« 台風の襲来とアンテナ | トップページ | 無線機とPCの専用接続装置(AK-RPC2) その2(SSTV) »

2013年9月18日 (水)

無線機とPCの専用接続装置(AK-RPC2)

書き残すほどのテーマではないが、結構手間がかかりそうなのでここに記録する。

ADONISのRADIO/PC INTERFACEである。現在は生産されていないようだが、在庫のある通信販売で購入した。

1 説明書 FDのPDF
  FDとは今時珍しいが、ネット上で入手可能なので問題ない。

2 電源  12V±2V
 プラグは特殊であったが、タスコのTNCの電源プラグと同様であった。トランシーバの電源を使用。

3 接続のリグ IC-9100
 今後の状況でFT847へ変更する。

4 マイク  MIC IN   内部の配線をアイコム仕様に差し替える。
        MIC OUT 同時購入の接続コード(アイコム用)を使用するので、作業なし。

20130917pcrigif  
 アイコムのMICに合うようにPINを差し替えた。


5 リグの送受信制御
 PC ←(RS-232Cストレートケーブル)→ 本機 ←(MICコネクター)→ IC9100
  SSTVなどのソフトで、SOUND出力側への切り替えと、データ送信の動作。
  データ送信中、マイクのPTTスイッチが押されると、マイクが優先される。

6 その他の接続
 受信信号 IC9100(ACCソケット12P) → PCのLINE IN  
   コネクタ(IC9100付属のACC用ケーブル付きソケットに3.5φプラグ付きコードをつなぐ)
   ※受信信号のAFゲインつまみに関係なく処理できる。   

 送信信号 PCのLINE OUT  → 本機(SOUND IN)
   コネクタ(3.5φのステレオコード) 

17日まで行った。18日は、SSTVかWSJTで受信を試す予定。

« 台風の襲来とアンテナ | トップページ | 無線機とPCの専用接続装置(AK-RPC2) その2(SSTV) »

アマチュア無線・BCL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218775/58691425

この記事へのトラックバック一覧です: 無線機とPCの専用接続装置(AK-RPC2):

« 台風の襲来とアンテナ | トップページ | 無線機とPCの専用接続装置(AK-RPC2) その2(SSTV) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31