2018年2月15日 (木)

日本語動作ソフト  Foxtelem v106

Photo_2

日本語動作ソフトのW10英語モードでの動作可能化

今日は先輩各局が設定されている、日本語使用のソフトをWindowa10の英語モード上で使えるように作業をした。

JE9PELさん、JA0CAWさんンのブログを見て、Locale Emulator のダウンロード、インストールを行った。
LEのインストールといってもほとんどインストールらしい作業でないのが気になったが、日本語動作ソフトの右クリック、プロファイルで実行で使えるようになった。ただ、ソフトを起動させるごとに行わなくてはならずちょと扱いにくい。起動アイコンをタスクバーにおいたら、プロファイルで実行のメニューは出ないので、スタートメニューにおいている。
自分の使っている対応ソフトは、「Jtrim」、「Winshot」である。ワード2016などOffiseソフトは不要だった。
その後、Jtrimでは、ファイル名がうまく表示できず感じになってしまう。ペイントが結局使いやすいようだ。
 
Foxtelem v106のインストールと動作確認
セッティングを行い、FuncubePro+での受信を行ったが(AO-92、21:20J)、どうもデコードしない。
Foxtelem_inst3_2
どこか問題がありそう。
 

2018年2月14日 (水)

nSIGHT-1 PCSAT(NO-44)  Shaonian-Xing

nSIGHT-1   435.900  9k6 GMSK    42726   ON2AZ
11:42J 
1802140242u_nsight
Online telemetryFowarderまで届かない。
 
PCSAT(NO-44)     145.827 U/D 1200bps AFSK
13:25J
1802150425u_pcsat1
1802150425u_pcsat2
 
Shaonian-Xing     43199   436.370     9600bps BPSK     MXSAT-1
1413J  not decoded
1802140513u_shaonianxing
 


2018年2月13日 (火)

新PCによる受信体制

久々の記録となる。

 
衛星受信などの趣味をやらなかったわけではないが、記録するほどのことはしていないので、書かなかった。
 
昨日、新しく衛星用として位置付けたデスクトップ(従来の手持ち品)をW10にアップグレードした。
今日は、W7風にするためのユーティリティをインストールしてから、以下の作業を行う。
 
1 Officeソフトのインストール、
2 前のPCのマイドキュメントを新PCにコピー
3 FCBの認識の確認
4 SDR#の動作確認
5 Orbitronの動作とSDR#との連携確認
6 Audacity のインストール
 
ここまでは順調だったが、AGWOnlineKissの動作確認で、OCXファイルの登録を求められ、DK3WNさんがまとめて提供されているOCXファイルを登録した。
 
ところが、MSCOMCTL.OCXが新たに求められる。このファイルのあり場所は分かったが、dos窓(管理者)で登録しても、エラーが出て、これ以上進まない。
明日はそれ以外を 

2018年1月26日 (金)

PICSAT 

PICSAT  435.525  1200bps BPSK
09:46J heard  report
1801260046u_picsat_hx
110Frames を受信し、レポートしようとサイトをアクセスしたが、つながらない。この衛星局、こういうことが多い。何か次の段階にしようとしているのだろうか。いずれ、トランスポンダーを機能させてPhoneで通信できるように計画しているらしいが。

2018年1月24日 (水)

PICSAT

PICSAT  435.525  1200bps BPSK
10:26J heard  1frame report
複数のパケットを送る方法がやっとわかった。ちゃんと衛星局のサイトに書いてあった。ログイン名を押すと出てくる「Upload your data」でファイル指定をすればよかったようだ。
Upload
 

