« NOAA-15    METEOR-M N2 CubeBel-1 | トップページ | METEOR-M N2   NOAA-18 »

2018年11月20日 (火)

NOAA-15  METEOR-M N2

午前中に、居間のエアコン工事の業者の下見がありました。
このエアコン、18年前に、3台の新規で付けたうちの1つです。10月頃、暑さが一時戻ったとき動かなくなったので、フィルターをいじっていたら復活しました。でも多分これが限界かなと取り替えることにしました。新しい機械は、図体が大きくなり、電気使用量など改善しているようです。残りの2台はまだまだ元気な様子です。
 
NOAA-15     137.62MHz   RTL-SDR.com V3  +  SDR#v1.0.0.1672
07:14J
Noaa1511192214mcir
途中のノイズは、アンテナを自動運転にしたためですが、西回りは方位の角度のずれが大きく、信号が弱くなってしまいました。45度くらいに上がれば問題ないようです。Calsat32には、ずれを一時的に補正する機能(バーを調整する。これは常用しています)としっかりデータをとって補正してローテーターを制御する機能の二つがありますが、後者はまだその使い方よくわからないでいます。
 
METEOR-M N2 137.900MHz   RTLSDRcomv3  +  SDR#1V1331 + QPSKv1.4 + MeteorGIS
08:03J 仰角 22度
Utm201811207451449_rgb
09:23J 仰角 30度
Utm201811207451449_rgb_2
 前回(1時間39分前)の画像との合成画面
元画像は横5741、縦5563の巨大なJPGデータです。主立った都市の名前が表示されています(日本はTokyoのみ)。自局位置も設定で表示できるそうですが、なぜか現状は福岡あたりに赤+マークがあります。
 
181120meteor_gis_sdr_gis_4
先日、JE1CVLさんより、MeteorGISのファイルをいただきまして、昨日から使い方について調べましたが、なんとか本日1回目のパスの受信で再生に成功しました。CVLさん、そのもとの情報を提供いただいた、JA0CAWさん、ありがとうございます。また、このプログラムを提供いただいているTofさんでしょうか、ありがとうございます。
2回目パスの受信後
上記のスペクトラム画面の信号強度はまだいい方で、通常は真っ赤な柱になっています。もっと利得を調整で落とした方がいいかなと思っています。
Dos窓のMeteoGISの方、PC(i5 2540のレッツノート、メモリー8GBですが)の能力が低いのか、えんえんと計算し続け、12分ほどかかりました。
 

« NOAA-15    METEOR-M N2 CubeBel-1 | トップページ | METEOR-M N2   NOAA-18 »

アマチュア無線・BCL」カテゴリの記事

XI-V」カテゴリの記事

METEO-M N2」カテゴリの記事

NOAA15」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NOAA-15  METEOR-M N2:

« NOAA-15    METEOR-M N2 CubeBel-1 | トップページ | METEOR-M N2   NOAA-18 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー