« FalconSat-3 wispの設定 | トップページ | AO-92(Fox-1D) »

2018年1月 6日 (土)

FalconSat-3 wispの設定 その3

遅ればせながら、

 明けましておめでとうございます。
年末年始といつもと同じように過ごしましたが、いくつかのおめでたいことがあり、うれしいスタートになりました。
本ブログは不定期の記録になりそうですが、無理をしないでのんびりいきます。よろしくお願いします。
このところ、FalconSat3のBBSアクセスにかかりきりですが、成果はありません。先輩各局に質問をし返信をいただきましたが、それに応えられていないのが残念です。
うまくいけばよいけど、だめでもそれなりに楽しみ知ることもあるので、苦にはなっていません。
現状 本日1pasにて
 
1 IC-9100 satellite mode 送受信ともデータモード(D表示) 
 
2 送信周波数 145.840MHz 
  Calsat32 ドップラー補正>送信固定に設定しても動きますので、手動で直します。
 
3 送信は無線機の許可出力目一杯(50W)
 
4 インターフェースJA0CAWさん、JE0PELさんが紹介されたものを使っています。
 
5 結果
・USB外付けサウンドボックスのスピーカーの出力(バーグラフ)の確認
・PTTによる145MHzの送信確認
・HS-Soundmodem のテキストウインドウでのアクセス確認 赤字で 
1:Fm JO1PTD To PFS3-12 <SABM C P> [10:05:40T]
1:Fm JO1PTD To PFS3-11 <UI C Pid=BB Len=7> [10:05:44T]
これだけで、前に進まず。
 
FALCONSAT 3    436.103 down 145.840 up  9k6 GMSK
11:37J   heard   FT-847
結線は変わらないので無線機をFT-847に変更したが、結果は変わらず。
Calsatが頻繁にフリーズ状態になり(3つのwindowの右上が赤で✖を表示)、しばらくするともどるが使い物にならない状態だった。ただ受信ができているときは、送信をしている。しかし、衛星は受けつけない。おまけに不法無線も出没。
 
Img_20180106_114608 ちょっとホコリがひどい。
 
13:16J  heard
アンテナの制御がうまくいかず、前回と同じ結果。信号が受信できているとき、発信はするが帰りがないです。
 
14:57J heard
アンテナ制御がうまくいかないので、IC-9100に戻しました。Calsatは正常だが、やはり同じ症状。今回は赤いランプがつかず、送信ができていなかった。あちこちスピーカーのボリュームをいじったためか、原因不明。IC-9100は適正な電圧でないと送信がストップするとの説明書にありますが。
なんだが、435.120を固定にして頻繁に不法無線が出ています。FalcobSat3の信号は強いがそれを打ち消す勢いのローカルモービルのようです。
ここで、いったん所属クラブのことをやります。止めたわけではありませんが。

« FalconSat-3 wispの設定 | トップページ | AO-92(Fox-1D) »

FALCONSAT 3」カテゴリの記事

アマチュア無線・BCL」カテゴリの記事

衛星受信システム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218775/66246882

この記事へのトラックバック一覧です: FalconSat-3 wispの設定 その3:

« FalconSat-3 wispの設定 | トップページ | AO-92(Fox-1D) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー