« 衛星受信 トラブル発生 | トップページ | 衛星受信、本日は成果無し »

2013年11月29日 (金)

衛星受信

本日、いくつかの衛星を追っかける。

<AO-73(FUNcube-1)>

朝09:32からの11分間、最高仰角19度であるが、今までで最高だった。最初の頃は、19度ではほとんどデコードできなかった。次の対策を行う。

1 受信電波の補正を+430程度Hzにして受信すると、おもしろいようにデコードする。
 他局の情報では、もっと

2 受信音量をできるだけ絞る。下の写真のようにするとこれまたよかった。右下に「Detected Frequency」が出るが表示されていて、それが復調された周波数のようだ。
 

20131129funcubedashib1

20131129funcubedashib2

ところで、この衛星の出している電波は次のようである。

  Telemetry subsystem 
   145.935 MHz BPSK Telemetry 300 mW   Operational when in sunlight
   

 この画面では2局が送信している。

20131129funcubedataproviders_2 衛星運用局のサイトの切り取り画面

今回は、カウント数 74 合計 424であった。また、今回のパスでは、JAは3局がデータを送っていることも分かった。

2回目のパス11:09、仰角28度だったが、  激しいFM局のQRM(アマチュアのバンドプランを守らない)があって十分に受信できず。結局、カウント数 38 合計462 となった。

本日4回目のパスは、51度と非常に高い。多分、音声で出ている可能性が高いので、自分もループをとって、自分の声くらいは聞きたいと準備したが、まったくループはとれず。何かこつのようなものが不足している。

以前は、いっても20年ほど前は普通に音声交信できていたが。地球に近いため、速い動きのためか。とにかく、まったく自分の声は聞こえない。
聞こえていた他局の声で、モードは、アップはUSB、ダウンはLSBに修正した。

<Delfi-3nXT>

朝09:49のパス、最高仰角30度。初めて受信する。電波は強力であったが、デコードできず。原因不明。他の国の局は難なくデコードできているのにとJA局の先輩が嘆いていたが、自局も同様である。

2回目のパス11:26も受信できるが、復調できず。よく分からない。次のパスは夜。

Delfi3nxtdecord

<Pico-Dragon>

  受信を試みたが、信号発見できず。多分、出ていない模様。

○ほんのちょっぴりだが、再スタートの成果が出てきている。でもこれらはこの世界の先輩達の情報提供のおかげである。いつかは独り立ちしたいと思う。

« 衛星受信 トラブル発生 | トップページ | 衛星受信、本日は成果無し »

アマチュア無線・BCL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218775/58691370

この記事へのトラックバック一覧です: 衛星受信:

« 衛星受信 トラブル発生 | トップページ | 衛星受信、本日は成果無し »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30