« クラウドへのデータ保存へ | トップページ | アンテナ追尾システムの復旧 »

2014年2月24日 (月)

GigaSt v5の組み立て

どちらのカテゴリーにすべきか迷ったが、PCを使うといっても、無線機の測定などに活用するので、アマチュア無線・BCLにした。

2009年4月、随分前に購入したものだが、やっとここで手を付けた。

<2月23日>

組み立てといっても、ケースに入れるだけである。若干大きな穴を開け、後は基板固定のねじ穴を計6個あけるだけである。本体基板とUSB出入力基板とのコネクタづくりにはちょっとだけ時間がかかった。久々の工作である。

Gigast

このGigaStとは、スペアナである。PCとUSBでつないで動作させる。

このキットを販売している方のサイトを見ると、12Ghzまでの動作が可能であるとのことである。

メーカーが製作・販売しているものとは違い、スペアナもどき ものということである。

ただ、このところ廉価版のスペアナが出されているが、その製品のテストをしているサイト記事を見ると、このキットは結構いい性能を有しているらしい。

明日以降、PCにソフトをインストールして性能を調べる。

<24日>

今日は、このキットを出している方のサイトを読み、「VCPドライバ-」や本体の制御ソフトをダウンロードしたりした。うまく動作してくれるといいが。

http://www.wa.commufa.jp/gigast/GigaSt5/GigaSt-v5.html

« クラウドへのデータ保存へ | トップページ | アンテナ追尾システムの復旧 »

アマチュア無線・BCL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218775/59188369

この記事へのトラックバック一覧です: GigaSt v5の組み立て:

« クラウドへのデータ保存へ | トップページ | アンテナ追尾システムの復旧 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31