« トランシーバの点検の必要性が出てきた | トップページ | アンテナ追尾のシステムの復旧の作業 »

2014年2月13日 (木)

衛星受信 Delfiがちょっと前進

2月12日

このところ成果が少ないが、今日はDelfi-n3Xtが20パケットできた。

今までやってきたつもりだけでど、マウスによる周波数制御が微妙に行うほどよいようだ。

Delfi-n3Xt

09:49     51度   20?           総計 142

AO-73

10:37     53度    66パケット       総計 2605

2月13日

今日は39パケットで徐々に増えつつあるが、これ以上は無理かと思われる。通常、トランシーバを使った受信では、アンテナ直下のプリアンプを使い、受信電波を強くしてから、同軸アンテナを通り、トランシーバで再生するが、FCDの場合は、内部アンテナでアンテナを通ってから再生させるためにだからだ。アンテナ直下のプリアンプを、直接オンする方法が見つからない。

Delfi-n3Xt

10:26     65度     39パケット    計181

AO-73

09:23     20度   71  

10:59     33度   75       総計 2751  

20140213ao73dash_2

AO-73のDashboardの画面。これはデコードした周波数をグラフにしたもの。

« トランシーバの点検の必要性が出てきた | トップページ | アンテナ追尾のシステムの復旧の作業 »

アマチュア無線・BCL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218775/59118618

この記事へのトラックバック一覧です: 衛星受信 Delfiがちょっと前進:

« トランシーバの点検の必要性が出てきた | トップページ | アンテナ追尾のシステムの復旧の作業 »