« 衛星受信 Delfi-n3XtとSatcontrol_FCD | トップページ | 衛星受信 »

2014年2月20日 (木)

IC-970の2.4GHzの出力の確認

11日に、IC-970のメーカーへの点検を書いたが、その前にまず自分でできることはないかを考えたら、スペアナがあることに気がついた。数年前に入手したが、あまり使っていないので忘れていた(というより宝のもちぐされ)。これで波が出ているかを調べることにした。

<12日>

1 スペアナ

スペアナ(アドバンテスト、8GHz)が使えるか、マニュアルを見ながら動作させてみた。
キャリブレーションを行い、正常動作を確認した。また出力されている信号をもとに出力や周波数の測定をしておさらいした。

2 アッテネータ

また1年ほど前に入手したアッテネータが使えるかを点検した。ステップ型でスイッチ8個で、120dBのアッテネータが1dB単位で行えるものだ。

Supeanaset

左がアッテネータスイッチ、右上がステップアッテネータ、下がスペアナ本体

3 FTー817の144MHz、430MHzの出力測定

FT-817は、出力を0.5Wまで設定できるので、安心してスペアナに入力できる。このスペアナ、壊れる場合は高い入力をしたときらしい。

Ft817_430out FT-817の430MHz出力


出力が確認されて第一段階はOKとなった。

私はスペアナ初心者であり、その道の先輩から見ると、なんだこれはと言われるかもしれないが、こちらは専門外、何事も挑戦、気にしない!

しかし、図体が大きいのでいずれ手放す予定。
現在、GigaSt v5を組み立て中。これは箱の中に入れるだけだが。

<13日>

IC-970とスペアナ・アッテネータをつなごうと思い、コネクタの様子を調べたら、あまく合わせられない。IC-970からN型オスコネクタで、アッテネータはBNCメスで受ける。

必要なのは、N型メスとBNCオス変換のコネクタ、これがない。それで、オークションで350円のNJ-NJを入手。普通、1800円くらいはするので、びっくりするくらい安いが、どうしてかな?

<19日>

トランシーバ → アッテネータ  → スペアナ と出力させ、CWやFMの出力を見る。オシロスコープではないが、目的の周波数が出力されているか。

無事、IC-970の1.2GHzや2.4GHzが出ていることを確認した。電力測定はこれから。

Ic970wave IC-970の2427MHzの周波数出力

よって、とりあえず、IC-970は正常動作していると判断。問題は2.4GHzのアンテナの動作があやしいと見た。
アンテナの点検は必要なので、後日依頼する。

« 衛星受信 Delfi-n3XtとSatcontrol_FCD | トップページ | 衛星受信 »

アマチュア無線・BCL」カテゴリの記事

コメント

河野さん 初めてコメントします。
なかなかの内容のBlogですね。
折に触れ、拝見させていただきます。
「河野」さんの発音は「かわの」でよいのですか
それとも「こうの」ですか?
de JE1CVL 久下文男(くげふみお)

CVL 久下さん、コメントありがとうございます。こうの(河野)と申します。
CVLさんのような質の高いものにはできませんが、できるだけ衛星受信に焦点をあてたブログにしたいと思います。よろしくお願いします。

了解しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218775/59123354

この記事へのトラックバック一覧です: IC-970の2.4GHzの出力の確認:

« 衛星受信 Delfi-n3XtとSatcontrol_FCD | トップページ | 衛星受信 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30