« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月13日 (木)

新PICNICのファームウェアのバージョンアップ

再スタートの過程を記録していきます。

アマチュア衛星通信の送受信にあたり、アンテナの自動コントロールのための再整備を行う必要があります。

当初は、数ヶ月前に購入したFoxdelta社のST2(USB)を使う予定でしたが、2年以上前に入手した新PICNICと、ローターのコントロールボックスをつなぐコントローラを昨年のハムフェスティバルで購入しましたので、それを試してからでも遅くないと思ったので、予定変更です。

まず、最初に新PICNICのファームウェアのバージョンアップを行います。
2011年3月とずいぶん前に組み立てたので、きちんと動くか覚えていません。

1 最初に、ファームウェアのバージョンを調べました。「Ver1.10」でした。



2 次に、ランケーブルをつなぎ、リモートI/Oモードの確認をしました。

130613picnic1_2


※これはすでにファームウェアのバージョンアップを行ったものの、パソコンからPICNICにアクセスしたものです。

3 その後、マニュアルに従って、ファームウェアの書き換えを行いました。
「Microchip HID Bootloader」のプログラムのダウンロード、インストールと1.37のファームウェアのHexファイルのダウンロードを行いました。
当初、Hexファイルのダウンロードの手順を間違え、ファイルの認識ができませんでしたが、よく見たらファイルの保存方法がまちがっていました。その後、基板のSW1を押してSW2を押し、書き込みモードにしてから、プログラムを起ち上げ、ファイルを指定して書き込みます。無事に書き換えができました。

130614picnic3

4 pingコマンドでの接続確認もOKでした。

2013年6月 9日 (日)

かつての職場の先輩とのアイボール

かつて同じ職場にいて、先に退職した方が自分に会いたいという連絡がありました。
その方は、若いときアクティブにハムをされていたとのことでした。別れるにあたり、当方の余剰のリグ(入れ替え)を提供しました。
若干の時を経て、局免許の申請を行い(かつてのコールサインとのこと)、開局したとのことです。
アイボールは、提供のお礼ということでした。私としては、何を提供したのかもすっかり忘れていたのですが、とてもうれしいことでした。
提供したリグは、IC-820D(2mと430)のリグです。その方は、カードを集めたりするよりも、やはりHFの方がいいようです。非常に好奇心のある方ですので、日本全国や外国とのつながりがいいように思います。
これから、おつきあいが少なくなり、社会が狭くなります。こういうつながりを大事にしたいと思います。

2013年6月 4日 (火)

アマチュア衛星通信の最近の状況について調べる

このところ、趣味のアマチュア無線から遠ざかっています。暇になったのだから少しは進むだろうと思っていましたが、なかなかその方向に目が向きません。

今日は久々に、アマチュア衛星通信を専門にしている先輩のブログをしっかり眺め、必要な情報をメモにコピーしました。
どんな衛星が使えるのかこれからの衛星の打ち上げの計画などあらかたがわかりました。

<使える衛星>
CubeBug-1   EstCube-1  M-Cubed  ISS  AENEA  CO65  GO-32
XI-V  MASAT-1  SOMP  FO-29  VO-52  SO-50  等々
他にも多数ありそう。

<これからの主な手順>

1 トランシーバの整備
 アンテナの結線  PCとの結線
2 PCのソフトウェアの確認 ※PICNIC使用を一時中止
 アンテナ関係  新しい追尾ソフトのインストールと使用法の調査・設定
 デコード関係  RS衛星のような強力な信号を発する衛星から始める。
3 その他 多数

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30