« METEOR-M N2 JY1SAT 1 | トップページ | METEOR-M N2  ISS  CSIM-FD »

2019年4月20日 (土)

IC-9700の使い方

Ic9700up FOー29の受信時のスコープ、そのときの衛星バンドの状態が分かります。

このところ、いろいろと多忙でゆとりをもって趣味ができないでいます。

昨日今日は、5歳の孫が来ていて、相手をしました。また、通院などもありました。

今日午後はIC-9700について動作を確認しました。前回、PCがないと十分に楽しめないと書きましたが、いい加減なコメントでした。まだよく分からないのに、書いてはいけないです。また最新の機械で窓(スペクトラムスコープ)があるものは初めてなのですが、使い方がよく分からず、説明書を見ながらやりたいことができるようにしたいと思います。とりあえず、外出先で、説明書を読みました。

現状で困っていることは、1k2AFSKのデコードはOKですが、9K6のGMSKがデコードできません。データ通信の出力は、USB、ACC、LAN、DATAでできるようです。これかなと思うところを設定して、APRS信号をHSーSoundModemで受信しましたがだめでした。
ネット上で情報を探してみましたが、見当たりません。ということで、ICOMに現在問い合わせをしています。

スペクトラムスコープは、便利です。例えば、FO-29で、どれくらいの局がどこに(周波数)どんなモードで出ているかがすぐわかります。まだ送信はできませんが、自分のエコーの確認にも使えます。受信のみの衛星には、通常メモリーを使えば、メモリースコープで適切な周波数に調整できるはずです。
また、今自局のアンテナは西回りは、20~40度位の誤差があって苦労していますが、信号の強さで手動修正ができます。

他の機能もたくさんあり、まだ使いこなすには時間がかかりそうです。
GMSKはできませんといわれたら、がっかりです。

 

 

« METEOR-M N2 JY1SAT 1 | トップページ | METEOR-M N2  ISS  CSIM-FD »

アマチュア無線・BCL」カテゴリの記事

無線機・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« METEOR-M N2 JY1SAT 1 | トップページ | METEOR-M N2  ISS  CSIM-FD »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー