« FOX-1A(AO-85) 受信 | トップページ | AO-85(Fox 1A) の受信 »

2016年1月 8日 (金)

AO-85(Fox 1A) の受信

今日はちょっと片付けをしてから、WSJTの設定に取り組む。
夜は所属クラブの総会でお出かけ。
QEXのNO10のWSJTの特集に従って進めた。チンプンカンプンの設定項目が多いが、おまじないと思って進めた。
とりあえず、受信をやってみたいと挑戦した。JT65Cモード、144.460付近で、一瞬デコードの水色のシグナルが点くが、デコードまでには至らない。周波数の調整が結構難しい。
このところ考えているのは、FCDやRTL-USBではなくても、高い周波数を受信できてSDR#などのWF表示ができる方法はないかということ。
 
FOX-1A(AO-85) 
Beacon 145.980(FM)  Voice up 435.180 down 145.980
Funcubedongle+Foxtelem(v1.02b)
17:29J      mel  21    31 frames decoded(Total 5048)
JA 4局  なかなか信号送出がない。後半にやっと連続送信になった。

« FOX-1A(AO-85) 受信 | トップページ | AO-85(Fox 1A) の受信 »

FOX-1A」カテゴリの記事

WSJT」カテゴリの記事

アマチュア無線・BCL」カテゴリの記事

コメント

WSJTはじめられたようですね。JT65では、よく出ている周波数が決まっています。
7.076、14.076、21.076、28.076MHz でよく聞こえます。
モードは、必ずUSBにしてください。
ただし7.076MHzは海外とのQSOはOKですが、国内局とのQSOは
バンドプランでNGですので、注意が必要です。
できれば、WSJTXのほうが使いやすいです。
デコードの水色のシグナル?は、毎分、46秒くらいで、1舜点灯します。
信号のあるなしにかかわらずです。
送信する場合は、毎分、00秒からですので、
10秒くらいしか余裕がありませんので、焦らず慣れることです。
リグコントロールや、Hamlogにログを転送するのに、WSJTXのほうが楽です。
転送ソフトは、
http://ja2grc.dip.jp/~ja2grc/my_software/my_software.htm#JT_Linker

ここからD/Lして、設定してください、WSJTXだとめんどくさい周波数の入力も
リグコントロールしていれば、それも転送されます。もしわからないことがありましたら
またご連宅ください。

7年前の記事 on WSJT7-JT65C
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr629.htm

新しい記事 on WSJT10-JT65B
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr847.htm

JK1OHLさん いつもアドバイスをありがとうございます。いただいた周波数と私の参考書で知ったものはちょっと違うようです。本は古いのでしょうか。
いずれにしてもやはり初めは先輩の助言に従うのが近道でしょう。WSJTXの方を覗いてみます。
現段階では、IC-9100の後のdata2ソケットをつなぎ、後はJT65Cで、144.460あたりを受信しただけですが、やはり、受信のタイミングなど、今回いただいた点などわすれていました。徐々に進んでいきます。

JE9PELさん 衛星通信だけでなく、WSJTの記事も書かれていたんでsね。恐れ入りました。読ませてもらいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218775/63027724

この記事へのトラックバック一覧です: AO-85(Fox 1A) の受信:

« FOX-1A(AO-85) 受信 | トップページ | AO-85(Fox 1A) の受信 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31