« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

衛星受信 SPROUTの信号、確認できず。

FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
09:17  mel 75  not heard
20::10     60  not heard
UWE-3 436.395  9600bps GMSK  
       G3RUHsoundmodem + onlineTeremetry Decoder(DK3WN)
09:23  mel 34  7frame
1408310023u_uwe3_gmsk  
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:49  mel 58  Trapon on   39  count 20176 
20:43           30    Trapon on        9
HO-68   435.790  CW
09:00   mel    CW (recording) 
bj1sa xw xw aaa ttt auu tbt ett ttt ttt ttt ttt ttt ttt ttt ttt xw xw
これらに意味があるのかは調べていない。
SPROUT   437.525 CW 437.600  1200bpsAFSK SSTV
10:39   mel 10 12:14   mel 54  not heard
何も聞こえてこない。CWくらいは聞こえるはず。他局の情報を見たい。
21:33              5   
Invader  437.320  CW  437.200  AFSK1200bps  MixW2 +ONLINEKISS
10:44   mel 30  CW heard (recording)
Will 1ni7399  may the invader be ....    聞こえたままを再生
SPROUTが気がかりで、信号を待ち続けたので、こちらの受信スタートは4分ほど遅れたが、受信開始後、きれいなCW信号を送ってきたが。自局のチューニングのせいだけとは思えないが、途中で信号が弱くなり聞こえなくなることもあった。パケットもあったようだが、自局はCWのみを確認。
20:00    mel  29  CW信号を確認
****信号が確認できなかった衛星****
ISSより放出された2つの衛星
受信を試みたが(午前2回ずつ)、何も確認できなかった。
多分、GSなどがいろんな方法で、衛星の行方を把握しようとしているはずで、私ごときが確認できるはずもないが。
10:00、モービルFM波(437.460)あり、受信に支障あり。

2014年8月30日 (土)

衛星受信 

この3日間、新潟の奥様の実家に、長女・孫2人と一緒に行ってきた。93歳になるおばあちゃんと、(娘から見て)おじさん、おばさんたちと過ごし、遅れてしまったお墓参りなどをしてきた。孫にはいい経験だったに違いない。
3日間の間に随分受信ランキングが落ちてしまった。いくらかでも取り戻すためにがんばるが、結果ははかばかしくない。
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
19:50   mel  38     not heard  position 39
Invader  437.320  CW  437.200  AFSK1200bps  MixW2 +ONLINEKISS
20:21 mel 36  CW  heard(recording))
Will 168e8e may the invader be with you
CWは本当に苦手で(実はしゃべるのも)、これだけ再生するのが大変だった、というのは、今回は例外、受信がよくできていれば、Audasityを使えば、形で判断できる。拡大の可能なのがありがたい。
Ws000001
        Ws000002 クリックで拡大
まあそれくらい元気である、ということ。
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
21:58  mel 31  Transponder on   29  count 20131  position 77
なんだか、Picnicのタイムアウトが頻繁に発生する。
SPROUT   437.525 CW 437.600  1200bpsAFSK SSTV
22:49  mel 45  CW、SSTV  not heard
今回は、信号そのものを確認できなかった。

2014年8月29日 (金)

CANON G16 の購入

先日、オークションでコンパクトデジカメを購入した。

CANONのG16である。純正のケース・バッテリー込みで4万円を切る価格は安いと思う。

量販店の話では、すでに生産はしていないようで、今年中に次のG17が出ることが予想されるとのこと。

今まで、このシリーズではG5、G9をもっていたが、レンズが明るくなったこと、ISO感度が上がったことが今回の購入の動機である。また、動画撮影は通常の撮影モードからもスタートできるのもよい。

このシリーズは、とにかく軽いのがよい。薄型のデジカメに比べると確かにかさばるが、ショルダーバッグを選べば財布や日ごろ持ち歩いているタブロイドといっしょにしても持ち歩ける。

今後、身の回りの趣味の機材は整理しなくてはならないが、カメラはこの1台にしていく予定である。

メーカーのG16の紹介ページ    

ということで、カメラに興味のない方にはどうでもよい話題でした。

2014年8月28日 (木)

衛星受信 諸々の衛星

今日は、早朝5時から6時半まで、集中して受信した。
 
IPEX   437.270  GMSK  9600bps
 G3RUHSoundmodem + AGWonlinekiss
      MixW2 + Onlinekiss
05:25    mel 80  14frame
1408272025u_ipex_gmsk
なぜか、G3RUHではデコードせず、MX2に切り替えたら、OKになった。信号は相当強い。仰角80度で、880kmの距離。14frameで終了した。
XI-V(CO-58)   437.465 CW  437.345 AFSK1200bps
05:56    mel 79    27frame  
1408272056u_co58_afsk_mixw
強いパケット信号を確認した。このデータは自分では料理できていない。
PRIZM(HITOMI)   437.250  CW  D 437.425 U145.850 1k2 AFSK 9k6 GMSK
06:21  mel 5   強いCW信号を確認。
****信号が確認できなかった衛星****
AIST-2   436.265  CW  435.215  AFSK  
05:33    mel 26  信号を確認できず。
2014年7月27日に、DK3WNさんのブログへのCWの報告があり、期待したが。
こんな時間にも、モービルFM波がでている。じゃまだ。
CUTE-1(CO-55)  436.8375 CW
05:48    mel 61  CWのキャリア音のみ。パケットは確認できず。
RS-15    29.952   CW  29.374  CW
06:13   mel 41  
CHASQUI-1の軌道情報の意味
シャックから離れているときの受信衛星の時間は、以前から「NEXUS7」に入れた、Amsatdroidで確認している。PCとは比較にならないほどの速さで調べることができる。現在の軌道情報は、6つのサイトから得ることができる。
今朝、CelestrakのCubusatにCHASQUI-1が載っているのを発見した(というほどではないかもしれないが)。
どのようにして確定したのかは、素人の自分にはわからないが、いずれにしても、発する電波から衛星を特定できる情報を得たのではないかと思われる。
しかし、その後、衛星の電波を受信したという情報は見ていない(ざっとキーワードで検索しただけだが)。受信はできないが、軌道情報はこれだということくらいのことなのか。

2014年8月27日 (水)

衛星受信 Lambda-sat 信号を確認できず INVADER CW受信

今日は涼しくて、気持ちよい。

Lambda-sat     437.462   12--bps AFSK
08:54    mel 2  信号を確認できず。
ISSの軌道要素で設定。モービルFM波(437.460)あり、受信不能。業務用?
10:27    mel 51  信号を確認できない。
モービルFM波(437.480) 当初受信不能。
このところ、先日のChasqui Iといい、結果として、ISSで放出された衛星の運用の成功はどうかなというところだが、あきらめるのはまだ早い。
18:35      mel  36   信号を確認できず。
UWE-3 436.395  9600bps GMSK 
09:22  mel 32  5frame 
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
09:29  mel 45  96  count 1520  position 39->34
18:54     08  7
20:27     78  80       1607  position 35
WAREHOUSESのData Providersの名前が掲載されないが、Upload Rankingは更新されている。
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:59  mel 75  86 count 20076  position 77->76
音声FM波(145.940)、受信に支障あり。 後半、周波数がずれるにつれて支障がなくなった。
20:53     39  Transpoder on  24 20102
Invader  437.320  CW  437.200  AFSK1200bps  MixW2 +ONLINEKISS
11:49  mel 22  CW 録音
音声FM波(437.320)あり。この障害が、CWの完全な解読を妨げた。
一番長いフレーズ分を文字にしてみた。聞こえるままとしたが、地上FM波の障害で不明の部分があり、前後の字から単語を想定し、書き直している。間違いがあるかもしれない。  (下記のmp3をお聞きください)
as1thefirstartsatelliteintheworldartsat1invaderartsat.jp
13:21     5   CW
2109     27   CW (録音)11:49より明確に受信できた。但し、パケット信号は見つからない。
後少しの寿命ということだが、CWの信号をしっかりと流していた。
ARTSATのプロジェクトは次のDESPATCHの遂行に力点を移しているようだ。
その次の計画は、深宇宙に向かう衛星の信号を受信するというものだが、私のような貧弱なアンテナで電波をとらえることができるのだろうかという素朴な疑問がわく。それ以前に信号そのものが特殊なものであるようだ。

2014年8月26日 (火)

衛星受信 いつもの3つのみ

例のお孫さんが2人来て、楽しく、忙しく、時に緊張して見守った1日だった。夜はテレビを見て過ごし、早10時45分過ぎに就寝。
でもこんなに早く寝ると、翌朝は大体4時に起きてしまう。

ISSのSSTVは日本では受信できないとか、残念です。

ISSからの先日の放出衛星の情報がないですね。今日?放出のLAMBDA-SAT、明日聞こえればいいですね。

FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
09:15    mel  74    85    1424    position  34
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:37    mel  41   76    19992   position  77
明日は、76番目になれるか。
UWE-3 436.395  9600bps GMSK  
       G3RUHsoundmodem + onlineTeremetry Decoder(DK3WN)
10:34  mel 37  7frame  T 512
モービルFM波(436.400、436.380)、非常に強力で受信に支障。

2014年8月25日 (月)

衛星受信 KKS-1の受信

湿度は相変わらずだが、気温が下がっていくらかしのぎやすくなった。

疲れからか、今日は9時半に就寝。

FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
08:58    mel  60  信号を確認できず。
10:33     10 信号を確認できず。
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:16  mel 23  Transponder on   46
欧米の方はまだ週末の位置づけか、トランスポンダーがオンである。
UWE-3 436.395  9600bps GMSK  
       G3RUHsoundmodem + onlineTeremetry Decoder(DK3WN)
10:10  mel 71   6frame
1408250110u_uwe3_gmsk
音声FM波(436.380)による受信障害あり、後半とれず。
KKS-1      437.385    CW    437.455   1200bps  AFSK
14:31    mel  47    CWを受信(録音)  大変強力な信号
「609/06/1811:17:00」 を繰り返していた。 
Ibuki12
2009年1月打ち上げの都立航空高専の衛星。  GSのサイト
****信号が確認できなかった衛星****
IO-26    435.791  1200bps AFSK    MixW2+Onlinekiss
1993年9月に打ち上げのイタリアの衛星。
12:58    mel  72    信号を確認できなかった。
DK3WNさんのブログでは、23日にレポートが出ている。自局の問題なのか。
RS-40    435.365   435.265  CW
17:52    mel  85    信号を確認できず。
RS-39 435.315 435.215  CW  
18:32J   mel  28  信号を確認できず。

2014年8月24日 (日)

衛星受信 RS-15の信号?SPROUTのSSTV受信2回目

今日はハムフェアに行く予定だったが、この1週間ばかり、鼻水と喉の痛みが続いていて、若干ながら体調がよくないので、自宅でゆっくりすることにした。
そのおかげか、無線機の前にいることが多くて、それなりの成果があった。
ただ、突然の地震で驚く。一応、無線機のラックは倒れないようにしているが、あまりあてにならない。あわてて、離れて部屋から出た。
 
RS-15    29.952   CW  29.374  CW  ?    受信 IC-9100  V型ダイポール
06:26  RS-15らしき信号を聴く。録音。
UTUBEで3つばかり信号の特徴を調べたが、「クーウ、クーウ」という自局のとらえたイメージに近い音が聞こえた。LOSと共に聞こえなくなった。
10:53  信号を確認できず。
17:40     同上
1994年に打ち上げられた衛星で高度が高いので、今日の17:40のパスでは、29分間の可視時間となる。仰角77度で2044kmの距離である。
Rs15_image AMSATより入手
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
08:36    mel  34    79  count 1273   JA 3局
パス中で、1回くらいはぴーぴーピーと鳴り、その後データの送信タイミングが速くなることがある。FC1と違ってどこか異常が感じられる。
10:12  mel 17   66  count 1339  position  33
21:05     27   信号を確認できず。
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
08:55  mel Transpoder on    32  count 19805
Trapon onで信号は元気がない。
10:31  mel  46 Trapon  on  53   count 19858
21:24      84  同上     12       19870           
ぎりぎりまでUO-11を追って、それからの受信で残り5分。
SPROUT   437.525 CW 437.600  1200bpsAFSK SSTV
11:48  mel 67 CW & SSTV  recorded
1408240348u_sprout_sstv1
1408240348u_sprout_sstv2
昨日より鮮明に受信。でも、何の画像かよくわからない。
いつも思うのだが、CWとSSTVの送信の切り替わりはどこで判断するかの判断がむずかしい。
SHINDAISAT    437.485  CW  437.305  1200bps AFSK  Mixw2+Onlinekiss
13:56  mel 66  LOS後、突然4~5回、1200bps AFSK信号を発した。1フレームのみとれた。
****信号が確認できなかった衛星****
PCSAT(NO-44)  144.390 1200bps AFSK 9600bps FSK  145.827 U/D 1200bps AFSK ?
17:58  mel 45  信号を確認できず。最初の2分くらいで、1回、AFSK特有のピギャー音が聞こえたので、うまくいくかと思ったが、それっきりだった。
その後、今回は1200bpsで構えていたのでモードそのものが間違いだったかもしれない。それでも、スケルチをぎりぎりで閉じていれば、信号に気が付くはずだが。次回のお楽しみになった。
この衛星のGSサイトが発見できないのは、もうすでに運用されていないからのか。JE9PELさんの「入門」では、話題が多かったようだ。書かれていたPCSATのサイトは今はアクセスできなかった。
UOSAT-2(UO11)  145.825  1200bps
21:18  mel 32  信号を確認できず。 
Invader  437.320  CW  437.200  AFSK1200bps  MixW2 +ONLINEKISS
21:43  mel 12  信号を確認できず。
昨日はデジトーカーが送信されたとのことで待機したが。昼間の方がよかったようだ。

2014年8月23日 (土)

衛星受信 VERMONT LunarのGMSK SPROUTのSSTV画像受信

FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
08:34   mel  8   Transponde on   5   count  19700
10:08    83         on 56     19756 
音声FM波(145.940)あり。最初、の3分くらいは何も聞こえず。仰角83度で611kmまでの距離。信号は、Trapon onでも強力。
21:03    51  Transponde on  17   count 19773 
音声M 波(145.940)。
Vermont Lunar    437.305  9600bps GMSK
09:21  mel 43    1frame
1408230021u_vemontlunar_gmsk

下のテキストは、モービルFM波の化け字。
モービルFM波(437.300)あり、受信に支障。CAWさんによれば、5分に1回ということのようだ。
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
09:58  mel 28   信号はでていない模様。UKUBE-1も同じ。
20:45     45   119   count 1195 
SPROUT   437.525 CW 437.600  1200bpsAFSK SSTV
22:23   mel 23  CW受信(録音) SSTV受信 画像は3つ目の途中まで(MMSSTVを使用)
何かはわからないが、初めて形のある絵として受信できた。
1408231323u_sprout_sstv
1408231323u_sprout_sstv2
3枚目は不鮮明で提示するほどのものではない。
SHINDAISAT    437.485  CW  437.305  1200bps AFSK
          Mixw2+Onlinekiss
23:07  mel  45    最後になって、コールサインを表示したデータを受信した。
1408231407u_shindaisat_afsk
****信号が確認できなかった衛星****
Xatcobeo   437.365  145.940  CW
20:22  mel 49  CWはわかりやすいが、聞こえてこなかった。 
CAWさんの予想では、9月1日あたりに大気圏突入の予想があるようだしが、自局はそこまで見る余裕はない。

2014年8月22日 (金)

衛星受信 cubebug-2 久々の受信 FO-29のCW解析

暑さは今週いっぱいということらしい。エアコンの電気代が心配だが、仕方がない。
 
UWE-3 436.395  9600bps GMSK  
       G3RUHsoundmodem + onlineTeremetry Decoder(DK3WN)
08:57    mel  16   8frame
1408212357u_uwe3_gmsk  battery A Temp
モービルFM波(436.380)あり。
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
09:33  mel 46  66  count 990  position 42->39
今日は順調に受信。送信していない時にたまたま受信したようだが。
20:25           79    86    count   1076   position  38
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:47  mel 54  116  count 19673
20:42           28    Trapon on   最後に off   15   count 19688 
22:18     18  Trapon on  7  count  19695
強力な音声FM波(145.940)あり、野放し状態。音声波がでている間は全く受信できず。 
CUBEBUG-2  437.445   GMSK 9600bps
                    G3RUHSoundmodem +AGWOnlinekiss →デコードソフト(DK3WNさん作成)
09:58  mel 87 15frame  
1408220058u_cubebug2_gmsk  Radio Tempurature
モービルFM波(437.440)があったが、信号は強くGMSKの瞬間的な送信のため問題なかった。
SPROUT   437.525 CW 437.600  1200bpsAFSK SSTV
11:13   mel 25  CWのみ送信(録音)
22:06       15  
音声FM波(437.520)あり。受信に支障あり、途中で中止。
FO-29(JAS-2)  CW(BEACON) 435.795    
  Voice/CW Mode JA Uplink:   145.90 to 146.00 MHz CW/LSB
               Downlink: 435.80 to 435.90 MHz CW/USB
18:29   mel 17  CW  録音し、文字に変換した。
HI HI 20 02 88 D5 00 77 00 00 09 60 01 01 64 7F 90 84 C0 7C 8C 84 8F 90 86
JE9PEL局のFO-29 CW telemetry simple decoder(v2.4)を使って解析してみた。1408220929u_fo29_cwdcd_je9pelprgクリックすると拡大。 
****信号が確認できなかった衛星****
RS-39  435.315 435.215  CW   21:50J mel 12

