« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

衛星受信  XI-V AFSK SPROUTのCW、AFSK

昨日から以前入手し飾っておいたMACBOOKを居間に置いて使おうと思ったら、バッテリーがありません、と出て、アダプターをつながないと使えない。
おまけに、マウスは、ポインタとして位置は示すが、クリックしても反応がない。後者はネットで調べて対応したが、しばらくするとまた元の症状に戻る。困った。

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
05:23J    mel  71  AFSK   4759bytes    ステイタス情報
17:22、19:00、04:23、06:00と連続で画像取得を行うらしい。

早朝はちょっと難しいが、なんとか。
それにしても、今朝の3:47のパスでも地上局の報告がなされている。
自動運転・記録されるのか、一度聞いてみたい。

17:22J    mel 34  AFSK 4235bytes    STATUS情報 のみ
1506300822u_xiv_statusdcr

19:00J  mel 20  1848bytes  STATUS情報

<カメラカウンターの数値>
地上局のAOS:03:47の報告 OBC時刻:2015 / 6 / 30  03:49:41 「5」
         05:22           2015 / 6 / 30  05:35:24 「4」
数値が変わっているということは、この時間の間に撮影したということか。
ステイタス情報のソフトの説明

・カメラカウンタ   
XI-Vがカメラを起動した回数を示します.画像を撮影した場合や,カメラの設定値を変更する際にカウンタが増えます.

SPROUT   437.525 CW  1200bpsAFSK、9600bpsGMSK
 
    437.600 1200bpsAFSK  SSTV DIGITALKER
21:56J      mel  11    CW 
JQ1ZJQ SPROUT G7 BD8
                               BD9
                               ---
                               BD7
                               ---
                              ?BB
                              BDF
                              BD8
                              B?7
                              ?D0
                              BDF
---------------------
---------------------
PR 00C? A800003K ?? ?D?

Kなどは入ってはいけない文字だが、そう聞こえてしまった。?にすべきだったか。

23:30J  mel 53  AFSK 35kbytes  Test FM データのダウンロード

2015年6月29日 (月)

衛星受信  SPROUT CW  AFSK

SPROUT   437.525 CW  1200bpsAFSK、9600bpsGMSK
 
    437.600 1200bpsAFSK  SSTV DIGITALKER
10:47J      mel    CW    heard   
JQ1ZJ  SPROUT G7 E91
ノイズのなかのDEFを1つだけとらえた。

12:22J   mel 43  CW heard
JQ1ZJQ SPROUT G7

F36
EF4
F95
F6?
?74
---

F80
F54

---
E73
DE3
---

E58
やっぱり信号が弱い、からと言って何もしない訳にはいかない。

AFSKの送信はなかったように思われるが。
21:40J    mel  7   CW ほとんど読み取れなかったが、以下は大丈夫かもしれない?
DEF  BC1  BC8  BCB  

23:13J  mel 81  AFSK  受信データ 37kbytes
夜の送信は、AOS時間と同時に下りてくる。
CWは信号が弱いが、AFSKはとても強力。

「1506291413U_SPROUT_AFSK_2.mp3」をダウンロード

きれいなAFSK音(9つのフレーム)で、専用ソフトにかけるとデコードします。
専用ソフトは、次のサイトにあります。但し、TNCが必要です。ソフトTNCでもよいかもしれませんが。
SPROUTの解析ソフトウェア

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
16:48J     mel  13     AFSK  1718bytes    P,D情報
18:22J     mel  48     CW heard

2015年6月28日 (日)

衛星受信  SPROUT CW  AFSK のみ

お孫さんが一泊して、いつもの2人だけでない2日間を過ごした。
昨日、本屋さんの店を見て宇宙望遠鏡がほしいと言い出したので、トミカの音の出る本と一緒に買う。いつもより高額であるが、、、、。

今日は、東大和のプラネタリウムに行き、3人で観る。車で15分未満にあるのだが、今まで知らなかった。若い夫婦と小さな子供が多かった。土・日はちゃんとしたプログラムを組んでいるようなので、たまには行きたい。

お孫さんを無事に送り届けて、午後は疲れをとった。

衛星は、XI-Vの画像取得がほとんどない。次回は明日月曜の夕方か?こちらは遊びだから別にいいのですが。

SPROUT   437.525 CW  1200bpsAFSK、9600bpsGMSK
 
    437.600 1200bpsAFSK  SSTV DIGITALKER
21:25J   mel 3    CW herad
JQ1ZJQ SPROUT G7 BC8
                               BD?
                               ?CF
                               C77
                               ?FF

