« 衛星受信 XI-Vの画像取得 | トップページ | 衛星受信 XI-V CW QPSK Demodulatorの動作はOKに »

2015年4月27日 (月)

衛星受信 XI-Vの太陽電池関連センサ粗履歴 QPSK Demodulatorの設定は?

1900_2015_04_27_lrpt_083040s_122rem

バージョンアップしたLRPT Pr.で処理した。
日本列島は中途半端に。

QPSK Demodulator の設定

またまた、他局ブログの情報によると、QPSK Demodulatorが出現し、画像まで一気に再生できるようにソフトが改善されたということで、調べてやってみた。
この段階で(夜10時)、METEOR-M N2は明日にならないと信号は来ないのでセッティングだけでもと。

1 QPSKv5を入手した、Yahoo groupから探り、SDRSharp.qpsk.dll(QPSK Demodulator)、LRPTofflineDecoder他を入手。

2 それぞれのファイルをSDR#のフォルダにコピー。qpsl.dllは入れ替え。

後は、説明どおりにやったつもりだが、残念ながらLRPTonlineDecoderが一度起動するが、1秒くらいで消えてしまう。単独では起動できるが。 

 1)SDR#の起動  
 2)Output TCP Socket にチェックマーク
 3) LRPTonLineDecoderstart.bat をrun
   出力をこのままにするのであれば(SDR#フォルダ)、tcp.iniはいじらない。
 4)LPF on

XI-V(CO-58) 437.465 CW  437.345 AFSK1200bps  
0445J      mel  33    AFSK    heard
「太陽電池関連センサ粗履歴」の受信を行う。さらに、「XI-VRomDateDecoder」を使い、ascファイルの解析を行う。結果もファイルで出力されたが、すでに地上局の運用結果に出ているので省略する。
なお、これらはすでに2005年10月にJE9PELさんが報告されており、10年近く後に取り組んでいることの意味を思う。

1504261945u_xiv_romdecoder

« 衛星受信 XI-Vの画像取得 | トップページ | 衛星受信 XI-V CW QPSK Demodulatorの動作はOKに »

METEO-M N2」カテゴリの記事

アマチュア無線・BCL」カテゴリの記事

受信ソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218775/61500381

この記事へのトラックバック一覧です: 衛星受信 XI-Vの太陽電池関連センサ粗履歴 QPSK Demodulatorの設定は?:

« 衛星受信 XI-Vの画像取得 | トップページ | 衛星受信 XI-V CW QPSK Demodulatorの動作はOKに »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31