2014年8月21日 (木)

衛星受信 AO-73 

天気予報を聞いていたら、暑さはもう一日延びたというありがたくないお知らせがあった。とにかく蒸し暑い。今日はがんばってエアコンをつけず。 
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
09:13    mel  80    信号が確認できない。
10:51     6  信号が確認できない。
UKUBE-1も聞いてみたが、同じく確認できなかった。
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:26  mel 30  114   T 19487
11:03     21   70   T 19557  position 78->77
1408210026u_funcube1_bpsk_batte 0926のBattery Voltage
UWE-3 436.395  9600bps GMSK  
       G3RUHsoundmodem + onlineTeremetry Decoder(DK3WN)
10:09   mel  79  6frame
最後、モービルFM波(436.380)あり。
****信号が確認できなかった衛星****
HUMSAT-D 437.325  CW,1200bpsMSK  スペインの衛星
10:18   mel 84  信号を確認できず。
モービルFM波(437.320)  激しい受信障害。しかし、受信できないことも予想されていた。下記のGSサイトでの表明があるからだが。事情はあると思うが、ONLY OVER  GS というのもさびしいものだ。ただ、4月にCAWさんの受信報告があったのでちょっと期待していた。

2014年8月20日 (水)

衛星受信 TISAT-1 かすかな音のCWを受信

広島県の被災者の皆様、心よりお見舞い申し上げます。
 
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
08:53    mel  58    90    count  831
10:30     11  27     858
19:46           35    59           917      
21:23     16    7            924     position  37
モニターで、AOSのスタートを、21:23を21:28と読み間違えた。
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:05   mel  17       87   19204
10:41         35    96      19300   position 78
20:00          9        Trapon off -> on -> off      27   
どのような方針で、on、offの切り替えをしているのだろう。
21:34    62   Trapon on -> off  46   count  19373
SEEDS II (CO-66)    437.485  CW
20:15    mel  75  CWを受信(録音)
1408201115u_co66_cw  クリックすると拡大
非常に明瞭な信号。
UWE-3 436.395  9600bps GMSK  
       G3RUHsoundmodem + onlineTeremetry Decoder(DK3WN)
09:45    mel;  56   音声FM波がひどく、受信不能。
20:40         31   10frame   T 472
1408201140u_uwe3_gmsk
もう一つほしいところ。
TIsat-1     145.980  437.305   CW   AFSK
11:02    mel  27  同時刻に、JA6PL局はCWを受信されているので、自局のミス操作の可能性がある。
LOS前2フレームというから、がんばりがたりなかったか。
GSサイトでは、周波数とモードは以下のようになっている。
TISat1 Frequencies:
Downlink: FM 145.980 MHz
Downlink (Beacon): CW 437.305 MHz
23:28  mel  36  短いCW音を聴取。PSK信号は確認できず。
聞き取れた文字 「_ _ de tisat1」  
<追加>JE9PEKL局のブログ報告は、同時刻受信で、「VVV HB)DE」と伝えているが、自局は後半を聞いたものと思われる。
****信号が確認できなかった衛星****
AAUSAT-2 10:02 20:51 2回聞くが、信号を確認できず。

2014年8月19日 (火)

1日、宇宙関係の展示見学、早朝と夜は衛星受信

今日は、宇宙博と現代美術館の両方に行った。朝7時過ぎに家を出て、帰宅は夜7時前、よく歩き、いい運動になった。
宇宙博はけっこうすごい展示であり、いい勉強になった。3時間半、ゆっくり見た。
アメリカのスミソニアン博物館も同じような(常設)展示があるが、こちらの方が内容は新しい。でもスケールはあちらの方が大きいかな。日頃お世話になっている、人工衛星の展示(鳳龍や今朝聞いたばかりのCUTE-1など)もあった。CUBESATは本当に小さい。
現代美術館の方は宇宙と美の関係を作品として展示したもので、結構難しかったが、よく創作的に工夫されたものが多かった。
それにしても暑かった。帰って、エアコンの効いていない廊下は32度だった。運動と暑さでビールがうまかった。
CUTE-1(CO-55)  436.8375 CW
5:35  mel  45  強いキャリア音のみ確認。
LOSと共に聞こえなくなったことから、CO-55ではないかと思われる。
管制局 の最終情報は2014年3月であり、「 CWビーコンは常時送信」とのことだが。
ちょっとしか聞かなかったが、パケットは聞こえていない。
FO-29(JAS-2)  CW(BEACON) 435.795    
  Voice/CW Mode JA Uplink:   145.90 to 146.00 MHz CW/LSB
               Downlink: 435.80 to 435.90 MHz CW/USB
05:55J  mel 82  非常に強力CWを連続送信。
早朝であるが、高仰角なので、音声やCWの交信がされていたかもしれないが、聞いていない。
14082050ufo29cw

FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
21: 03    mel  27       9   count 741  position 37
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
21:13    mel  69  Trapon on   -.>  off    40  count 19117 78
地上FM波(145.940)、受信障害になる。

2014年8月18日 (月)

お盆の夏休みが終わり、受信障害となるモービルFM波などの不法無線が戻ってきた。

FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
08:14    mel  20    31  T 673  position 35
地上FM波(145.920)が激しい受信障害。最初の6分はまったくつかいものにならない。
しかし、衛星もいつもより信号が強くない。
8:22過ぎから送信ペースが速くなる。JA2局受信。
9:50  mel 28   59   Count 732    
信号はさほど強くない。
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
08:23  mel  3    17   
09:57     70    72   count 19077  position 78   
140818fc1position   
DUCHIFAT   145.980  1200bps BPSK  MixW2+OnLineKiss
08:50    mel  20    CWをLOS前に確認したが、DUCHIFAT-1のものかは確認できず。また、間にBPSK音のようなものが混じっていた。信号は弱い。
10:27  mel 27  録音。CWを聞き、DUCHIFAT-1と判明したが、信号は非常に弱い。CWの直後、BPSKが流れる。
E1P-U2    437.502  1200bps BPSK
09:39  mel  75  2回ほど、BPSK音を確認したが、デコードはできなかった。
****信号が確認できなかった衛星****
COMPASS-1  437.275  CW  437.405  4800bps MSK
10:16  mel 12   受信障害がひどく、信号が確認できない。
音声FM波(437.280)、強い信号あり。
UWE-3 436.395 436.385  9600bps GMSK  
       G3RUHsoundmodem + onlineTeremetry Decoder(DK3WN)
10:33  mel 39  信号が確認できない。
モービルFM波がひどい。通常の環境ならば受信できると思われる。

2014年8月17日 (日)

衛星受信 LO-19 他

FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
09:31   mel  47    55    T 643   
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09::36    mel  38   32  T 18916
FC2通過後の4分間受信。
11:13    mel  16       70
LUSAT(LO-19)      437.125  CW
11:56    mel  33      強いCWのキャリア音
昨日のJE9PEL局の報告では、「大変強力です。」ということだったので受信してみたが、確かにそうだった。
1990年1月の打ち上げなので、24年前のアルゼンチンの衛星である。以下は、GUNTER'S SPACE PAGEから。

Co-ordinated by AMSAT Argentina, the LUSAT (named after the LU amateur designation for Argentina) microsatellite was launched on the first ARIANE ASAP flight V35 with SPOT 2, on the 22 January 1990 (01:35:27 GMT) into an 780 km sun-synchronous, 98 degree inclined orbit.

It carries Digital Store and Forward packet communications transponder similar to AO-16. Uplink frequencies are 145.84, 145.86, 145.88, and 145.90 MHz FM 1200 bps Manchester FSK. Downlink frequency and protocol is AX.25 at 437.125 MHz SSB 1200 bps RC-BPSK. It is box shaped with dimensions of 213 × 230 × 230 mm, with four solar panels and weighs 13.76 kg.

****信号が確認できなかった衛星****

DANDE    436.75    FM G3RUHSoundmodem + AGWOnlinekiss
11:22    mel  20   
14:49     17  
1408170222u_dande_dsktop DANDEのCalsat32の操作画面
ネットで見ても、この2月以降のブログ記事はないようだ(JE1CVLさんの2月9日)
BEESAT    436.000    CW    9600bps  gmsk
12:16    mel  26    
CAPE1      435.245    CW    9600bps FSK
14:36    mel  46   

2014年8月16日 (土)

衛星受信 FUNcube-2が受信できた

突然聞こえなくなったFC2だが、今日の2パス目に聞こえてきた(1パスは受信していない)。

FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
09:11    mel  81    100  Count  589
1408160011u_funcube2_bpsk
9日以来の受信になった。非常に強力な信号だった。
JH4XSy局より、FC2のforumサイトの情報をいただいた。
forum.funcube.org.uk   こういうのをよく見つけますね。
この1週間は、ビーコンは一定時間しか送信していなかったのでは。理由はDashboardの不具合を直していたからではないか。特定の局だけが受信できていることからすると。
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:15    mel  21    Trapon off     19      count    18799
FC2を最後まで受信したので、最後の数分間の受信になった。
10:51  mel 27  87  count 18886 
PolyITAN  437.675  CW 9600bps GMSK
22:50    mel  53    CW  fq de m0ukpi e m0ukpi k  不明瞭な部分があり、若干の間違いがあるかもしれない。
1408161350u_politan1_cw
 
****信号が確認できなかった衛星****
AAUSAT3    437.425MHz    CW   4800bps  FSK
06:34   mel  26   CW,FSK共、信号を確認できず。
衛星サイト   後でじっくりと読んでみたいサイトである。
この衛星の後継が4,5と打ち上げられる予定があるようだ。
CUBEBUG-1  437.438.4   1200bps  AFSK  (9600bps GFSK)
09:48   mel  15    信号を確認できず。
11:24       38    同上
22:18       67    同上
RS-30   435.315 435.215  CW
11:44   mel  24  信号を確認できず。
TIsat-1     437.305   CW   AFSK
22:30    mel  42    信号を確認できず。
 

2014年8月15日 (金)

衛星受信 AO-73 

JE9PEL局の 「衛星周波数一覧表」をもとにして、アクティブな衛星を判断し受信しているが、自局の技術や個々の衛星の運用計画もあって、なかなか思うように進まない。
特に、一部の衛星は、PCソフトのインストール技術がむずかしくて、先輩方のようにスムーズに受信できない。少しずつ進むしかない。
 
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
08:51    mel  56  3分間受信するが、信号を確認できず。
今日と昨日の受信記録(局、Count)と比べると、10局近くが更新されている。
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:53    mel  12    85  T18714
10:29     48   66  T18780 Position 80 -> 79
UWE-3 436.395  9600bps GMSK  
       G3RUHsoundmodem + onlineTeremetry Decoder(DK3WN)
09:1    28      8frame    T 457
1408150019u_uwe3_gmsk 
batt A voltage
GOMX-1   437.250  CW  MSK(CCSDS)  
管制局サイト      受信の方法が詳しくでているが、波形以外の受信報告はないようだ。
10:14    mel  29   信号を10秒間に1回発信していると思われる。LOSと共に消えた。
140815gox
 
****信号が確認できなかった衛星****
M-CUBED & EXP-1 Prime  437.485 1200bps AFSK
09:10    mel  38    
モービルFM波(437.480)あり。
10:46        17
前回同様のFM波あり。

2014年8月14日 (木)