PICSAT

数日前、体調は正常に戻りました。元に戻るにつれ、やる気も出てきました。
 
180123oyuki1 180123oyuki2
30cm以上は積もったと思われます。さらさらした軽い雪でした。
孫は大喜び。庭で雪かきをしていました。

昨日は天気予報通りの大雪、大変でした。孫を1日預かり、夕方は母子ともに車で家に送りました。ちょっと大変でしたが、無事に送り届けました。

今朝は除雪作業、1時間ばかりいい運動をしました。
 
PICSAT  435.525  1200bps BPSK
09:12J heard
1801182355u_picsat_sm   
 
1801182355u_picsat_ol
 
1801230012u_picsat_hex
 
PICSAT website  へレポート。
 
 
1801230012u_picsat_rpt3
この後、自分あてのメールが届く。
 
このPICSATのレポート方法、ずっとわからず、先輩局のブログ記述をもとにやってみた。
1回のパスでたくさんのデータが流れるが一気にやれる方法はないのだろうか。今後いろいろやってみることにする。

2018年1月19日 (金)

PICSAT

残念ながら体調は完全ではないが、できる範囲で受信などやりたい。
 
FalconSat3jは中途半端に終わっている。
 
今日はPICSATを受信してみた。
 
先輩各局のブログ画面を見ながらやってみた。
 
PICSAT  435.525  1200bps BPSK
08:55J heard  以下は録音をしたものを使ってデコード。
1801182355u_picsat_sm
 
1801182355u_picsat_ol
このデータを、PICSATの衛星局のサイトで貼り付ければよいはずだが。
テキストファイルとHexファイルができているが、貼り付ける方法がまだわからない。
衛星局に登録した。

2018年1月16日 (火)

AO-92(Fox-1D)

この1週間近く風邪気味で(お医者さんの診立ては肺炎らしい)ややの高熱や倦怠感があり、大変でした。調子がわるいのに伊豆などに行くものだから罰が当たったのでしょうか。昨日くらいから徐々に動き始めました。でもちょっと動くと体力が落ちているのがわかります。
毎日Twitterを見ていますが、AmsatからAO-92でハイスピードのデータを流すという知らせがありました。その後JA0CAWさんの情報で、9時台とのことで、大急ぎで準備しました。
Foxtelemもうまく設定ができず、Fox-1Dのtruckingの表示ができない。Tleのデータは自動で読み込んでくれると思っていたが、どうもうまくいかないので、そのまま「Find Signal」にチェックを入れて、信号が来たら、マウスで導いてあげるようにしました。
その結果、ハイスピードの送信はなかったもようで、DUVを6つ受信でき、サーバーに送り込むことができました。AO-92、初の受信です。
AO-92(Fox-1D)   DUV 145.880   FMTrapon UP 435.350 DOWN 145.880 FM CTCSS 67.0Hz
0955J   heard
1801160055u_ao92dstp_2
 
1801160055u_ao92telelb1
 
1801160055u_ao92telelb2
 

2018年1月 6日 (土)

FalconSat-3 wispの設定 その3

遅ればせながら、

 明けましておめでとうございます。
年末年始といつもと同じように過ごしましたが、いくつかのおめでたいことがあり、うれしいスタートになりました。
本ブログは不定期の記録になりそうですが、無理をしないでのんびりいきます。よろしくお願いします。
このところ、FalconSat3のBBSアクセスにかかりきりですが、成果はありません。先輩各局に質問をし返信をいただきましたが、それに応えられていないのが残念です。
うまくいけばよいけど、だめでもそれなりに楽しみ知ることもあるので、苦にはなっていません。
現状 本日1pasにて
 
1 IC-9100 satellite mode 送受信ともデータモード(D表示) 
 
2 送信周波数 145.840MHz 
  Calsat32 ドップラー補正>送信固定に設定しても動きますので、手動で直します。
 
3 送信は無線機の許可出力目一杯(50W)
 
4 インターフェースJA0CAWさん、JE0PELさんが紹介されたものを使っています。
 
5 結果
・USB外付けサウンドボックスのスピーカーの出力(バーグラフ)の確認
・PTTによる145MHzの送信確認
・HS-Soundmodem のテキストウインドウでのアクセス確認 赤字で 
1:Fm JO1PTD To PFS3-12 <SABM C P> [10:05:40T]
1:Fm JO1PTD To PFS3-11 <UI C Pid=BB Len=7> [10:05:44T]
これだけで、前に進まず。
 