仰角が低く、なかなか聞き取れなかった。不法無線がないのはよかった。
22:57J      mel  58    AFSK  AOSのタイミングとほぼ同じに、CWはなく、信号が入ってきた。
強い信号であったが、最後の5分はデコードできなかった。
アンテナが十分に調整されていないことと、衛星の向きが関係していると思われる。また、今回のコースは方向角を100%回転させなければいけないこともある。

1506281357u_sprout_afsk_decoderv101

2015年6月27日 (土)

衛星受信  XI-V  P,D data他

今日はお孫さん(長男)のお泊り。久し振りで、本人は修学旅行気分。でも以前より自分で遊ぶようになった。

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
05:09J      mel  78      AFSK  3178bytes    P,D情報  P1,D1,D6,P7はアンテナが1回転するコースだったので、とれず。
17:08J      mel  24    AFSK  3066bytes  ステイタス情報
18:46J   mel 28    AFSK   5265bytes  太陽電池関連センサ詳細履歴


SPROUT   437.525 CW  1200bpsAFSK、9600bpsGMSK
 
    437.600 1200bpsAFSK  SSTV DIGITALKER
11:50J      mel  72      CW heard   
22:40J      mel  37      CW    AFSK  いずれも437.525
DEF(電圧値) を読み取る。最後に短時間流れたAFSKは信号弱くデコードできず。

2015年6月26日 (金)

衛星受信  SPROUT AFSK

今日は出かけたり、他のことをやったりして多忙であった。
忙しいとミスも出て、他人jに迷惑をかけてしまった。

あわてず、間違いなく事を進めたい。

SPROUT   437.525 CW  1200bpsAFSK、9600bpsGMSK
          
    437.600 1200bpsAFSK  SSTV DIGITALKER
11:33J  mel 44  CW  AFSK(437.600)  昨日と同様のデコード
22:25J           24     CW  heard   AFSK not heard

JQ1ZJQ  SPROUT G7  BCC
JQ1ZJQ  SPROUT G7  BC8
JQ1ZJQ  SPROUT G7  BCB
 
00:01J     23   AFSK   専用ソフトでデコード
1506261501u_sprout_afsk_decoderv101

2015年6月25日 (木)

衛星受信  SPROUT CW  SRMSAT CW

今日は、故障していたメインPCを変えて、別途入手し稼働を始めたレッツノート(CF-B10)にメールソフトをインストールしデータ移行をした。
キーボード・マウス・モニターをつなぎ、本体は蓋をしたまま動作させているが、場所をとらず非常にいい。

Img_1123
ノートPCには7口のUSBハブをつなぐ。あと1口はスキャナをつないでいっぱい。

今日は、所属クラブの実務も行った。

SPROUT   437.525 CW  1200bpsAFSK、9600bpsGMSK
          
    437.600  SSTV DIGITALKER
11:17J      mel 28   CW  heard  テキスト化可能だと思い、録音再生で作業をしたが、途中から信号が飛んだり無音になったりで、作業を中止した。CWのフォーマットが変わったように思う。
12:53J      mel 20    CW  heard   非常に弱く、最後の数分間は読めた。
22:09J   mel 16 CW heard  JA0CAWのブログでは、昼の第2パスでは437.600でデータを流したとのことだ。予告と違う
が、そちらも見る必要があるのか。
23:44J      mel 38   437.25 CW  437.60 1200bpsAFSK
確かに、437.600MHzでデータ送信をしていた。通常のAFSKではない音である。大変強い信号だった。専用のデコードソフトにかけて受信。