衛星受信 AO-73 

ちょっと気温が下がり気味だが、湿度は高い。
できるだけ、今まで受信したことがないのを選んでいるが、結果は今ひとつ。
 
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
08:32   mel  5   43   
10:07    83   31   
10:07では、待っている間に居眠り、最後の数分受信。
11:45     6  43   T 18629
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
08:31   信号は確認されず。
JA局の情報報告があったが、間違いとのこと。FC2の運用はどこかでわからないのだろうか。
ANTELSAT    437.275   1200bps AFSK  MixW2+OnLineKiss
09:08  mel  38  5frame
以前はOnlinekissまでデコードできていたが、なぜか、MixW2で止まってしまった。
AISAT 437.511  CW
10:50   mel  27   CW  do0ais8.32v を確認。
CAPE-2  145.825  CW   AX25
12:15     mel  52   信号を確認できず。

2014年8月13日 (水)

衛星受信 POPSAT-HIP-1 他

このところ、出歩くことが少なくなったが、今日は久々に立川の街へ行く。
 
POPSAT-HIP-1 437.405  CW  CCSDS
09:27   mel  52    CW    「popsat」
1408130023upopsat  
左はCW、右は不明。Audacity、IC-9100noFM、datamode。
7月6日受信と同じだが、2分おき。その間に不明の信号が流れる。これがCCSDSなのか。
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
09:48  mel  29   信号を確認できない。  
ただ、、warehouseを見ると、Data ProvidersにN8HMの名前があり、受信されているようだ。11日にRankingを記録したものと比べると、多数の外国局の更新が見られ、JA5局でも、JH4XSY局が伸びている。
UWE-3 436.395  9600bps GMSK  
       G3RUHsoundmodem + onlineTeremetry Decoder(DK3WN)
10:07  mel  78  8frame  T 445
1408130107u_uwe3_gmsk  強力な信号。OBC temp
 





2014年8月12日 (火)

衛星受信 FUNcube-1 UNISA-6 他

昨日、今日と、夏休みに合わせて、息子たちが帰省中で、孫の面倒もあったりで、受信がままならない。いつもよりにぎやかなのはいいことだが。

FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:24   mel  27    91      T 18456   Position  80
21:54    35  Transponder on  -> off    56   T 18512
140812ranking
UNISAT-6     437.425   9600bps GMSK
21:31   mel  21   MixW2+nloinekiss840                     18frame
                       G3ruhsoundmodem+AGWonlinekiss  18frame
イタリアの大学の衛星  参照サイト
R14081231u_unisat6_gmsk
JE9PELさんのまねで2つのデコーダーを動作させてみた。
結果的に同じ数だけのフレーム数になっているが、実際はそれぞれのみがデコードした時、、一緒にデコードした時と分かれる。
全体的には、UWE-3と比べると、信号は強いが、デコード率は相当低い。
SPROUT   437.525 CW 437.600  SSTV
22:23   mel 23  CW 録音
TabletSat-Aurora  437.550  9600bps gmsk
22:51  確認できず。

2014年8月11日 (月)

衛星受信 

今日は、Calsat32の利用ガイドと「構成ファイル」を眺めていた。

FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:03  mel  15    96
音声FM波(145.940)あり。
10:39  mel  37    80  Count 18351  Position 80->79
21:33      66    Trapon on  14   Count 18365
 
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
09:09  mel  80  信号が確認できない。
WAREhouseのFC2のUpload Rnkingも変化がない。 
20:01のパスでは、UKUBE-1も聞いてみたが、信号を見いだせない。
途中で、突然 「n midori」  というモールスが聞こえてきたがすぐに途絶える(録音)。
そこで、「midori sat ukube-1」で検索すると、UKUBE-1のcwの一部ということが分かった。
ということは、この衛星のビーコンということ。知っている人は知っている。
でもなんでmidoriなのか。
Delfi-c3(DO-64)  145.870 1200bps BPSK  Move telemtry Receiver
09:39  mel 78  データは取得できたが。
本来の専用のデコーダーがあって、かつてそれを使っていたと思うが。
BugSat-1    437.445  9600bpsGMSK   MixW2+Onlinekiss
10:02   mel  59  26frame
1408110102u_bugsat1_gmsk
なぜか、G3+AGWではデコードしなかった。
 

UWE-3 436.395  9600bps GMSK  
       G3RUHsoundmodem + onlineTeremetry Decoder(DK3WN)
21:50   mel  34   6frame

2014年8月10日 (日)

衛星受信 JUGNU FUNcube-2 他5衛星 

今日午前中は、所属クラブがサポートする市の生涯学習行事のお手伝いに行く。
「トランジスタラジオを作ろう」という工作教室だった。

全グループとも、無事にラジオが鳴り!、めでたしめでたしであった。
というよりサポートする側としても、うまく動作してくれてほっと一息という感じだった。

JUGNU     437.2759  CW  録音 
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard21:11   mel  64    Trapon on    46
 
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
21:19J mel 17    信号を確認できず。当方に間違いはないと思う。理由は不明。他局の情報が知りたい。
WarehousのFC2のレポートサイトは正常のようだが、肝心の信号が見つからなくては、、。
 
UWE-3 436.395  9600bps GMSK  
       G3RUHsoundmodem + onlineTeremetry Decoder(DK3WN)
21:25  mel  70  4frame  Count 431
1408101225u_uwe3_gmsk_onlinedk3_2
FC2をあきらめて、途中からの受信となった。

SPROUT   437.525 CW 437.600  SSTV
23:23J  mel66   短いCW送信の後、SSTV送信になったが、形になるような信号ではなかった。
MMSSTVのスペクトラム表示にSSTVらしき形になることはあったが、全体的に弱い電波で無理な感じだった。

2014年8月 9日 (土)

Calsat32の軌道要素の更新方法

昨夜、所属の無線クラブで、「アマチュア衛星通信」の紹介をスライドを使って行った。

話が終わった後の皆さん方の印象は、ちょっと高度すぎてという感じだった。
決してそんなことはないのだが、もう少し内容を絞り、「こうすれば特殊なアンテナ関係の機械がなくても、だれでもできますよ」というような具体的な受信の方法を説明すればよかったかもしれない。

