« 衛星受信 引き続きSDR#による受信 | トップページ | 衛星受信 MaSat-1のデコードは順調 »

2015年1月 3日 (土)

衛星受信 Masat1 デコードソフト開かず

午前、所属団体の事務(ほぼ終わり)、午後は今日来た年賀状の返信、そしてやっと午後3時前に衛星に目が向くが成果は出ず。原因はアンテナの追尾装置の不調やMASAT1のレポートサイトの問題。
その後、夜はNHKのニューイヤーオペラコンサートを見たので、気持ちをよくした。後はゆっくりしようと、コーヒーを飲みながらこのブログを書いている。

昨年末から、まだ信号を出しているだろう(Active)という衛星を追いかけて全部が終わったら、次のサイクルにいくようにしてきた。

<残っている衛星の一部>

CAPE-2 SOMP E1P-U2 Go-32 FIREBIRDA/B TISAT1
ITUPSAT  VERMONT LUNAR 他 計 22

ただ、新しくて、比較的楽な(でも設定がちょっとむずかしい)受信方法(FCDPro+Orbitron+SDR#、ドップラー対応の自動運転)を取り入れようと短い期間取り組んできた(他にも方法があるようだが)。
これからは、この2つを基本に進めるつもり。
新しいSDR(ソフト)を使った方法の場合、アンテナ下のプリアンプをオンにできず、ゲインがトランシーバよりも下がった状態で受信しなくてはならないのが難点。各局はそれをどのようにしているのだろうか。
 
MaSat-1   437.345 CW   USB   GFSK  625/1250bps 専用デコードソフト
15:05J      mel  19   received   not decoded
今日ははいつ来るのかと見てみたら、すでに来ており、あわててプログラムを起動した。しかしGSにつながらず、次のデコード画面にいかない。古いバージョンを起動したが、うまくチューニングできない。そこで、もう一度今のバージョンにもどったら同じ症状が時間切れに。信号はかなり強いものだった。
このデコード・レポートソフトを使うのも後数日だが、最後まで見届けたいと思っていたので、困った。
実は、昨日、今日と、PC使用中にブレーカーが落ちて、ハードディスクにダメージがあったはずで、それが原因かと思っていた。セキュリティソフトの検査結果では、10カ所くらい特定の場所を読めないと告知している。ブレーカーダウンの原因はいつもいない長男が朝早くからエアコンや電気ポットを使い、自室のエアコン他の消費電力と合わせ、契約50Aをオーバーしたため。
しかし、毎日読ませてもらっているJA6PELさんのブログで、同じ時間に同じ症状が出ていることがわかり、HDのダメージとは関係なかったようでほっとした。
 
SPROUT   437.525 CW 437.525 437.600  1200bpsAFSK SSTV DIGITALKER
22:11J    mel 16  SSTV received
1501031311u_prout_sstv
よくはわからないが、信号強度の不足だろうか。ただ、上部のコールサインが見えるので、本体の画像がデータとして処理されていないからなのか。
寝る前に、今日はSPROUT、SSTVの日だったことを、PLさんのブログから思い出したため、急遽受信。
 
TIsat-1     145.980  437.305   CW   AFSK
22:52J      mel 52    not heard
 
ということで、今日は成果無しでした。

« 衛星受信 引き続きSDR#による受信 | トップページ | 衛星受信 MaSat-1のデコードは順調 »

アマチュア無線・BCL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218775/60913592

この記事へのトラックバック一覧です: 衛星受信 Masat1 デコードソフト開かず:

« 衛星受信 引き続きSDR#による受信 | トップページ | 衛星受信 MaSat-1のデコードは順調 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31