Downlink Data Analysis(CW/TEST FM)  の欄

FM DL 【CMD:82】2015/06/25 23:50:40(JST)
SAT TIME:0[sec.]
Buss I:-0.002[A]
Buss V:-0.001[V]
CELL+X I:0.003[A]
CELL-X1 I:8.889[A]
CELL-X2 I:8.889[A]
CELL-Y1 I:8.889[A]
CELL-Y2 I:8.889[A]
CELL-Y3 I:8.889[A]
CELL+Y1 I:8.889[A]
CELL+Y2 I:8.889[A]
CELL+Y3 I:8.889[A]
CELL+Z1 I:8.889[A]
CELL+Z2 I:8.889[A]
CELL+Z3 I:8.889[A]
CELL-Z1 I:8.889[A]
CELL-Z2 I:8.889[A]
CELL-Z3 I:8.889[[A]
SAT+X T:102.078[℃]
SAT+Y T:98.518[℃]
SAT+Z T:99.196[℃]
SAT-X T:98.310[℃]
SAT-Y T:98.518[℃]
SAT-Z T:98.718[℃]
BAT1 T103.510[℃]
BAT2 T103.712[℃]
TX1 T:100.998[℃]
TX2 T:100.850[℃]
RX1 T:100.039[℃]
RX2 T:98.527[℃]
GYRO-X T:106.606[℃]
GYRO-Y T:100.100[℃]
GYRO-Z T:108.419[℃]
MGS T:95.411[℃]
VLV1 T:98.866[℃]
VLV2 T:102.031[℃]
CDH1 T:109.008[℃]
CDH2 T:100.087[℃]
FMR1 T:102.712[℃]
ADC T:100.719[℃]
CAM3 T:92.316[℃]
FB T:107.672[℃]
TUBE1 T:105.034[℃]
TUBE2 T:100.629[℃]
PLB IN T:98.970[℃]
SM T:103.691[℃]
PressS Prime:-5.050[kPa]
PressS Second:-0.050[kPa]
GEOS X:0.000[gauss]
GEOS Y:0.000[gauss]
GEOS Z:0.000[gauss]
GEOS Ref:-0.001
GyroS X:2.204[rad/s]
GyroS Y:2.200[rad/s]
GyroS Z:2.211[rad/s]
SUNS1+X V:0.311[V]
SUNS1-X V:0.311[V]
SUNS1+Y V:0.311[V]
SUNS1-Y V:0.311[V]
SUNS2+X V:0.311[V]
SUNS2-X V:0.311[V]
SUNS2+Y V:0.311[V]
SUNS2-Y V:0.311[V]
SUNS3+X V:0.311[V]
SUNS3-X V:0.311[V]
SUNS3+Y V:0.311[V]
SUNS3-Y V:0.311[V]
SUNS4+X V:0.311[V]
SUNS4-X V:0.311[V]
SUNS4+Y V:0.311[V]
SUNS4-Y V:0.311[V]
SUNS5+X V:0.311[V]
SUNS5-X V:0.311[V]
SUNS5+Y V:0.311[V]
SUNS5-Y V:0.311[V]
SUNS6+X V:0.311[V]
SUNS6-X V:0.311[V]
SUNS6+Y V:0.311[V]
SUNS6-Y V:0.311[V]
AUTO SHUNT:OFF
FORCE SHUNT:OFF
ADC:OFF
CAM12:OFF
CAM3:OFF
RTC RST:255[times]
FMR1 RST:255[times]
FMR2 RST:255[times]
EPS RST:255[times]
CW RST:255[times]
CDH1 RST:255[times]
CDH2 RST:255[times]
INF RST:255[times]
ADC RST:255[times]
CAM1 RST:255[times]
CAM2 RST:255[times]
CAM3 RST:255[times]

SRMSAT      437.425  CW  Beacon  437.500 Downlink   FM  2400bps AX.25
21:03J      mel  11    CW  received
SRMVUCZZPCC
インドの大学の衛星 2011年10月

2015年6月24日 (水)

衛星受信  SPROUT 昨夜のCW  AFSKの受信は?

今日もお孫さんを保育園から引き取り、午後一緒に過ごす。今日で3日目。
3日目ともなると、だんだん慣れてきて、自分の主張を出す(2歳といえども)。付き合い方を考えなくては。

SPROUT   437.525 CW  1200bpsAFSK、9600bpsGMSK
          
    437.600  SSTV DIGITALKER
24日 00:50J       mel 5  CW 

JQ1ZJQ SPROUT G7 B4C 5 01F 002

JQ1ZJQ SPROUT G7 B4C 5 009 003

JQ1ZJQ SPROUT G7 B44 5 009 000

JQ1ZJQ SPROUT G7 B3F 5 0?7 002

JQ1ZJQ SPROUT G7 B3E ? 00A 004

JQ1ZJQ SPROUT G7 B41 5 00C 000

JQ1ZJQ SPROUT G7 BB8 ? 008 000

JQ1ZJQ SPROUT G7 B21 5 00A 001

? -> 録音が不鮮明で聞き取りできず。

11:01J   mel 18  CW 信号が弱く聞き取れず。地上音声FM波もあり、それでなくても弱い信号がさらに聞き取れなくなっている。

21:53J   mel 11  CW (DEFデータ)  22:00J~ AFSK  heard
CWは再生すれば、なんとかテキスト化できる。

<AFSKデータの処理>
IC-9100 -> SATPC(SP out) -> TNC555 
  -> SATPC(SPROUTSoftware1.01、つなたーむ)
しかし、信号強度が低く、デコードできなかった。日頃、XI-Vの画像受信でAFSKにはなじんでいるが、この強度ではできないと思った。アンテナの能力の問題!次回に期待。

