« 部屋の模様替え | トップページ | トランシーバの点検の必要性が出てきた »

2014年2月10日 (月)

英語翻訳ソフト「logovista」の再インストール

<経過>

数ヶ月前に、英語翻訳ソフトlogovistaが起動しなくなったので、発売元に連絡すると、

セーフモードでアンインストールし、さらに同じモードで再インストールして、とのこと。

しばらくそのままだったが、ここで必要にせまられ再インストールすることにした。

1 セーフモードでのつまづき

さて、セーフモードにしようと、最初のロゴ画面で「f8」を押しても受け付けない。他にf5やコントロールキーを押したりなどもあるようだが、いずれもだめだった。

でもやっと1回だけ成功したのでセーフモードに入り、目的のソフトをアンインストールした。ただ、この段階で、「K14scwは停止しました」と出て、その後も7項目の「自動登録のメッセージ」のエラーメッセージが出た。

2 再インストール

またまたセーフモードに入れない。しかたなく、通常のモードでインストールした。今のところ問題はない。

この英語翻訳ソフトは、外国のソフトを「使わせてください」というときに使う。英語から日本語の出来はよくないが、日本語を英語に直すときに気軽に使える。適訳でないときもあるが、そのときは修正して使う。

« 部屋の模様替え | トップページ | トランシーバの点検の必要性が出てきた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語翻訳ソフト「logovista」の再インストール:

« 部屋の模様替え | トップページ | トランシーバの点検の必要性が出てきた »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー