« 衛星受信 METEOR-M N2 SDR#(1337)へのSatelliteTracker組込み LRPT IMAGE Processor | トップページ | 衛星受信 XI-Vの太陽電池関連センサ粗履歴 QPSK Demodulatorの設定は? »

2015年4月26日 (日)

衛星受信 XI-Vの画像取得

昨夜は11時に寝て、今日は予定通り早起き。

XI-V(CO-58) 437.465 CW  437.345 AFSK1200bps  

04:09J      mel  14  AFSK received
1504251909u_xiv_afsk_sttsdecod1 パス最初のステイタス情報


1504251909u_xiv_afsk_sttsdecod_2 パス最後のステイタス情報

1 画像取得では、ステータス情報が最初にある。今回パス最後にもステータス情報があったので、比較してみたら、いくらかの違いがあった。

・太陽電池電圧が異なる。 最初は5.301V 最後は4.736V。赤くなっているのは異常値?
・粗履歴は変化はないが、この情報解析ソフト添付の説明書では、次のようになっている。
・テレメROMモード  テレメトリ保存周期によって,二つのモードがあります.詳細履歴:2秒間隔,粗履歴:256秒間隔でデータを保存しています.
・上書きフラグ(ROM1~7)は「上書き禁止」から「上書き許可」へ。
・アップリンクカウンタ 18 → 16  これは地上局からアップリンクを受けた回数。
・カメラカウンタ    2 → 1

2 画像取得では、ステータス情報の後に、画像情報があり若干長いフレーズのAFSKが流れるが、今回は
JQ1YGW>JQ1YCX:xic073b1xxxxxx1be23e01
と短いのでいつもとちがうようだ。

3 IMAGE Decoderにつなたーむで生成されたascファイルをかけてみたが、エラーを起こし、いつものような画像は再生されなかった。ただ、XI-V地上局の「報告」では、「画像データを取得しました」と報告されているので、(自局が単に知らないだけの形で)取得がされたようだ。

05:45J   mel 50  AFSK heard
1504252045uimagede1

パス最後に結構なデータが連続して流れたが、どうも自局のアンテナの方向の精度がよくないようで、デコードできなかった。
ascウィンドウをみると、P,D,Cデータがあり、画像データであることがわかった。しかし、Cデータは少なく、取得率0%で、画像は真っ黒だった。
次回の画像取得予告を楽しみにしたい。

17:44J  mel 47  AFSK heard
ROM7 取得率 15%
1504260844u_imagede1

1504260844u_imagede2

画像取得の予告はなかったが、聞いてみたら、送信していたので受信する。太陽の形がよくわかる。

19:22J   mel 14  AFSK heard
JQ1YGW>JQ1YCX:H・Z.頽磔淏磆・朗顆磔磆・橳洄

JQ1YGW>JQ1YCX:H・・﨔碵銷櫢・蔔璧顏鬻

JQ1YGW>JQ1YCX:H・メ. ⅸ脉瓊碾ⅸ鏸碾瞶磔瓊・

JQ1YGW>JQ1YCX:H笆.﨔碵銷櫢・﨔淸浯櫢糅・
画像情報でなかったようだ。「太陽電池関連センサ粗履歴」と地上局は報告している。

SO-50   D 436.795  U  145.850   FT-847 Calsat32
10:25J    JA6PL   応答 59-59 ありがとうございました。

METEOR-M N2   137.100  QPSK

   FCDProplus(IF Gain 26)   SDR#v1.0.0.1337)  + QPSK Decoder V5
08:48J   mel 57  動作停止で、途中からSDR#1000に切り替えて受信
2450_150426
南の海。日本列島が映ってないとつまらない。

動作が停止した原因は、モードをNFMにしていたためと思われる。WFMで正常に動作した。
20:08J      mel  72   
     FCDProplus(IF Gain 26)   SDR#v1.0.0.1337)  + QPSK Decoder V5
150426_2
当初、Satellite Trackerで追尾していたが、どうしてもlockしないので、はずして、さらに周波数を5Khzくらい下げたら、やっとでコードできた。FCD2.0の周波数補正していないからかもしれない。でも金・土曜日はできたのに。
LRPT Processorの新しいバージョンが出たとのこと、明日以降試すことにする。

« 衛星受信 METEOR-M N2 SDR#(1337)へのSatelliteTracker組込み LRPT IMAGE Processor | トップページ | 衛星受信 XI-Vの太陽電池関連センサ粗履歴 QPSK Demodulatorの設定は? »

METEO-M N2」カテゴリの記事

SO-50」カテゴリの記事

XI-V」カテゴリの記事

アマチュア無線・BCL」カテゴリの記事

コメント

河野さん こんばんは
QPS KDecoder、バグなのかどうかは、分かりませんが
録音時、今のところWFMモード以外では誤動作してしまうようです
Satellite Tracker、私は使っていませんが、
ドップラー追尾しているのでしょうか
Meteor-M N2と言えども衛星ですので、送信電波のドップラーは
あるはずですが、何故かドップラーを考慮しなくても受信出来ています
同期し、Lockが掛かってからCarrier offset Hzが大概はマイナス方向へ
数値がどんどん動いています。これはドップラーを補正しているのでは
ないかなと思っています。
それから私の場合、毎回同じ周波数で待機すると、信号強度が
上がって来た時点でLockedになり、何もしないまま最後まで維持します。
草々

こんばんは。
WFM以外はだめなようですね。LEPT Proc.に付随したソフトや、Satellite Tracker と一緒に動作させたのが原因かとか色々考えましたが。いろいろやっているうちに、NFMはやってはだめとわかりました。
昨日、一昨日のうまくいった時はTrackerをセットしていませんでしたがうまくいきました。
一切さわらずでした。下手の考えで、やっぱりTrackerを使えばとさらによくなる思ったのがだめでしたね。明日、SDR#1337でのFCDConfigureの周波数補正を作業します。SDR#1000の時と岡路だろうと思っていますが。
いろいろやるとはまってしまいますね。おもしろいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218775/61494855

この記事へのトラックバック一覧です: 衛星受信 XI-Vの画像取得:

« 衛星受信 METEOR-M N2 SDR#(1337)へのSatelliteTracker組込み LRPT IMAGE Processor | トップページ | 衛星受信 XI-Vの太陽電池関連センサ粗履歴 QPSK Demodulatorの設定は? »