「1506241253U_SPROUT_AFSK_misin.mp3」をダウンロード

23:27J   mel 57  AFSK 強力な信号がダウンされた。多分管制局でも受信できたはずである。ただ、自局のSPROUTソフトウェアのデコード率はよくない(つなたーむではまあまあよいのだが、使えない)。管制局の結果を待ちたい。

「1506241427U_SPROUT_AFSK_misin_2.mp3」をダウンロード


XI-V(CO-58) 
 
437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
16:55J   mel 17   太陽電池関連センサ詳細履歴

18:32J   mel 39   AFSK 2961bytes  ステイタス情報
1506240932u_xiv_statusdcr

2015年6月23日 (火)

衛星受信  XI-V CW SPROUT CW 膜面展開成功か!

ブログのシステムがメンテナンスで9~15時まで、アクセスできなかった。

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
05:58J      mel 31    CW  received
「1506222058U_XIV_CW_2.mp3」をダウンロード

SPROUT   437.525 CW  1200bpsAFSK、9600bpsGMSK
          
    437.600  SSTV DIGITALKER
10:45J       mel 11 
CW  わずかに、数回確認できたが、周波数追尾の設定で、見失う。録音も行うが、非常に部分的的にしか音は聞き取れない。

12:20J       mel 47  CW  G7 カスタムモード
JQ1ZJQ SPROUT G7 

EDD     ED?     ED3     EC5     EF3     EFD

EAD           ???            ?C5           E84           ECF           ???

???            E9?            EF?           ???            EC?           ???

E44

今回は無事に聞き取れたが、はっきりしないところもある。録音再生によるテキスト化。

13:59J       mel 1   仰角が低すぎるので、聴取せず。

21:38J       mel 6      CW   当初聞こえていたCWが開始4分過ぎから聞こえなくなった。
JQ1ZJQ SPROUT G7
以下断片的に再生したテキスト(電圧値)
E9C   B9?   59B(?)   ?93   ???   ??3   b??   CEF   ???   B98    FCD   

23:11J       mel 87  管制局の連絡では、CWは送信されないとのこと。
 自局で聞いたところでは、CW信号は確認されなかった、ということでよいようだ。

00:50J       mel 5  CW 相変わらず信号強度は低いが、明確なCWが聞こえてきた。
眠いので、テキスト化は明日行う予定。

「1506231550U_SPROUT_CW_2.mp3」をダウンロード

SPROUT地上局のブログ

このweblogによると、膜面展開は明日の夜、画像で確認できるとのこと。SSTVなのかな。

画像確認のことについて管制局に問い合わせのメールを送っていたら、22:29でブログ更新が行われたようである。以下、コピーする。

SPROUTの膜展開は,予定では23時過ぎに行われるはずで,その後,展開中に取ったパラパラ写真をメモリに保存しつつ,ガスを抜いたり,展開後の状態をセンシングします.センシング中は,通信機を動かしたくない(センサデータにノイズが乗るのを避けたいため)ので,23時10分からの第二パスの時間中は,ちょうど何もしない(電波も出さない)状態になっています.

そのため,第二パスは,電波が出ていない(モールスの音が聞こえない)ことを確認するのみです(音が聞こえると,むしろまずい・・・).

2015年6月22日 (月)

衛星受信  XI-V  C7 画像データ

今日はお孫さんが具合が悪くて預かっている。

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
05:18J      mel  83      AFSK  3092bytes  P,D 情報
17:18J   mel 30   AFSK 7747Bytes P,D情報(前回の続き)   C7画像データ
C7 生画像取得率 17%であったが、真っ黒で、よくわからない。太陽などの被写体の方向などどのようにレンズを向けるのかななど撮影技術のむずかしさは想像もつかない。

昨日の自局最終画像の撮影日時はどうも間違っていたようだ。ROM4の内容表示のうち撮影日時欄を正確に見ていなかった。ただ、今朝、TimeCalcuretorを使うと、「東大webサービスに接続できません」と出る。

2015年6月21日 (日)

衛星受信  XI-V C4画像

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps

04:41J      mel  38      AFSK  11218bytes  C4 画像取得率 25%
06:19J      mel  18      AFSK   7123bytes  C4 画像取得率 8%
16:42J      mel  12      AFSK   1856bytes  ステイタス情報のみ
18:18J      mel  58      AFSK   3696bytes  ステイタス情報のみ
Xiv_150621_0641_rom4_c_p
過去5ファイル、画像取得率 65%

CommandGeneratorの「不足データ」の一覧を見ると最後まで送信しきったと思われるので、次回は別の画像になるか。当方は、65%で終わった。
画像はやはり太陽だと思われるが、ちょっと不鮮明である。撮影日時は、6月18日4時34分30秒と思われる。

2015年6月20日 (土)

衛星受信  XI-V C4画像取得

午前午後と池袋へ。所属団体の打ち合わせを行う。途中から昼食でうまいビールをいただく。終了後まっすぐ帰宅。

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
17:41J      mel  54      AFSK 10902 bytes  C4 画像取得率 21%

19:19J      mel  13    AFSK  1337bytes    C4 画像取得率 2%
Xiv_150620_1936_rom4_c_p
過去3ファイル、画像取得率 31%

XI-V管制局の予告では、月曜日の朝まで6回連続で画像取得とのこと。まあ、全部を行うとは思っていないが、楽しみである。

2015年6月19日 (金)

都内への歩く会  PCのトラブル対応

所属の会の、都内への歩こう会があり、雨を心配しながら、駒場東大周辺を散策した。

行き帰りは結構激しい雨だったが、歩いている時はそう気にならない程度だった。
行程もそう長いものではなかったが、日頃歩いていないので、疲れた。終わって、そば屋さんでのビールとそばは格別な味だった。
行ったところは、旧前田家本邸、北沢八幡神社、森巌寺だった。
特に最初に行ったところは凄いところだった。
というわけで、衛星は今日はお休み。
昨夜から、PCがクラッシュして突然青い画面と英語のメッセージになる現象に見舞われ、どうしたものかと対策を考える昨日、今日だった。
起動して5分から10分くらいでその現象が10回ほど起きた。まだ、よく原因はわからないが、カードリーダーをはすしたらその現象はなくなった。
今回のトラブルで、もっとシステムをかんたんにしておく必要があると思った。

2015年6月18日 (木)

衛星受信  XI-V C1 画像送信開始

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
04:28J      mel  26      AFSK    3419Bytes   
P17 D17  - P77 D77  P:撮影パラメータ  D:画像ステータス
データの一部

[2015/06/18 04:34:04R] JQ1YGW>JQ1YCX:P47フ6
6
0 .  ネ T

[2015/06/18 04:34:25R] JQ1YGW>JQ1YCX:D47・ |€€€テ  08 $?タ・ 「 % 瓦・  ・$'・YBUフrB:・ T ・

C1 data
データの一部

[2015/06/18 04:40:17R] JQ1YGW>JQ1YCX:C1トヌヌトヌトヌヌニヌヌトトヌヌヌヌヌトトトトヌヌトヌヌトヌヌ

C1画像データは、最後の数分間、6フレームのみデコード。
 

06:05J   mel 25   AFSK 5605bytes  C4 data
Xiv_150618_0648_rom4_c_p
C4画像取得率 9% 

C1画像の取得開始かと思ったら、C4に切り替わっていた。

METEO-M N2      137.100  QPSK
09:39J    mel  49
1000_150618

久々の受信が続く。処理の仕方を忘れてしまっていた。上下の再生の良くない部分はカットした。
<今回の処理の方法>
SDR# 137.1MHzをセット  レコード  Audacity(200000)  
LrptRx処理  LRPTofflineDecoder  SmoothMeteor  Jtrim(切り抜き、縮小)

衛星受信  SEEDS II (CO-66)  Digitalker & SSTV

このところ他のことをやっていて、ブログ記述ができていない。
衛星受信でやっていることも以前からのもので進歩がない。余裕がないのです。

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
19:05J      mel  19    AFSK    2kbytes ステータス情報など

SEEDS II (CO-66)    437.485  CW  DIGITALKER SSTV
19:19J   mel 38  CW DIGITALKER SSTV  received
1506171019u_seddsiico66_digi_sstv
「1506171019u_seddsiico66_sstvonly.mp3」をダウンロード
信号としては弱いので、画像もいまいち。

「1506171019u_seddsiico66_digi_digitkeonly.mp3」をダウンロード

おなじみのものだが、久々なのでアップした。

2015年6月14日 (日)

衛星受信  XI-V C4の最終画像

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
005:13J      mel 85     AFSK 12225bytes   C4  status info  画像取得率 9%
4x_xiv_150614_0537_rom4_c_p
過去5回分の集積画像(取得率55%)

Xiv_150614_0537_rom4_c_p_time
撮影時間は上記と思われる。
今回のC4データ取得は最終となるはず。C4画像ダウンロード開始からの数回、受信することができなかったのが悔やまれる。
今日と明日1日は太陽電池関連センサ粗履歴のダウンロードとの予告である。

2015年6月13日 (土)

衛星受信  XI-V C4画像

今日の午前中は地域の防災訓だった。今まで参加したことがなかった。あちこちの訓練活動に同じ班の人とゆっくり回った。

今日の訓練は、土曜日だが、学校の防災訓練ともタイアップして行われた。いくつかのものは特定の学年の指導として行われた。地域のほうが終わった後は、警戒宣言に基づく保護者への引き渡し訓練だった。

このところ、自然災害が増えているので、それぞれはこれからは生きて働くはずだ。ただ、先日の運動会などと同じ顔ぶれであり、こういうことでいいのかと思う。が、自分も今まで参加していなかった。

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
16:37J      mel 10    AFSK 3555bytes   C4 画像取得率 6%
Xiv_150613_1651_rom4_c_p
過去4回分の集積画像(取得率46%)
次回の画像取得は18時13分だが、C4であるかは微妙なところだ。自局は、最後のほうほとんど取りきれていないからだ。
18:13J    mel 65  CW heard

2015年6月12日 (金)

衛星受信  久々のCO-65 CW STARS(Moth)のCW?

JE1CVLさん紹介のISS内部のパノラミックツアーはとても面白い。
ISSの紹介

LightSail      437.435  9600bps  FSK
07:40J      mel  29      not heard   IC-9100
40661で聞こえなかった。

AAUSAT2  437.425  437.432   1200bps AFSK
08:49J      mel  85   not heard

Cute-1.7+APDⅡ(CO-65)   437.2744 CW   437.475 AFSK1200bps
09:13J      mel  23 
1506120113u_co65_cwdcd

「1506120113U_CO65_cw.mp3」をダウンロード

最初の2分間は地上音声FM波の混信がひどく、録音を再生しても聞き取れず。

STARS Mother  437.305 CW  427.485 1200bps AFSK
      Daughter 437.275 CW  437.465 1200bps AFSK

15.00J  mel 87   437.305  CW heard
STARSのCWであるかどうかは不明。非常に弱い。
音声地上FM波(437.480)あり。

2015年6月11日 (木)

衛星受信  PRISM CO-55 XI-IV

PRISM(HITOMI) BEACON 427.250 CW  D 437.425 1k2 AFSK 9k6 
05:45J      mel  73     CW heard
「1506102045U_PRISM_CW_2.mp3」をダウンロード
以前から気になっていたが、CWの送信がとぎれとぎれになっている。電力事情かとうかは私にはわからない。以前は、1パスでPR0~PRDまで1回は流れたが、今回はPR2~PR8までしか確認できなかった。しかし
XI-IV地上局はステイタス情報を報告しているが、どのようにしているのだろうか。http://www.space.t.u-tokyo.ac.jp/gs/report.aspx?id=24971
当方の知恵ではわからない。別途、デジタルの送信がされていたのかな。
CWの復元も考えたが、符号レベルでも途中で途切れており、時間がかかりそうなのでやめた。

CUTE-1(CO-55)  436.8375 CW

05:56J      mel  72   キャリア音
「1506102056U_CO-55_Cri.mp3」をダウンロード

XI-IV(CO-57)  436.8475 CW  DK3WN CW Telemetry Decoder
06:22J   mel 62  CW
以下は、地上局提供ソフトによるデコード結果
XI CW Converter  -  ISSL, University of Tokyo
変換日時: 2015/06/11 06:56:25

