILACSAT 2 Linux,Software LITUANICASAT-2 Lucky-7 LUME-1 LUSAT(LO-19) M6P Max Valier Sat Mcubed-2 METEO-M N2 METEOR-M2-2 MicroDragon MINXSS MODIS MYSAT-1_ NANOSATC-BR1 NEXUS NIUSAT NJUST-1 NOAA15 NOAA18 NOAA19 NODES-1 NODES-2 NSIGHT-1 NUDATSAT NUDT-PHONESAT NUSATー1(LO-87)_ O/OREOS ORBITRON OrigamiSat-1 PakinsonSat PCSAT(NO-44) PERSEUS M1 PERSEUS M2 PHOENIX(TW01) PHONESAT2.4 PICSAT POLYITAN PRISM PSAT PSAT-2 PW-SAT2 PWSAT-2 QB50P1 QB50P2 Qbee RadFxSat RADIO Reaktor ROBUSTA-1B RS-30 RTL-USB S-Net SATHYABAMASAT SEEDSII Shaonian-Xing__ SiriusSAT-2 SiriusSAt-1 skCUBE SNUGLITE  SNUSAT SO-50 SOMP SPACECUBE Spooqy-1 SPROUT SRMSAT STARS-AO STARS-C STARS-KUKAI STARS-Me STEP CUBE LAB STRAND-1 SUCHAI SUOMI100   SWAYAM Swiatowid SWISSCUBE Tanusha-3 Tanusya Taurus-1 TechnoSat TENKO TianYi 2_ TIGRISAT TRITON-1 TW-1A TW-1C UBAKUSAT UCLSAT_ UKUBE-1 UNISAT-6 UNSW-EC0 UO-11 URSA-MAIOR UWE-3 UWE-4 VELOX-2 VELOX-I VZLUSAT 1 VZLUSAT 1_ wisp WSJT X-CubeSat(FR01)_ XI-IV XI-V XW-1 XW-2 ZACUBE-! その他 アマチュア無線・BCL カメラ シンポジウム・講演会 パソコン・インターネット 受信ソフト 無線クラブ 無線局申請 無線機・ラジオ 衛星受信システム AOBA-VeloxIII

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー