« Gpredict のインストール direwolf のインストールと動作確認 | トップページ | Gqrx Direwolf の連携  NO-84(PSAT) »

2016年8月 5日 (金)

Gpredit  Gqrx の設定  船舶気象通報を聞く

Direwolfの設定のインストールを行っているが、うまくいかないので、Linuxの勉強を始めた。理解力もさることながら、あきっぽいのでものになるかどうか。

4日

Gpreditの設定を行った。

Gpredictの周波数制御画面はOKだが、本体のGqrxの周波数がコントロールされない。
Gqrxの「Remote control settings」とGPREDICT、Preferencenoの「Interfaces」の項目を一致させて設定したがだめだった。
Gqrx_gpred1
右側はGpredictだが、たくさん登録しすぎでお遊び。
Calsat32のように、グループ化が可能と思われる。
PredictはNOAA15を受信設定し、周波数も変動している。
問題は、Gqrxの周波数はコントロールされていない。それぞれの設定をすませたはずだが。
 
5日
JARLのニュースマガジンで、
中短波帯の船舶気象通報(海上保安庁)が9月30日でサービス終了
との情報があり、にわかに受信。
20時15分開始  
 ○船舶気象通報局(1,670.5kHz、H3E) IC-9100
 ○終始、パタパタという例のノイズが聞こえていた。
20:19 八丈島(毎時19分50秒~21分30秒)
 こちらは八丈島、八丈島、八丈島 、、、、波弱く、、、、  さようなら  女性の声
21:21 
 こちらは野島崎灯台  (後は聞き取れない)
21:23頃  かすかに聞こえるが、言葉として聞き取れない。時刻からすると犬吠埼のようだ。
2時間聞いたところで終了。コンディションがいいのか悪いのか分からなかったが。
聞いている間に、ウェブサイトで海上保安庁の海・沿岸を守るシステムの一部を見た。

« Gpredict のインストール direwolf のインストールと動作確認 | トップページ | Gqrx Direwolf の連携  NO-84(PSAT) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218775/64010706

この記事へのトラックバック一覧です: Gpredit  Gqrx の設定  船舶気象通報を聞く:

« Gpredict のインストール direwolf のインストールと動作確認 | トップページ | Gqrx Direwolf の連携  NO-84(PSAT) »