« スマホなどのデータ通信への対応 | トップページ | 衛星受信 »

2013年11月27日 (水)

衛星受信 トラブル発生

<本日の衛星受信作業記録>   

FUNcube-1

 1回目のパス 10時45分 47  合計350  4位に下がる。

 20131128funcuberankig_2 受信ランキングに自局名あり。

 どうも、衛星が来るときはまったくデコードできない。原因は、ドップラー補正が足りないためだろうか。去るときは、衛星の位置さえ確認して補正すれば大丈夫なのだが。次回はもうちょっとアップしてみる。

しかし、ここでトラブルが発生する。

Calsat32の軌道データ更新を行ったら、なんと貴重な軌道データの大半がなくなっていた。軌道要素の更新・追加で間違った操作をしていたようだ。バックアップもとっていなかったので、受信の対応が遅れることとなる。これからは、衛星をピックアップして、その都度軌道データを入れ、充実していくことにする。とりあえず、新規に取得したデータをアルファベット順にして、受信する衛星を書き込んでいった。

受信する衛星

  FUNcube-1  Kysat-2 Delfiー3nXT Pico-Dragonとする。しかし、Kysat-2の軌道データがどうしても見つからない、この衛星を運用しているサイトが開かない。

Pico-Dragon

 CW-Decorderのインストール  → 受信(Audacityで録音し、ファイル保存)
 CW-Decorderのfileで入力(インポート) → 解読

残念ながら、シグナルを見つけ出せず。sunlight時に出力しているという情報があるので改めて、挑戦する。

Delfi-3nXT

最初に、Delfi-3nXTのサイトへ。レジスターから入り登録する。 
するとメールが送られてくる。メールに書かれている確認サイトに行き、ユーザーネームとパスワードを入力すると、登録完了。
それから、最初の当該のサイトに入り、デコーダソフトをダウンロード。

しかし、ダウンロードしてもすぐには使えない。JAVAがインストールされていないと動かないのでその作業をする。
また、フォルダ直下のJAR拡張子のファイルをクリックしていくとやっと、ログイン画面が出てくる。
ログインすると、そのやっとデコード画面が出てきた。
問題はさらにあり、受信専門の(英語(英国))設定のPCでは、一部日本語表示ができない。よってこのソフトは、面倒でも受信機からのAudio出力を切り替えて行うことが安心かもしれない。

« スマホなどのデータ通信への対応 | トップページ | 衛星受信 »

アマチュア無線・BCL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218775/58691372

この記事へのトラックバック一覧です: 衛星受信 トラブル発生:

« スマホなどのデータ通信への対応 | トップページ | 衛星受信 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30