地域の無線クラブのあり方は入っている人の期待の内容で変わると思うが、私はそれぞれがもっている嗜好性をしっかり出して、どんなものでも互いに学び合う、そんな会ができればと思う。

今日は、トラ技9月号を集中的に読んだ。と言っても、最初と最後の章だけだが。

CQ出版は、「フルディジタル無線」ということで、ソフトウェアを使って性能の中身まで決められるHFのトランシーバを、9~10月にキットとして販売も予定しているとのこと。
9月号はそのトランシーバ関連の記事が特集。専門的な内容ばかりで分からないところのほうが多いが、大まかなところを理解できればと思っている。

CQ出版社の特設ページ  


CALSAT32の軌道要素ファイルの更新の方法

1 Calsat32の「軌道要素の更新と追加」
「celestrac」の「cubesat」「Amatuer Rasio」「Last 30 Days'」を順に「データ更新」「既存更新」をする。

2 「ELEM」ファイルを調べ、更新されていない衛星をチェックする。

3 下記のサイトで、2番目の「SEARCH BY SPACE COMMAND ID」にカタログ番号を記入する。

http://www.n2yo.com/database/?q=Find+a+satellite...

これで、Firebird以外は全て更新できた。Firebirdは特別のurlで更新。

*********************************

FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard

8:29  mel  39    74   T 
FUncube-1は周波数がどんどんずれていくが、このFUNcube-2の方はそれがない。
今日もリアルタイムでのWarehouseのレポートができなかった。どうもサイト側のシステムに問題があると思われる。
CAWさんはあいかわらず最初の1回だけのカウントになっているし、衛星の送信のタイミングも途中からかわったり、異音がしたりしている。
20:58   mel  29   58
相変わらず、レポートができない状態だが、次のUWE-3(21:07)まで受信してみた。
Upload Ranking も同じ

2014年8月 8日 (金)

衛星受信 FUNcube-2 FUNcube-2 Velox I

やさしいFUNcube関係の衛星ばかりを受信していてはだめと思いつつも易きに流れる。

FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
08:10  mel  19     70-80 ?   36  T 416  
1stパスでは、データは取得できているが、warehouseのCountに更新されなかった。当方は今までの設定だが、なぜかわからない。再度Dashboardを立ち上げたり、PCを再起動したりしたが、だめだった。ところが、数十分して、サイトをみると、カウントされている。昨日はリアルタイムだったが、本当によくわからない。
09:46    30  75   T 490
JA1GDEさんとともに出ていた。今回はレポートに問題なし。

 
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:34  mel 35   99  T 18055
11:11     16   74  T 18129  position 78
1408081111u_funcube1_bpsk
Velox I  145.980 CW 9600bps fsk
10:48  mel 28  CW   周波数の変動が大きく、なかなか取り切れないが、とてもいい音。

SPROUT   437.525 CW 437.600  SSTV
11:57   mel 89  CWのみ確認
モービル音声波(437.520)

2014年8月 7日 (木)

衛星受信 FUNcube-2 SPROUT 他

相変わらず暑い。でも昨日よりはしのぎやすいかな。

 
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
07:51   mel 11     49     Count  159   
09:26         50    72                231
18:45     7  11                242
20:18    86   115       357    
21:58     5  23       380  position  36
1408071118u_funcube2_bpsk  
昨日のDashBoardの画面でもそうだったが、Data CollectionはすべてFailedになっているのはどういうことか。
それぞれのパスで、キャリア音がしたら、データを降ろす間隔が早くなった。
JA2局受信。全体でも106局中4局。
 
FUNcube-1(AO-73) 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
10:49  mel 28   70   T 17935
スタートが遅れてしまった。
18:45  mel 7  12  T 243
20:08          11    Transponder  on -> off   21
offになったら、信号が強力になる。
 
SPROUT   437.525 CW 437.600  AFSK SSTV
         MixW2+OnlinekissV840
11:40  mel 54  AFSK  よくわからないデータ。信号は非常に強力だった。SSTVでも大丈夫な感じだが。
1408071140u_sprout_afsk
22:32mel  29   CWのみ  録音
***************************************

TISAT 1  11:07  信号確認できず。

2014年8月 6日 (水)

衛星受信 AO-73 UWE-3 Dashboardのバージョンアップ Newsat 2

11時現在、居間は、エアコンをつけず35度、エアコン室外機の温度も35度。
奥様は暑い中がんばっている。
いいのか悪いのか、自分の部屋は、エアコンつけて28度。
その後、外気温は39度まで上昇した。居間のエアコンも起動したようだ。
 
AO-73 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
08:52   mel  10   Trapn off     56  Count 17740    
弱い受信障害波(145.940)あり。
10:27   mel  50   off                 101             17841     Position  78
受信障害波(145.940)あり。
12:07 mel  2                            10             17851
NewVersion でも問題なくリポートできた。
21:21 mel  82  14
 
2パスの後、Dashboardの新しいバージョンをやっとインストールした。
手順は、特に難しくなく、インストラーをクリックしたのみ。以前のバージョンはアンインストールすることもなかった。Setting情報も引き継がれた。
Real time の表示は若干変わっただけで大きな変更はないように見える。
 
トラポンのon-offの状況
どういう地域でonになるのか、一部調べてみた。どこかのサイトでわかるのだろうか。
SatelliteStatus Transponder state  
Mode switching Auto
09:53J on  South America
10:07  off  Atlantic Ocean(North America) 
                  East Asia
11:28    on    South America
12:10    off   East Asia
 