FALCONSAT 3    436.103 down 145.840 up  9k6 GMSK
11:37J   heard   FT-847
結線は変わらないので無線機をFT-847に変更したが、結果は変わらず。
Calsatが頻繁にフリーズ状態になり(3つのwindowの右上が赤で✖を表示)、しばらくするともどるが使い物にならない状態だった。ただ受信ができているときは、送信をしている。しかし、衛星は受けつけない。おまけに不法無線も出没。
 
Img_20180106_114608 ちょっとホコリがひどい。
 
13:16J  heard
アンテナの制御がうまくいかず、前回と同じ結果。信号が受信できているとき、発信はするが帰りがないです。
 
14:57J heard
アンテナ制御がうまくいかないので、IC-9100に戻しました。Calsatは正常だが、やはり同じ症状。今回は赤いランプがつかず、送信ができていなかった。あちこちスピーカーのボリュームをいじったためか、原因不明。IC-9100は適正な電圧でないと送信がストップするとの説明書にありますが。
なんだが、435.120を固定にして頻繁に不法無線が出ています。FalcobSat3の信号は強いがそれを打ち消す勢いのローカルモービルのようです。
ここで、いったん所属クラブのことをやります。止めたわけではありませんが。

2017年12月30日 (土)

FalconSat-3 wispの設定

FALCONSAT 3    436.103 down 145.840 up  9k6 GMSK
12:55J   heard
FalconSat-3 にアクセスしたが、Satellite mode にせず、送信できなかった。
問題は435Mhzで送信した可能性があるということ。
 
13:58J  heard
今度は送信できない。受信はFCDPRO+であるが、送信はIC-9100
送信動作を、HS-SMでは行っているが、145MHzで送信しない。理由は不明。
送信はIC-9100だが、前回は衛星モードにせず、たぶん145MHz帯で送信したに違いない。次回は、IC-9100のみを使って送信してみよう。
さきほど、部品の代替品を使っていたが、取り替えて再度挑戦する。
1712300456u__wisp
Devicemng
17:15J
アップリンクの周波数は赤いランプが一瞬点くので、送信はしているらしい。以前、わがコールサインが出ないので、問題あり。CQの手続きをしていないことも考えられるので、もう少し調べてみよう。
現在の送受信の手続き
受信  IC-9100 (当初 FCDPro+) 
  HS-Soundmodem   input device  ライン入力 4 USB Multi=Channel Audio Device
送信  IC-9100
  HS-Soundmodem   output device スピーカー Realtek High Definition Audio 
別に、RS232C-USBによるPTT制御。
 
1 HS-Soundmodemの起動
 Device  Settings
  Hssm_deiceset
 Modemsetthings
  Hssm_modemset
2 HW-vsp3の起動
 Hwvsp3_setting_2
 
3 Device manager の確認
 Devicemng_2
 
4 DSC.EXE の起動
 Satellite Setup → FalconSat-3 → Propaty
 Dsc__satel_falc_pro1
 Dsc__satel_falc_pro2
 Dsc__satel_falc_pro3
5 GSC.EXE → Tracking → Run Pass
5分ほど前に準備完了
待つ。
Notification の小Windowsが開く。
MSPE[FalconSat-3]が開く。  
 
6 HS-SMの画面に、テキストが流れ、その中にJO1PTDが「PFS3-11にトライしているのが赤字で表示。IC-9100の145MHz帯の送信が赤ランプで示される。
Calsat32は送信固定だが、周波数は、145.840を中心して+-1KHzで手動で設定。
なお、9k6のGMSKのため、145MHz帯もIC-9100独特のD表示をさせる(FMボタンを長押し)
 
7 MSPEにも表示される。
8 デョレクトリ表示
Viewdir
 
20:35J
1712291255u_falconsat3
送信しないときは再起動してからやるとうまくいく。

«ITF-2 FALCONSAT 3

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28