<入力データ>
UT1
WWW.SPACE.T.U.TOKYO.AC.JP
UT2 4333B8
UT3 FCB8006E
UT4 2F433B
UT5 FFFFFF
UT6 776766667B
<入力データ変換結果>
中須賀研究室URL 
http://www.space.t.u.tokyo.ac.jp(正しく表示されるでしょうか?)
XI-IV内部時刻  4404152   (0x4333B8)
アップリンク回数 28/31
カメラ撮影回数  7/7
通信系SEL回数  0/7
アンテナ展開  展開完了
CW duty比  0.3以上
OBCリセット要因  通常(リセットされていないか,放射線などによる不慮のリセット)
バッテリ充電状況 トリクル充電中
OBC生存状況  生存
FM送信状況  待機中
バッテリ電圧  4.1V
バッテリ温度  7.7℃
太陽電池電圧  5.8V
太陽電池電流
 +X面   549.5mA
 -X面   372.0mA
 +Y面   268.1mA
 -Y面   511.6mA
 +Z面   353.5mA
 -Z面   393.4mA
衛星温度
 +X面   50.3℃
 -X面   50.9℃
 +Y面   35.9℃
 -Y面   51.7℃
 +Z面   36.9℃
 -Z面   38.4℃
 バッテリ  38.2℃
 送信機  38.8℃
RSSI値   10.5dBu
XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
17:00J      mel 19    AFSK 10507bytes   C4 画像取得率 9%Xiv_150611_1718_rom4_c_p
過去3回のデータを集積した画像(取得率 40%)

2015年6月10日 (水)

衛星受信 SEDDS(CO-66)

SEEDS II (CO-66)    437.485  CW  DIGITALKER SSTV
19:33J  mel 58   CW heard

「1506101033u_seddsiico66_2_cw.mp3」をダウンロード

1506101033u_seedsco66_cwdecode
地上局によると、毎週水曜日18:30以降に運用をしているのこと。
うまくいけば、以前活発に行っていたdigitalkerやSSTVにめぐり会えると思っている。


2015年6月 9日 (火)

衛星受信 XI-V C4の画像取得 OCXが認識できないエラー解決

今日は一日、所属クラブの作業を行った。手間のかけ過ぎか。

XI-Vの画像取得は、単純な作業なので(まだ知らないことも多いと思うが)、進歩がないが、それなりに面白い。

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
0523J      mel 74   AFSK 10586kbytes   C4 画像取得率 13%
Xiv_150609_0543_rom4_c_p 今回の取得画像

Xiv_150609_0547_rom4_c_p 過去2回の32%画像。
後2回はC4の送信はあると推測するが、木曜日以降のようだ。

PSAT   435.350   BPSK31    (FM 315Hz)  145.825  1200bps AFSK 
07:21J      mel  11    PSK31    MMVARI
W3ADO-5 beacon B 079 40 22 843 265 -1
W3ADO-5 beacon B 080 28 27 823 260 +4
W3ADO-5 beacon B 081 21 23 822 259 +6
W3ADO-5 beacon B 082 37 23 841 264 +5
W3ADO-5 beacon B 083 18 22 821 258 +8
W3ADO-5 beacon B 084 40 22 834 263 +1
W3ADO-5 beacon B 085 37 23 832 263 +2
DK3WNさんのPSATの解析ソフトがやはり使えません。


その後、DK3WNさんのブログを再度見て、管理者として「regsvr32」コマンドを各ファイルごとに実行すればいいことに気が付く。とりあえず、PSATのDK3WN作成ソフトが使えるようになった。
15062221upsat_psk31_dk3wnsft_2


2015年6月 8日 (月)

衛星受信 XI-V C4画像

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps

18:23J      mel  53  AFSK  10169bytes    C4  画像取得率 19%
Xiv_150608_1841_rom4_c_p 新しい画像だが。
久々の画像受信である。画像データの送信が少ないことに加えて、自局のスケジュールに合わないことが原因。

2015年6月 7日 (日)

衛星受信 XI-V XI-IV

午前午後と自治会の運動会で出かける。応援をすることになっていたが、ソフトボールの第2試合に出させてもらえることになった。多分、20年以上はやっていないはず。走るのも久しぶりである。

ほんとうにしばらくやっていないからボールの届く距離や捕球動作の違いがはっきり分かる。なにしろ、ボールが思う場所に届かない。考えてしまった。一緒に出た大半の方は、チームで日頃から野球をやっている人ばかりだ(20~50台前半)。長い人生の最後には体力の差がでてくるのだろうと思った。明日は筋肉痛だ。

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
05:48J  mel 41  太陽電池関連センサ粗履歴  AFSK 5901bytes  ステイタス情報

XI-IV(CO-57)  436.8475 CW  DK3WN CW Telemetry Decoder
           XI CW Converter  -  ISSL, University of Tokyo
           IC-9100にて受信
06:04J   mel 88  CW  
XI CW Converter  -  ISSL, University of Tokyo
変換日時: 2015/06/07 06:30:56
<入力データ>
UT1
WWW.SPACE.E.T.TOKYO.AC.JP
UT2 23DC441
UT3 FCB80058
UT4 324324
UT5 FFFFFF
UT6 7777767652
<入力データ変換結果>
XI-IV内部時刻  2350148   (0x23DC44)
アップリンク回数 28/31
カメラ撮影回数  7/7
通信系SEL回数  0/7
アンテナ展開  展開完了
CW duty比  0.3以上
OBCリセット要因  通常(リセットされていないか,放射線などによる不慮のリセット)
バッテリ充電状況 トリクル充電中
OBC生存状況  生存
FM送信状況  待機中
バッテリ電圧  4.1V
バッテリ温度  -28.3℃
太陽電池電圧  5.5V
太陽電池電流
 +X面   516.5mA
 -X面   349.7mA
 +Y面   252.0mA
 -Y面   480.9mA
 +Z面   332.3mA
 -Z面   369.8mA
衛星温度
 +X面   29.7℃
 -X面   30.3℃
 +Y面   28.5℃
 -Y面   30.9℃
 +Z面   29.5℃
 -Z面   18.3℃
 バッテリ  30.7℃
 送信機  18.8℃
RSSI値   6.6dBu

2015年6月 6日 (土)

ブログ お休みしています

このところ、他のことをやっていて、書けていない。

PSATが気になっているが、手を出せていない。
ぼちぼちやっていこうと思う。
明日は、自治会の運動会で応援の予定。
天気は曇りから午後にかけて晴れのようなので実施できそうだ。

2015年6月 3日 (水)

衛星受信  SEEDS CW

今日は別のことをやっていて、衛星はまったくお留守でした。

SEEDS(CO-66)  437.485  CW    FM  DEGITALKER  SSTV
18:14J      mel  6   CW heard

PSATのアップリンク、ダウンリンク、おもしろそうなのでやってみたいが、できるかどうか。

2015年6月 2日 (火)

衛星受信 LightSail 受信成功、 XI-V C1画像取得開始

LightSail      437.435  9600bps  FSK
03:53J      mel  72   9600bps FSK heard  17frames  IC-9100 + MixW2
1506011853_lightsail_mixw2

Onlinekissがまったく使えないので、とりあえず、MixW2でスタート。
やっと捕まえた。ULTRASat8の90727でよかったようだ。ただ、信号はほんの一瞬であり、音のファイルとしても紹介できない程度である。また、信号もそれほど強くない。15秒おきに送信されていた。

PELさんのブログによれば、NORAD ID は40661ということだが、N2YO.comではTLEまでは出ていない。

AMSATサイトではTLEが出ている。NORAD IDが一致していない。40653である。
http://www.amsat.org/amsat/ftp/keps/current/nasabare.txt

PSAT   435.350   BPSK31    (FM 315Hz)  145.825  1200bps AFSK 
05:27J   mel 23  BPSK31  1frame heard
W3ADO-5 beacon B 6 00 23 852 263 -1
かろうじて1つデコードできたが?
CAWさんやBLZさんのPSK31で通信はできないものか。CAWさんの5月30日の紹介では簡単なようだが。

12:09J      mel  66   BPSK31   heard
W3ADO-5 beacon B 124 34 23 856 250 +6
W3ADO-5 beacon B 125 53 23 842 270 +11
W3ADO-5 beacon B 126 21 eeeo 843 269 +13

誰か28.120に向けて発信していたのだろうか。上記以外は認められず。

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
05:56J  mel 33  太陽電池関連センサ粗履歴  AFSK 2673bytes

17:55Jは「画像取得」のスケジュールとのこと。
17:55J    mel  72    AFSK  6kbytes   p,q,dの情報 +C1画像データ 
今回 取得率 4% ほぼ真黒な画像  
受信状態があまりよくない。
19:33J    mel 10  AFSK  1078bytes  ステータス情報+画像情報?1506021033u_xiv_statusdcr

2015年6月 1日 (月)

衛星受信 XI-V LightSail、信号が見つからない

朝夕はよいが、昼間は若干蒸し暑い。

XI-V(CO-58)  437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
05:18J      mel  84    AFSK   6642 bytes   太陽電池関連センサ粗履歴

LightSail      437.435  9600bps  FSK
05:39J      mel  26   not heard  IC-9100
90721で追うが、確認できず。

JE1CVLさんの情報では、どうもTLEが違うようだ。明朝は、ULTRASat8の90727にセットして聞いてみる予定。(TNX. JE1CVL局)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30