<Newsatの対応>
Ukube-1、Dx1を受信できるようにセットした。
ただ、このUkube-1と一緒になっている衛星はちょっとわかりにくい。
CQhamradio7月号の衛星通信情報、JE9pel氏のサイト、及びCelestracの軌道情報をまtめると、
Catalog numberはいずれも、40074  AMSAT-UKから打ち上げたもので、3UのCubesat
公募の3つの衛星を搭載。
Ukube-1  145.840  telemetry    cw  BPSK 1200bps
 
FUNcube-2     145.915    transponder  downlink 145.950-145.930
                                                       uplink    435.080-435.060
 
  他に、ISIS,UKSEDS,CPUTがあり、それぞれアマチュア周波数帯を使用しているが
受信の情報は確認できていない。
 
DX1 Catalog number 40071
     telemetry  438.225   AX.25  9600bps  GFSK 
   transponder downlink 434.975-435.025  uplink 144.975-145.025
こちらの運用周波数はバンドプランにそっていないようだ。
 
************************************
Ukube-1  145.840  telemetry    cw  BPSK 1200bps
18:27  mel 3  cw  録音
初めて受信、低仰角にもかかわらず、信号がクリアだった。
 
FUNcube-2     145.915  BPSK 1200bps FUNCUBE-1Dashboard
19:59  mel  59   58   Count 58  Position 63
Calsat32上では、 Ukube-1と、この衛星の周波数は違うので、別の衛星データを設定しないといけないことにAOSを過ぎて気が付いた。
受信開始は5分以上すぎてから。非常に強力な信号。AO-73(FUNcube-1)と同じDashboardで受信。一つのソフトで2つの衛星を受信し、レポートは別々にされるとは本当にシステマティックである。衛星の堅実・確実なつくりにUKの実力を知らされた。
ただ、Ukube-1と一緒に受信できないのは不便である。
21:37  mel 10  52  Count 110  Position 53
1408061237u_funcube2_dashb
低仰角で信号も弱いが、デコード率は高かった。ソフトのおかげだろうか。
 
DX1      telemetry  438.225   AX.25  9600bps  GFSK
      G3RUHSoundmodem+AGWonlinekiss
18:49  8  3frame
1408060949u_dx1_gfsk_2
音声FM波(438.240)  強力なローカル波。どうも免許所持者。438.220から下がり、最後になってやっと3フレーム受信。結構強力だった。
20:23  mel 75  16frame
今回は受信障害がなく、順調に受信。
30秒に1回の送信。信号は非常に強力。kissfileの中身がないか、見えない。他局の報告をみてもそれ以上はないので解析ソフトは現状ではないようだ。
 
UWE-3 436.395  9600bps GMSK  
       G3RUHsoundmodem + onlineTeremetry Decoder(DK3WN)
21:24  mel 73  6frame   T 427
1408061224u_uwe3_gmsk_onlinedk3
順調な受信。夜rの方が不法無線が少なく受信しやすい。

2014年8月 5日 (火)

衛星受信 AO-73 

外はやはり暑い。
今日はPC内のファイル整理を行う。

AO-73 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:32   mel 4     43    T 17507 
10:06        79  114    T 17621 
20:59        45  63  T17684   Rkg  78
現在、UWE-3と出没時間がほぼ一致しているので、どちらかを優先しなくてはならない。
20:59のパスでは、最初はTraponがon,offを交互に変わっていたが、最後の5分間は安定してoffに。
最初弱かった信号は、途中から強力になった。


2014年8月 4日 (月)

衛星受信 AO-73 

朝早くから下手なゴルフのおつきあい。早く終わったのだが、後の会の方が長くて、帰ったのが夜の7時半。

AO-73 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard

20::38   mel  25   Transponder on    42   T 17464  Rkg 79 -> 78
途中から オンからオフに変わったが、オフの表示が遅れているみたい。
昨日は77番目。夜のスタート時は79番目。競争が激しい。

2014年8月 3日 (日)

衛星受信、まる2日お休み AO-73のみ夜受信

昨日、今日と100%ではないが、受信する時間がなかった。

孫が来て、相手をしなくてはいけなかった。
1年前も同じように預かり、成長のすごさを感じたが、夜・朝とリグの前に座れるほどの耐久力がなかった。
2日の午後3時半くらいか、フィールドデーのコンテストで1.2GHzが日光移動局からから発信されていたが、ちょっと聞いただけだった。
あんなに遠いところでも1.2Gが聞こえるなんてとびっくりしたが、そこまで。
明日はまた早朝から、止めたゴルフのお遊びに出かける。
AO-73 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
09:53  mel 38 Tranponder on  47   T  17422    Rkg 77
順番は変わらないが、後退している。
トランスポンダがオンの割には強い信号である。

2014年8月 1日 (金)

衛星受信 AO-73 

8月に入った。正に真夏、朝からやる気をそぐような暑さである。
明日から小さいお客様が来るので、お掃除をする。
フィールドデーに、1.2Gで出たいが、無理かもしれない。
 
AO-73 145.935  USB 1200bps BPSK   Dashboard
08:41  mel  6     69   T 17288   Rkg 78
10:16    72  87 T 17375 Rkg 77
最大仰角72度の至近で636km、信号は強いがあっという間に通り過ぎる。AOS,LOSでは2800kmを超える。
140801ao73rkg 77番目になったが、次はVP8NOさん(190066、Rkg 74)を超えること。そこまで約1700。75.76番目は緑色でアクティブなので、多分追い越せない。
あまり意味のない競争だが、なんとなく気になるのである。 

UWE-3 436.395  9600bps GMSK  
G3RUHsoundmodem + onlineTeremetry Decoder(DK3WN)
10:04  mel 87  3frame  T 421
1408011004j_uwe3_gmsk_onlinedk3 モービルFM波(436.400、436.380)の受信障害。PLさんの昨日のブログを詳しく見ると、436.385だったようだ。今日は最初の4分間その周波数に設定したが反応がなかったので、元に戻すと3フレームを受信できた。結局、受信周波数の間違い、この送信周波数の情報はどこかにあるのか、関係のサイトを見たが自局ではわからない。




 

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »